インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月30日)
北斎と暁斎 ─ 奇想の漫画
直接の関係は希薄と思われていた二人の作品を、漫画に着目して比較しました
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月26日)
「暮らしと美術と髙島屋」展
万博出展をきっかけに美術家と親密な関係を築いた髙島屋。巨匠の作品が並びます
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月26日)
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
ミラノのアンブロジアーナ図書館・絵画館から、ダビンチ唯一の男性肖像画が初来日。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月25日)
《特別展 平成の大遷宮》 出雲大社展
60年ぶりとなる「平成の御遷宮」が行われている出雲大社。隣接する島根県立古代出雲歴史博物館で特別展が開催中です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月24日)
SNOOPY™ JAPANESQUE  スヌーピー×日本の匠 展
友禅染に輪島塗、木彫や和紙も…素材は違ってもかわいさは変わらず。スヌーピー好き必見です。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月23日)
仏像半島 ― 房総の美しき仏たち ―
「関東の白鳳仏」も必見ですが、あまりにも霊力が強いために面を付けられた「覆面観音」も要チェック。顔出しパネルもあります
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月22日)
河鍋暁斎の能・狂言画
能や狂言を自ら演じるなど、武家の教養をきちんと身につけていた河鍋暁斎。「奇想の画家」だけではない、知られざる素顔
「大学ミュージアム」を更新しました
(掲載日時:2013年04月22日)
インターメディアテク
東京大学と日本郵便が連携し、東京駅丸の内口に誕生した新しい文化施設。130余年の知の集積を公開
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月15日)
幸之助と伝統工芸
「経営の神様」松下幸之助が日本の伝統文化に理解を示し、支援活動を行っていたことはあまり知られていません
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月14日)
牧野邦夫 ― 写実の精髄
時代に流されることなく、愚直に自らの写実を追い求めた洋画家は、みっちり、濃密。再発掘された鬼才に驚嘆。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月13日)
「魔性の女」挿絵(イラストレーション)展
官能的な魅力で男を支配し、ついに破滅させる「魔性の女」。危険と知りながら、はまってしまうその魅力。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月11日)
国宝 大神社展
神々を祀る神社から、神社の宝物や日本の神々に関する文化財を総合的に紹介。ずらりそろった神像は、見ごたえ◎
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月11日)
百花繚乱 ─花言葉・花図鑑─
花見がてきなかったあなたも、ここに来れば大丈夫。江戸絵画から平成の作品まで、約60点は花満開です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月10日)
江戸人展
大江戸の人の骨で、胸郭の異常は何のため? 五割の人がかかっていたといわれる病気は? 答えはレポートで
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月08日)
デザインあ展
見て、触って、作る。大人も子供も楽しめる話題の展覧会。カメラを持って、美術館に遊びに行きませんか?
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月05日)
FENDI -UN ART AUTRE
イタリア・ローマ発祥のラグジュアリーブランド、フェンディ。すべてが手仕事のファーコレクションを見られる貴重な機会。
「こどもとミュージアム」を更新しました
(掲載日時:2013年04月05日)
静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る
仕事を探す、働く、お給料をもらう、お金を使う。楽しみながら経済の仕組みを体感できる「まち」の主役はこどもたち
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2013年04月01日)
カリフォルニア・デザイン 1930-1965
ミッド・センチュリーの「カリフォルニア・モダン」を実体験する展覧会。会場には座れる名作チェアも。
ぐるっとパス2013、4/1発売開始です
(掲載日時:2013年04月01日)
東京・ミュージアム ぐるっとパス2013 ガイドページ
都内の美術館・博物館や動物園・水族園・植物園などの入場券または割引券がつづられた便利でお得なチケットブック。今年は77館でご利用いただけます。

2013年4月は計 19 件のニュース記事があります
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社