インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

■ポップなイメージは、浮世絵の本質
【会期終了】 幕末に活躍した浮世絵師、歌川国芳(1797~1861)と歌川国貞(1786~1864)。初代歌川豊国に師事した同門のふたりは多くのヒット作を世に送り出し、江戸時代の人々を魅了しました。大衆文化である浮世絵を、現代のポップカルチャーになぞらえて紹介する企画展が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
現在では美術品として扱われる浮世絵ですが、もともとは大衆の中にあった文化。歌舞伎役者、花魁、歴史上のヒーロー、空想を交えたエンターテイメントなどをわずか「そば1杯」という安価で販売し、庶民に親しまれました。

会場に入るとイメージカラーは緑とピンク、横文字のルビがふられた章構成と、美術展としては異例のポップなイメージですが、実はこの世界観こそ浮世絵の本質。トレンドを読み、表現力を駆使して、消費者の欲求に応えていった両者の名品が紹介されています。


会場入口から

作品は充実した日本美術コレクションで知られる、ボストン美術館の所蔵品。同館は国芳・国貞の浮世絵も14,000枚以上所蔵しており、本展には厳選した名品が来日しました。美術館の規定で、一度貸し出されると5年間は公開できなくなる事も考えると、とても貴重な展覧会といえます。

色合いも含めて、かなり派手な作品が目につく本展。通常の浮世絵の展覧会は、サイズの関係もあってやや寂しく感じる事もありますが、今回は二枚続・三枚続などの大型作品が多い事もあり、会場全体がかなりの迫力です。


「一幕目」は、一から五まで

「ツートップ」として紹介されている国芳と国貞ですが、当時は歌川国貞が断トツの一番人気。豊国門下でも早々と頭角を現し、役者似顔絵が大ヒット。美人画でも人気を博して、歌川一門の大名跡「豊国」を継いでいます。

逆に国芳は、近年はとても人気を集めていますが、デビュー当時は不遇。水滸伝ブームに乗るかたちで30歳を過ぎた頃から武者絵が評判になり、徐々に頭角を現しました。

後年に両者は肩を並べ、「東海道五十三次」で知られる歌川広重とともに「豊国にかほ(似顔=人物画) 国芳むしや(武者) 広重めいしよ(名所)」と称されるようになっています。


「二幕目」は、一から八まで

会場は「一幕目」と「二幕目」に分かれ、それぞれ5つと8つの小さな章で構成。ここでは二幕目の六「今様江戸女子姿」(エドガールズ・コレクション)をご紹介しましょう。

役者と遊女を描いた浮世絵が禁令によって出版できなくなると、代わって登場したのが町家の娘を題材にした作品。小粋な持ち物やチャーミングな仕草の女性像は、現代なら「一流カメラマンによる読モ(読者モデル)のスナップ」といえるでしょうか。


二幕目の六 今様江戸女子姿

イメージソングはB'z松本孝弘の書き下ろし、公式サイトも凝っており、グッズも充実。会場(Bunkamura ザ・ミュージアム)が渋谷という事も含め、いかにも若い人に刺さりそうな展覧会ですが、春画展なども含めて浮世絵への関心が高まる中、こういったテイストで新たなファンを開拓する試みはとても嬉しく思います。

東京展は6月5日まで。続いて神戸、名古屋に巡回します(会場と会期の詳細はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年3月18日 ]

歌川国芳 (ちいさな美術館シリーズ)歌川国芳 (ちいさな美術館シリーズ)

歌川 国芳 (著), 悳 俊彦 (監修)

青幻舎
¥ 1,296

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■俺たちの国芳 わたしの国貞 に関するツイート


 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2016年3月19日(土)~6月5日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.ntv.co.jp/kunikuni/
展覧会詳細へ ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社