インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート
取材レポート画像一覧

高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの

■アニメーション表現の限りない追及

1960年代から半世紀にわたり、日本のアニメーションを牽引したアニメーション映画監督・高畑勲(1935-2018)。アニメーションの可能性を追及し続け、他の制作者にも大きな影響を与えました。逝去から1年、その世界を振り返る展覧会が東京国立近代美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立近代美術館
開催期間2019年7月2日(火)~10月6日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://takahata-ten.jp
展覧会詳細へ 高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの 詳細情報

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

■日本の芸術家に本物の絵を

川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)の初代社長などを務めた実業家、松方幸次郎(1866-1950)。数々の美術品を蒐集し、本格的な西洋美術館の創設を目指しましたが、そのコレクションは流転の歴史を辿る事となります。国内外に散逸した名品を一堂に集めた展覧会が、国立西洋美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立西洋美術館
開催期間2019年6月11日(火)~9月23日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://artexhibition.jp/matsukata2019/
展覧会詳細へ 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 詳細情報

美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック

■高度な染織文化

【プレゼント8/26まで】 日本列島の南端から台湾にかけて、点のように連なる琉球諸島。明治時代以前には琉球王国として栄え、周辺の地域との交流から豊かな文化が実りました。紅型をはじめ、同地で発達した高度な染織文化を紹介する展覧会が、渋谷区立松濤美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2019年8月10日(土)~9月23日(月・祝)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : https://shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ 美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック 詳細情報

STAR WARS™ Identities: The Exhibition

■あなただけのキャラが作れます

1977年に封切られたスター・ウォーズ(日本公開は1978年)。今年12月に公開される「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で、ついにスカイウォーカー家の物語は完結します。その壮大な世界観を満喫できる展覧会が、寺田倉庫G1-5Fで開催中です。
取材レポートを見る
会場寺田倉庫G1-5F
開催期間2019年8月8日(木)~2020年1月13日(月)
所在地 東京都品川区東品川2-6-4
TEL : 0570-006-506(チケットボード インフォメーションセンター)
HP : https://www.starwarsidentities.jp
展覧会詳細へ STAR WARS™ Identities: The Exhibition 詳細情報

優しいほとけ・怖いほとけ

■おごそか・やさしい・きびしい・おそろしい

【会期は8/25まで】 慈愛に満ちた面持ちから、眼を見開いた憤怒の形相まで。絵画や彫刻で表現されたほとけを見ると、実にさまざまな表情をしている事が分かります。館蔵品のほとけの表情に着目し、その意味を考える展覧会が根津美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場根津美術館
開催期間2019年7月25日(木)~8月25日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/jp
展覧会詳細へ 優しいほとけ・怖いほとけ 詳細情報

特集展示「もののけの夏 ― 江戸文化の中の幽霊・妖怪 ―」

■オバケ大好きは、江戸時代から

夏の展覧会では定番といえる、お化け。ただ、国立歴史民俗博物館が国内有数の「怪談・妖怪コレクション」を所蔵している事は、あまり知られていないかもしれません。100点の資料で江戸時代に描かれた妖怪や幽霊を紹介する展覧会が、同館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2019年7月30日(火)~9月8日(日)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp/
展覧会詳細へ 特集展示「もののけの夏 ― 江戸文化の中の幽霊・妖怪 ―」 詳細情報

みんなのミュシャ

■あの人も、この人も。みんなミュシャの影響を受けました

【プレゼント9/2まで】 アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。「ミュシャ様式」と呼ばれる華麗なスタイルは、後世のアーティストにも影響を与えています。ミュシャが後世に与えた影響を紹介する展覧会が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
取材レポートを見る
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2019年7月13日(土)~9月29日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.ntv.co.jp/mucha2019/
展覧会詳細へ みんなのミュシャ 詳細情報

マイセン動物園展

■アウグスト強王の夢でした

ヨーロッパで初めて硬質磁器を生み出したドイツのマイセン磁器。毎年どこかで展覧会や展示会が開催されるほど、日本でも人気の高い磁器です。パナソニック汐留美術館で、マイセンの「動物」にテーマを絞った展覧会が開催中です。
取材レポートを見る
会場パナソニック汐留美術館
開催期間2019年7月6日(土)~9月23日(月・祝)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/ls/museum/
展覧会詳細へ マイセン動物園展 詳細情報

原三溪の美術 伝説の大コレクション

■あれもこれも、全部もってました

明治から昭和にかけて活躍した実業家、原富太郎(号:三溪、1868~1939)。横浜で生糸貿易や製糸業などで財をなし、近代日本の経済界を牽引しました。古美術品を熱心に収集し、希代のコレクターでもあった原三溪旧蔵の大コレクションを集めた展覧会が、横浜美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場横浜美術館
開催期間2019年7月13日(土)~9月1日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : https://harasankei2019.exhn.jp/
展覧会詳細へ 原三溪の美術 伝説の大コレクション 詳細情報

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

■テーマはずばり「リアル三国志」

後漢の皇帝を操った奸雄の曹操。重さ50キロの青龍偃月刀を振り回す関羽。際立ったキャラ立ちで人気の三国志ですが、真の姿はだいぶ異なります。ずばり「リアル三国志」を合言葉に、その実像に迫る展覧会が、東京国立博物館 平成館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館
開催期間2019年7月9日(火)~9月16日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://sangokushi2019.exhibit.jp/
展覧会詳細へ 日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」 詳細情報

加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL

■群馬と東京、2館で同時期開催

東京と⾹港を拠点に活動する現代美術家、加藤泉(1969-)。2007年のヴェネチアビエンナーレ国際美術展で国際的な評価を獲得し、⽇本・アジア・欧⽶と、活動の舞台を広げています。ハラ ミュージアム アークでの展覧会には、代表作を中⼼に145点が並びます。
取材レポートを見る
会場ハラ ミュージアム アーク
開催期間2019年7月13日(土)~2020年1月13日(月・祝)
所在地 群馬県渋川市金井2855-1
TEL : 0279-24-6585
HP : http://www.haramuseum.or.jp
展覧会詳細へ 加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL 詳細情報

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展

■100年前の「総合芸術家」

上質な絹地に細かなプリーツを付け、筒状に縫製した「デルフォス」。女性の自然な曲線を美しく魅せる画期的なドレスは、20世紀初頭のファッション業界を席捲しました。デルフォス生みの親、マリアノ・フォルチュニ(1871-1949)にスポットを当てた大回顧展が、三菱一号館美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場三菱一号館美術館
開催期間2019年7月6日(土)~10月6日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mimt.jp/fortuny/
展覧会詳細へ マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展 詳細情報

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」

■サムライもポロ(?)で鍛錬

【会期は8/25まで】 日本に「スポーツ」が来たのは、明治時代になってから。お抱え外国人教師たちがヨーロッパの競技を教えたのが端緒ですが、江戸時代にも当時の「スポーツ」と呼べるような競技や運動がありました。日本におけるスポーツとオリンピックの歴史を紐解く展覧会が、東京都江戸東京博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年7月6日(土)~8月25日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」 詳細情報

塩田千春展:魂がふるえる

■圧巻の空間インスタレーション

ベルリンを拠点に、世界各国で積極的に活動している塩田千春(1972-)。近年は空間に糸を張り巡らせたダイナミックなインスタレーションで注目を集めています。初期作品から最新作まで、その活動を網羅的に紹介する過去最大規模の個展が、森美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場森美術館
開催期間2019年6月20日(木)~10月27日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.mori.art.museum/
展覧会詳細へ 塩田千春展:魂がふるえる 詳細情報

特別展 「恐竜博 2019」

■常識を覆した、恐竜学の進展

「大きくて愚鈍な爬虫類」というイメージだった恐竜。50年前に命名されたデイノニクスが、その定説を一新させました。めざましく発展した恐竜学を、世界初公開の資料を含めて紹介する展覧会が、国立科学博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立科学博物館
開催期間2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://dino2019.jp/
展覧会詳細へ 特別展 「恐竜博 2019」 詳細情報

没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―

■海原雄山のモデルはこの人です

【会期は8/25まで】 書、篆刻、絵画、陶芸、料理と、多彩な分野で活躍した北大路魯山人(1883-1959)。周囲との摩擦を恐れず、真っ向から主張するその人となりは、生前から好き嫌いが分かれる人物でもありました。魯山人の作品120点を中心に、昭和陶芸の広がりを紹介する展覧会が、千葉市美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場千葉市美術館
開催期間2019年7月2日(火)~8月25日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ― 詳細情報

特別企画「奈良大和四寺のみほとけ」

■古刹から名品仏像

飛鳥時代には政治の中心地だった、奈良県の北東部。同所にある岡寺(おかでら)・室生寺(むろうじ)・長谷寺(はせでら)・安倍文殊院(あべもんじゅいん)には、魅力的な仏像が今日まで伝わります。国宝4件、重要文化財9件を含む名品を紹介する展覧会が、東京国立博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館 本館11室
開催期間2019年6月18日(火)~9月23日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.tnm.jp/
展覧会詳細へ 特別企画「奈良大和四寺のみほとけ」 詳細情報

クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime

■逃れようがない、日常的な「死」

ポートレート、電球、衣類…。モチーフを組み合わせて、集団や個人の記憶、そして宗教や死にまつわる作品を発表してきたクリスチャン・ボルタンスキー(1944-)。独特の世界は高く評価され、現代のアートシーンを代表する美術家のひとりです。日本では過去最大規模の展覧会が、国立新美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立新美術館 企画展示室2E
開催期間2019年6月12日(水)~9月2日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://boltanski2019.exhibit.jp
展覧会詳細へ クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime 詳細情報

企画展「マンモス展」 ‐ その「生命」は蘇るのか ‐

■ユカギルマンモス、来たる!

現在のゾウに似た体形ですが、耳は小さく、大きな牙を持つマンモス。3万年前には、シベリアを始め世界各地に生息していましたが、多くの大型哺乳類と共に絶滅してしまいました。世界初公開を含む貴重な資料が揃った史上最大規模のマンモス展が、日本科学未来館で始まりました。
取材レポートを見る
会場日本科学未来館
開催期間2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)
所在地 東京都江東区青海2-3-6
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.mammothten.jp/
展覧会詳細へ 企画展「マンモス展」 ‐ その「生命」は蘇るのか ‐ 詳細情報

スペインの現代写実絵画 ― MEAM

■写実の母国から、59点が来日

写実絵画の殿堂、ホキ美術館が新たなステップへ。2010年の開館以来、所蔵作品を中心とした展覧会を開催してきましたが、今回はじめて、海外美術館のコレクションを紹介する展覧会が開催される事になりました。写実の分野では日本と双璧といえるスペインから、59作品が来日しています。
取材レポートを見る
会場ホキ美術館
開催期間2019年5月17日(金)~9月1日(日)
所在地 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
TEL : 043-205-1500
HP : http://www.hoki-museum.jp/
展覧会詳細へ スペインの現代写実絵画 ― MEAM 詳細情報

「横手市増田まんが美術館」がリニューアル

■マンガ原画数、世界一

世界中から熱い視線が注がれている、日本のマンガ文化。マンガ原画にも注目が集まる中、作家数179人・マンガ原画22万枚という、とてつもないコレクションを持つミュージアムが、秋田県横手市にある事をご存じでしょうか。開館24年で大幅にリニューアル、5月に再オープンします。
取材レポートを見る
会場横手市増田まんが美術館
開催期間2019年5月1日(水)リニューアルオープン
所在地 秋田県横手市増田町増田字新町285
TEL : 0182-45-5569
HP : http://manga-museum.com/
展覧会詳細へ 「横手市増田まんが美術館」がリニューアル 詳細情報
取材レポート
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート MIHO MUSEUM「紫香楽宮と甲賀の神仏―紫香楽宮・甲賀寺と甲賀の造形」
[エリアレポート]
紫香楽宮と甲賀神仏
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社