IM
    レポート
    特別展「始皇帝と大兵馬俑」
    東京国立博物館 | 東京都
    偶然見つかった、陶製の大軍団
    約2200年前の紀元前221年に、中国全土を初めて統一した秦の始皇帝。巨大な陵墓近くに埋められた約8,000体に及ぶ陶製の兵士や馬が「兵馬俑」です。現在でも調査が続く兵馬俑について、最新の発掘成果も取り入れて紹介する展覧会が、東京国立博物館で開催中です。
    手前《跪射俑》秦始皇帝陵博物院
    手前《軍吏俑》秦始皇帝陵博物院
    左手前《雑技俑》秦始皇帝陵博物院
    左から《秦公鐘》宝鶏青銅器博物院 / 《南宮乎鐘》扶風県博物館
    左から《動物形容器》陝西省考古研究院 / 《盉》西安博物院
    左から《魚形陶鈴》咸陽博物館 / 《魚形陶鈴笵》咸陽博物館
    右上から時計まわりで《取水口》秦咸陽宮遺址博物館 / 《L字形水道管》秦咸陽宮遺址博物館 / 《水道管》秦咸陽宮遺址博物館
    第3章-1「小さな兵馬俑」
    手前《1号銅車馬(複製)》秦始皇帝陵博物院
    1974年、干ばつに見舞われていた中国・陝西省で、地元の農民がやむなく井戸を掘り始めたところ、そこには見たことが無い陶器の破片が。考古学では20世紀最大の発見とされる兵馬俑は、全くの偶然から発見されました。

    「兵馬俑」の名を含むタイトルの展覧会は今までに6回開催されていますが、意外な事に国立博物館では今回が初めて。まず第1章では、秦が巨大帝国になるまでの軌跡が紹介されます。

    秦より前の中国は、各地で諸侯が並び立っていた緩やかな体制でした。西方の小勢力だった秦は戦国時代に勢力を拡大し、始皇帝の曽祖父が中国の西半分を平定。嬴政(えいせい:統一前の始皇帝の名)が秦王に付くと、わずか9年で周辺諸国を制圧。ついに中国統一を成し遂げました。

    展示されている資料を見ると、秦は周辺国の文化を取り入れる柔軟さも持っていた事が分かります。


    第1章「秦王朝の軌跡 周辺の小国から巨大帝国へ」

    続いて、始皇帝の実像に迫る第2章。始皇帝は王を超えた存在として「皇帝」という称号を創出し、度量衡や文字を統一。全国に自らが任命した長官を配し、強力な中央集権体制を築きました。

    秦の都は、咸陽です。出土した魚形や円盤形の陶鈴は型を用いて作られてたもので、流行した玩具と考えられています。

    目を引くのは、巨大な水道管と取水口。大雨が降っても広場に水を溜めずに地下に排水させるもので、2200年前の高度な技術に驚かされます。


    第2章「始皇帝の実像 発掘された帝都と陵園」

    ホールを挟んで向かい側の展示室から、いよいよ本番。まずは1980年に発掘された青銅製の「銅車馬」2種の紹介からです(展示は複製品)。

    大きさは実際の半分程度ですが、御者の装束から馬車の小物まで、細かな部分も表現。発掘された場所は始皇帝陵墳丘のすぐそばだったため、始皇帝の霊魂をのせて旅に出るために副葬されたものとみられています。


    銅車馬

    お待たせしました、兵馬俑は会場の一番最後に登場します。指揮官と思われる「将軍俑」、鎧を身に着けた「軍吏俑」、軽装の「歩兵俑」、弓・弩を射るポーズをとる「立射俑」「跪射俑」など、バラエティ豊かな陣容です。

    一般に兵馬俑は「等身大」と表現される事が多いですが、その解釈はやや不正確。確かに顔つきには差異がみられますが、並んだ兵士の背丈はほぼ同一の事から、生産効率も考慮し規格化して作られた可能性が指摘されています。

    間近で見ると、まさに「凛々しい」という形容がぴったり。一方で(あたり前ですが)顔つきが東洋系なので、なんとなく親しみやすさも感じます。


    兵馬俑

    数千の兵に守られ、死後の世界でも支配者である事を夢見た始皇帝。その威容が体感できるよう、兵馬俑が並んで出土した「兵馬俑坑」もレプリカで再現されました。

    さらにその一角には、記念撮影コーナーも設置(東京国立博物館の企画展としては初の試みです)。公式サイトではインスタグラムを利用して投稿写真も募集しています。

    東京国立博物館での展示は2月21日(日)まで。九州国立博物館(3/15~6/12)、国立国際美術館(7/5~10/2)に巡回します。[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年10月26日 ]

    入門秦の始皇帝と兵馬俑入門秦の始皇帝と兵馬俑

    鶴間和幸 (著)

    洋泉社
    ¥ 1,296

    料金一般当日:1,600円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon


    ■始皇帝と大兵馬俑 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2015年10月27日(火)~2016年2月21日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~18:00
    ※総合文化展は17:00まで
    ※時期により変動あり
    いずれも入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日 (ただし、11月2日(月)、11月23日(月・祝)、1月11日(月・祝)は開館。11月4日(水)、11月24日(火)、1月12日(火)は休館)、年末年始(12月24日(木)~2016年1月1日(金・祝))
    住所
    東京都台東区上野公園13-9
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://heibayou.jp/
    料金
    一般 1,600円(1,400円/1,300円)/大学生 1,200円(1,000円/900円)、高校生 900円(700円/600円)
    中学生以下無料
    *( )内は前売り/20名以上の団体料金
    *障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
    展覧会詳細 特別展「始皇帝と大兵馬俑」 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    愛知県埋蔵文化財センター任期付職員の募集 [愛知県埋蔵文化財センター ※注 発掘調査現場での詰所が勤務場所となる場合があります。]
    愛知県
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 運営マネージャー 募集! [呉市宝町5-32(海上自衛隊呉史料館)]
    広島県
    大阪府立博物館(近つ飛鳥博物館・弥生文化博物館)の 学芸員募集 [大阪府立近つ飛鳥博物館 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと34日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと34日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと6日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)