インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  月岡芳年 血と妖艶

月岡芳年 血と妖艶

■時代が求めた「血みどろ絵」
【開催時期延期】幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、月岡芳年(1839〜92)。メリハリのある線描、一瞬の動きを切り取った構図は、多くのファンを魅了し続けています。今回は、3つの妖しいキーワードを設定。あらためてその魅力を掘り下げる展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
生前から高い人気がありましたが、近年さらに盛り上がりをみせている芳年。太田記念美術館でも、2017年に「月岡芳年 妖怪百物語」と「月岡芳年 月百姿」を2カ月続きで開催。芳年ファンを喜ばせました。

今回は3つのテーマで、芳年の妖しさに焦点をあてました。

第1章「妖艶」。芳年の美人画は、点数こそ武者絵や歴史画に及ばないものの、歌川派の系譜に則った、浮世絵らしい作品です。

数多く展示されている「風俗三十二相」は、晩年を代表する揃い物。「ひんがよささう」「かゆさう」など「~さう」(~そう)という題名で、女性の仕草を描いています。

芳年の美人画は、目鼻立ちだけでなく、指先や目元など細かな表現に注目。単なる肖像画ではなく、女性の内なる感情が漂ってきます。



第2章は「闇」。月をテーマにした全100点揃物「月百姿」をはじめ、芳年の作品には夜を舞台にした作品も目立ちます。

パキッとした人物描写は、芳年ならでは。背景を濃い色で描いた夜の作品は、自ずと手前の人物像が映えるので、より芳年らしさが強調されます。

「和漢百物語」「新形三十六怪撰」は、妖怪を描いた作品。スポットライトのような行灯の光、障子に写ったシルエットとの戦いなど、ここでも芳年らしい構成力が見られます。

なお、人気が高い「奥州安達がはらひとつ家の図」は、後期の展示です。

地下に進んで、第3章は「血」。血が飛び散る凄惨な作品は、芳年の象徴ともいえます。

芳年が得意とした武者絵や歴史画。ただ、このジャンルを得意にした浮世絵師は多く、芳年の師である歌川国芳も、武者絵は十八番でした。

芳年の作品が際立って見えるのは、その残酷な表現です。背後から斬り付ける、喉に刀を突き立てるなど、まさになんでもござれ。阿鼻叫喚の地獄絵が、これでもかと描かれています。

ただ、その特異性は、必ずしも芳年の個人的な嗜好というわけではありません。幕末から明治の開国に至る激動の時代が、より激しい表現を求め、その期待に応えたのが芳年、という捉え方もできます。

いずれにしても芳年の作品は、同時代は元より、後年の江戸川乱歩や三島由紀夫らをも魅了しました。「血みどろ絵」「無惨絵」などと呼ばれ、熱狂的なファンを生む事になりました。

新型コロナウイルス感染症対策のため、今回の展覧会は畳のコーナーは未使用。手が触れる可能性が高い、2階の覗きケースも使っていません。当初は1階・2階での開催予定でしたが、地下も使う事で作品の間隔も開けるなど、美術館として取りうる対策はすべて実施したうえでの開催になりました。

時期が時期なので「多くの方に見て欲しい」と呼びかけられないのが実にもどかしいですが、いつものように編集部おすすめの展覧会としてご紹介いたします。

※前後期で全作品が展示替えされます。

※予告なく休館になる可能性もあるので、来館前に必ず公式サイトやハローダイヤルなどで開館状況をご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月31日 ]


 
会場太田記念美術館
開催期間2020年4月1日(水)~2020年5月27日(水)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 月岡芳年 血と妖艶 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社