インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート
取材レポート画像一覧

白髪一雄

■衝撃の「フット・ペインティング」

関西の若い美術家たちが1954年に結成した前衛美術グループ、具体美術協会。個性的なアーティストの中で、ひときわ輝きを放ったのが白髪一雄(1924-2008)です。東京では初めてとなる待望の大規模展が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催中です。
取材レポートを見る
会場東京オペラシティ アートギャラリー
開催期間2020年1月11日(土)~3月22日(日)
所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.operacity.jp/ag/exh229/
展覧会詳細へ 白髪一雄 詳細情報

所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い

■東京ではラストです

東京・竹橋の東京国立近代美術館工芸館。1977年の開館以来、40年以上にわたってこの地で工芸の魅力を発信し続けてきましたが、ついに見納めとなります。東京では最後の展覧会には、20のテーマで工芸館の名品197点が並びます。
取材レポートを見る
会場東京国立近代美術館工芸館
開催期間2019年12月20日(金)~2020年3月8日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園1-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.momat.go.jp/cg/
展覧会詳細へ 所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い 詳細情報

DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに

■11名のアーティストが「明日」を見据える

【会期終了】 文化庁が、芸術家の育成のため、海外で行う研修の支援している「新進芸術家海外研修制度」。その成果発表の場として開催されているグループ展「DOMANI・明日展」が、国立新美術館国立新美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立新美術館
開催期間2020年1月11日(土)~2月16日(日)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://domani-ten.com/
展覧会詳細へ DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに 詳細情報

㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画

■極秘資料を大公開!

「良いデザイン」を社会に広めることを目的に有志のデザイナーたちが集い、非営利の団体として活動を続けている日本デザインコミッティー。ジャンルを超えたメンバー26名全員のスケッチや模型など「㊙中の㊙」といえる資料を大公開する太っ腹な展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTで開催中です。
取材レポートを見る
会場21_21 DESIGN SIGHT
開催期間2019年11月22日(金)~2020年3月8日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
TEL : 03-3475-2121
HP : http://www.2121designsight.jp
展覧会詳細へ ㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画 詳細情報

ハマスホイとデンマーク絵画

■“ヒュゲ”を愛するデンマークの美

19世期末デンマークを代表する画家、ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。美術の流行に与せず、独自の道を追及したストイックな作品は、再び注目を集めています。12年ぶりとなる大規模なハマスホイ展が、東京都美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都美術館
開催期間2020年1月21日(火)~3月26日(木)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://artexhibition.jp/denmark2020/
展覧会詳細へ ハマスホイとデンマーク絵画 詳細情報

もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世

■知られざる系譜

浮世絵界最大の派閥・歌川派。歌川豊春から始まり、豊国→国芳→芳年へ。この後は水野年方→鏑木清方→伊東深水という系譜が知られますが、別の流れもありました。年英? 英朋? 朋世?? 忘却されつつある「もうひとつの歌川派」に迫る展覧会が、弥生美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場弥生美術館
開催期間2020年1月7日(火)~3月29日(日)
所在地 東京都文京区弥生2-4-3
TEL : 03-3812-0012
HP : http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/index.html
展覧会詳細へ もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世 詳細情報

日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」

■「幽」と「顕」の世界

日本最古の正史、日本書紀が編纂された養老4年(720)から、今年でちょうど1300年。冒頭に記された「国譲り神話」で、出雲は神々の世界「幽」、大和は現実の世界「顕」とされています。古代日本の成立やその特質に迫る展覧会が東京国立博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館
開催期間2020年1月15日(水)~3月8日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://izumo-yamato2020.jp/
展覧会詳細へ 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 詳細情報

青木野枝 霧と鉄と山と

■東京では20年ぶりの大規模展

鉄や石膏といった固く重い素材で、展示室いっぱいに広がる大規模な彫刻。言葉で書くと重厚な印象ですが、とても軽やかに感じられるのが彫刻家・青木野枝(1958-)さんの作品です。東京では20年ぶりとなる展覧会が、府中市美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場府中市美術館
開催期間2019年12月14日(土)~2020年3月1日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html
展覧会詳細へ 青木野枝 霧と鉄と山と 詳細情報

DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード―

■考古も優品があるんです

岡田美術館で土器の展覧会? 行ったことがある方は、やや意外に感じるかもしれません。美しい美術品で知られる岡田美術館ですが、実は考古遺品の優品も数多く揃っています。土器や土偶などの表現から、古代の人たちの思いに迫る展覧会が開催中です。
取材レポートを見る
会場岡田美術館
開催期間2019年10月5日(土)~2020年3月29日(日)
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
TEL : 0460-87-3931
HP : https://www.okada-museum.com/
展覧会詳細へ DOKI土器!土偶に青銅器展 ―はにわもいっしょに古代のパレード― 詳細情報

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

■100年つづくブランドへ

【会期終了】 デザイナー・皆川明が設立したブランド、「ミナ ペルホネン」。「つづく」をテーマに、ブランドの世界観を紹介した展覧会が東京都現代美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都現代美術館
開催期間2019年11月16日(土)~2020年2月16日(日)
所在地 東京都江東区三好4-1-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mina-tsuzuku.jp/
展覧会詳細へ ミナ ペルホネン/皆川明 つづく 詳細情報

ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年

■美しき「ハンガリーのモナ・リザ」

日本とハンガリー(当時はオーストリア=ハンガリーニ重帝国)が外交関係を樹立してから、今年でちょうど150年。ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーから、四半世紀ぶりに名品が来日しました。
取材レポートを見る
会場国立新美術館
開催期間2019年12月4日(水)~2020年3月16日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://budapest.exhn.jp
展覧会詳細へ ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年 詳細情報

天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展

■明治神宮の新たなシンボル

明治天皇と昭憲皇太后の御神霊をまつるため、1920年(大正9)に創建された明治神宮。明治神宮鎮座百年祭を前に、新たな展示施設「明治神宮ミュージアム」が誕生しました。真新しいミュージアムで、明治天皇・昭憲皇太后ゆかりの品々が紹介されています。
取材レポートを見る
会場明治神宮ミュージアム
開催期間2019年10月26日(土)~2020年3月29日(日)
所在地 東京都渋谷区代々木神園町1-1
TEL : 03-3379-5875
HP : http://www.meijijingu.or.jp
展覧会詳細へ 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 詳細情報

特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて

■43体のミイラが集結

【会期は2/24まで】 乾燥し、生前の姿が残っているミイラ。以前は好奇の対象でしたが、20世紀に入ると学術的な調査が行われるようになりました。世界各地からミイラを集め、文化的な背景や死生観を探る会が、国立科学博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立科学博物館
開催期間2019年11月2日(土)~2020年2月24日(月)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tbs.co.jp/miira2019/
展覧会詳細へ 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 詳細情報

開館40周年記念 太田記念美術館所蔵 肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為

■選りすぐりの肉筆画

【会期終了】 都内でも数少ない浮世絵専門美術館として知られる太田記念美術館。1980年の開館から、ちょうど40周年を迎えました。記念の展覧会では、館蔵品から選りすぐりの肉筆浮世絵を紹介。葛飾北斎の娘・応為の名品も、約2年ぶりに公開されています。
取材レポートを見る
会場太田記念美術館
開催期間2020年1月11日(土)~2月9日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 開館40周年記念 太田記念美術館所蔵 肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為 詳細情報

〈対〉で見る絵画

■実は25年ぶり

【会期終了】 「対幅(ついふく)」は、一対になっている書画の掛け軸。「一双(いっそう)の屏風」といえば、右隻と左隻でペアになっている屏風。東洋の絵画には〈対〉で成り立つ作品がしばしば見られます。〈対〉をテーマにした展覧会が、根津美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場根津美術館
開催期間2020年1月9日(木)~2月11日(火・祝)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 〈対〉で見る絵画 詳細情報

国宝 雪松図と明治天皇への献茶

■六畳の囲い屏風になりました

【会期終了】 明治20年(1887)2月1日、京都御所の博覧会場で開催された第16回京都博覧会「新古美術会」に、明治天皇と昭憲皇太后が行幸。三井家が明治天皇へ献茶を行いました。円山応挙筆の国宝《雪松図》をはじめ、茶会で使われた品々を紹介する展覧会が、三井記念美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場三井記念美術館
開催期間2019年12月14日(土)~2020年1月30日(木)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp
展覧会詳細へ 国宝 雪松図と明治天皇への献茶 詳細情報

パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展

■アール・ヌーヴォーのミューズ

【会期終了】 アルフォンス・ミュシャやルネ・ラリックの才能を見出した、サラ・ベルナール(1844-1923)。女優、プロデューサー、アーティストとして活躍したサラの功績を紹介した展覧会が、渋谷区立松濤美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2019年12月7日(土)~2020年1月31日(金)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : https://shoto-museum.jp
展覧会詳細へ パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展 詳細情報

坂田一男 捲土重来

■知られざる「最先端の前衛」

【会期終了】 1920年代にパリで活躍した前衛画家、坂田一男(1889-1956)。最先端の芸術を理解し、本場で精力的に活動するも、日本では中央画壇と距離を置いていた事もあり、知名度は高いとは言えませんでした。知られざる坂田一男の全容に迫る展覧会が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
取材レポートを見る
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2019年12月7日(土)~2020年1月26日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
展覧会詳細へ 坂田一男 捲土重来 詳細情報

箱根ナイトミュージアム

■昼も夜もファンタジック

【会期終了】 イルミネーションが美しいこの時期、彫刻の森美術館では恒例の「箱根ナイトミュージアム」が開催中です。今年はエリアも拡大、提灯を持って夜の彫刻庭園をまわります
取材レポートを見る
会場彫刻の森美術館
開催期間2019年11月29日(金)~2020年1月5日(日)
所在地 神奈川県箱根町二ノ平1121
TEL : 0460-82-1161
HP : http://www.hakone-oam.or.jp
展覧会詳細へ 箱根ナイトミュージアム 詳細情報

やきもの入門 ― 色彩・文様・造形をたのしむ

■1万6千年、日本陶磁史を通覧

【会期終了】 縄文時代の土器から約1万6千年。長い歴史の中で、日本ではさまざまなやきものが生まれてきました。館蔵の名品から日本陶磁の歴史を辿る展覧会が、出光美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場出光美術館
開催期間2019年11月23日(土)~2020年2月2日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://idemitsu-museum.or.jp/
展覧会詳細へ やきもの入門 ― 色彩・文様・造形をたのしむ 詳細情報

特別展「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」

■スター5人が夢の競演

【会期終了】 ‘江戸時代の美’といえば、誰もが浮世絵を挙げるでしょう。歌麿・写楽・北斎・広重・国芳という五人の人気浮世絵師をピックアップし、国内はもちろん、欧米の美術館、博物館、個人コレクションなどから「誰もが見たい」名品を集めた展覧会が、東京都江戸東京博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年11月19日(火)~2020年1月19日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 特別展「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京オペラシティ
白髪一雄
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
国立新美術館「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」'
DOMANI
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 デザインあ展 in SHIGA
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社