インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展

印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展

■やさしくなれます。
【会期終了】 ルノワールやモネ、シャガールなど質の高いコレクションをもつ吉野石膏。優しく親しみやすい印象派前後の作品を一挙にみられる初めての本格的な展覧会が三菱一号館美術館で開催中です。
吉野石膏株式会社は、建築質材を中心とした石膏製品の製造・販売を行うメーカー。この分野でのシェアは国内一の誇ります。

同社の先代社長である須藤永一郎氏の代から、印象派を中心とする西洋絵画の収集をはじめました。本展では、印象派、そしてそれに続くフォーヴィスムやキュビスム、エコール・ド・パリなどの72作品を、時代順に鑑賞することができます。

19世紀半ば以前のフランスでは、歴史上の王侯貴族や聖職者を主人公とした絵画が描かれていました。画家は、美術アカデミーが審査を行う「サロン」に出展し、そこでの評価によって地位が確立されました。

しかし、19世紀後半になると、画家たちは室内から外へ目を向け、郊外で農民や風景を描くようになります。発表の場をサロン以外に求めて、展覧会を開いた若手芸術家が中心となり、誕生したのが「印象派」です。画家たちは、明るい色彩と素早い筆致で、それぞれ独自の表現を展開していきます。



クロード・モネの《ヴェルノンの教会の眺め》では、青とピンクを主調とした淡い色彩で、光を浴びる町並みやさざ波の立つ水面を絶妙なタッチで表現。一方、カミーユ・ピサロの《モンフーコーの冬の池、雪の効果》は、木の幹と枝が前景を占める大胆な構図で、浮世絵の影響を受けた様な作風です。

ピエール=オーギュスト・ルノワールは、人物と植物の色の対比を効果的に使い、暖かみのある柔らかな筆遣いが特徴。本展ポスターにもなっている《シュザンヌ・アダン譲の肖像》は、パステルで描かれ、他の油彩の6作品との質感の違いを楽しむこともできます。

印象派の表現に影響を受けた画家に、フィンセント・ファン・ゴッホがいます。それまでのファン・ゴッホは、暗い色彩で農民生活をテーマに制作していましたが、印象派の色調に触れ、鮮やかな絵具で太く短い線を画面に厚く描く、独自の様式を確立しました。

20世紀前半、印象派の表現を吸収した次世代の画家たちが、実験的に新たな挑戦をして生まれたのがフォーヴィスムやキュビスムです。ジョルジョ・ルオーやパブロ・ピカソもその一人です。

ロシア出身のワシリー・カンディンスキーは、画面に幾何学的な形態を配置し、それらが浮遊している様な絵画空間を展開します。鮮やかな色彩の円や線、矩形が画面いっぱいに配置された作風は、見るものに一目でカンディンスキーだと分かる特徴があります。

1920年代になると、「エコール・ド・パリ」と呼ばれる作家が登場します。画家たちは、パリでのモダン・アートの影響を強く受けながらも、独自の作風を確立。モーリス・ユトリロやマリー・ローランサン、マルク・シャガールは、それぞれ異なる作風ながらも、写実に回帰しているという共通点があります。

「印象派」から「フォーヴィスム」「キュビスム」「抽象絵画」、「エコール・ド・パリ」と順を追って、質の高い作品を鑑賞できる今回のコレクション展。作品を楽しむだけでなく、時代の流れを改めて感じられる機会になるのではないでしょうか。

[ 取材・撮影・文:坂入美彩子 / 2019年10月29日 ]

印象派の歴史 上印象派の歴史 上

ジョン・リウォルド (著), 三浦 篤 (翻訳), 坂上 桂子 (翻訳)

KADOKAWA
¥ 1,496

 
会場三菱一号館美術館
開催期間2019年10月30日(水)~2020年1月20日(月)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mimt.jp/ygc
展覧会詳細へ 印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社