インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート
取材レポート画像一覧

特別展 狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─

■「芳崖四天王」は、ご存知ですか

【プレゼント9/24まで】 室町から江戸。権力者の庇護を受け、画壇の覇者として君臨し続けた狩野派。400年以上続いた狩野派の終着点であり、近代日本画の起点とされている芳崖と、その知られざる4人の高弟を紹介する展覧会が、泉屋博古館分館で開催中です。
取材レポートを見る
会場泉屋博古館分館
開催期間2018年9月15日(土)~10月28日(日)
所在地 東京都港区六本木1-5-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
展覧会詳細へ 特別展 狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─ 詳細情報

特別展「昆虫」

■虫嫌いなんて、もったいないです

夏の子どもといえば「虫取り網で昆虫採集」という感覚は、遠い昭和のノスタルジー。都市化の進行にあわせるように、虫に触れない子ども増えているそうです。ただ、敬遠していてはもったいない。世界中の環境に適応し、著しい多様化を遂げた昆虫は、実に多くの魅力にあふれています。昆虫をテーマにした大規模展が、国立科学博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立科学博物館
開催期間2018年7月13日(金)~10月8日(月)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.konchuten.jp/
展覧会詳細へ 特別展「昆虫」 詳細情報

没後160年記念 歌川広重

■風景画の浮世絵師・広重没後160年

江戸時代後期に活躍した浮世絵師・歌川広重。安政5(1858)年に亡くなり、2018年は没後160年と節目を迎えます。それを記念し、広重の画業を振り返る展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場太田記念美術館
開催期間2018年9月1日(土)~10月28日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 没後160年記念 歌川広重 詳細情報

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

■30年の冒険を総覧

「週刊少年ジャンプ」1987年1・2合併号から連載がスタートした、荒木飛呂彦氏の『ジョジョの奇妙な冒険』。2017年に連載30周年を迎えました。多くのファンから爆発的な支持を集めるジョジョの全てを楽しめる展覧会が、国立新美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立新美術館
開催期間2018年8月24日(金)~10月1日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://jojoex-2018.com/
展覧会詳細へ 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 詳細情報

モネ それからの100年

■革新の波及

【会期は9/24まで】 世界中から愛される印象派の巨匠、クロード・モネ(1840-1926)。革新的な作品はモダニズムへの扉を開き、後の作家にも大きな影響を与えました。初期から晩年までのモネの作品と後世代の作品を一堂に会して、モネの先進性を改めて検証する展覧会が、横浜美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場横浜美術館
開催期間2018年7月14日(土)~9月24日(月)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : http://monet2018yokohama.jp/
展覧会詳細へ モネ それからの100年 詳細情報

禅僧の交流―墨蹟と水墨画を楽しむ―

■禅僧の名品で再オープン

2009年に現在の建物で新装開館してから、初の長期休館に入っていた根津美術館。約2カ月にわたる設備改修工事が終了し、ついに再オープンとなりました。リニューアル後の第一弾は、禅僧による墨蹟と水墨画の名品展です。
取材レポートを見る
会場根津美術館
開催期間2018年9月1日(土)~10月8日(月)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 禅僧の交流―墨蹟と水墨画を楽しむ― 詳細情報

長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~

■世界中で愛される、そばかすだらけの女の子

【会期は9/24まで】 赤毛のツインテール、そばかすの顔、そして長い靴下を穿いている9歳の女の子“ピッピ”。アストリッド・リンドグレーンが70年以上前に書いた物語は、世界中で読み継がれてきました。「長くつ下のピッピ」を中心に、リンドグレーンの世界を紹介する展覧会が、東京富士美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京富士美術館
開催期間2018年7月28日(土)~9月24日(月・祝)
所在地 東京都八王子市谷野町492-1
TEL : 042-691-4511
HP : http://www.pippi-ten.com
展覧会詳細へ 長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~ 詳細情報

週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-

■連載中の人気作品も

【会期は9/30まで】 3期連続で開催されている「週刊少年ジャンプ展」の最新作! 今回は2000年代以降の「週刊少年ジャンプ」がテーマです。『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』『BLEACH』など、世界中のマンガファンを魅了する作品が、それぞれの作品をイメージした空間に並びます。
取材レポートを見る
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2018年7月17日(火)~9月30日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://shonenjump-ten.com/
展覧会詳細へ 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)- 詳細情報

マジック・ランタン 光と影の映像史

■プロジェクション・マッピングの先駆け

映像を投影する「プロジェクション」という行為は、映画の発明より遡ることはるか以前に「マジック・ランタン」と呼ばれる映写機で行われていました。その歴史を見直す展覧会が、東京都写真美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都写真美術館
開催期間2018年8月14日(火)~10月14日(日)
所在地 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL : 03-3280-0099
HP : http://topmuseum.jp/
展覧会詳細へ マジック・ランタン 光と影の映像史 詳細情報

ミケランジェロと理想の身体

■傑作2点が初来日

【会期は9/24まで】 イタリア・ルネサンス期の巨人、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)。「神のごとき」と称されるミケランジェロが手掛けた大理石彫刻は、約40点しか存在しませんが、そのうちの2点が初来日! 古代ギリシャ・ローマとルネサンス美術を比べながら紹介する展覧会が、国立西洋美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場国立西洋美術館
開催期間2018年6月19日(火)~9月24日(月)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://artexhibition.jp/michelangelo2018/
展覧会詳細へ ミケランジェロと理想の身体 詳細情報

明治150年記念 真明解・明治美術

■「美術」と「美術らしきもの」

【会期は9/30まで】 ちょうど150年前の明治維新。政治システムはもちろん、市民の生活や文化まで大きく変化しました。それまでの日本に存在しなかった「美術」という概念が生まれたのもこの時期。多彩な展示品で「明治美術」を幅広く紹介する展覧会が、神奈川県立歴史博物館で開催中です。
取材レポートを見る
会場神奈川県立歴史博物館
開催期間2018年8月4日(土)~9月30日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL : 045-201-0926
HP : http://ch.kanagawa-museum.jp/
展覧会詳細へ 明治150年記念 真明解・明治美術 詳細情報

没後50年 藤田嗣治展

■過去最大の回顧展

【プレゼント9/24まで】 藤田の代名詞「乳白色の下地」による裸婦がずらり。国内外の所蔵者から代表作品が集結する、史上最大規模の藤田嗣治展が東京都美術館ではじまりました。初期から晩年まで約100点で、改めて藤田芸術の本質に迫ります。
取材レポートを見る
会場東京都美術館
開催期間2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイアル)
HP : http://www.tobikan.jp/exhibition/2018_foujita.html
展覧会詳細へ 没後50年 藤田嗣治展 詳細情報

文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~

■人形で甦る鏡花文学の女人たち

【会期は9/24まで】 魔・神・人…鏡花文学に登場する怪しくも儚い女人たちを、まるで生きているかのように思えるほど存在感がある「球体関節人形」で表現した展覧会が、弥生美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場弥生美術館
開催期間2018年7月1日(日)~9月24日(月・祝)
所在地 東京都文京区弥生2-4-3
TEL : 03-3812-0012
HP : http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
展覧会詳細へ 文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~ 詳細情報

没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより

■世界中を魅了した「クロサワ」

【会期は9/23まで】 日本で6番目の国立美術館として、4月1日に発足した国立映画アーカイブ(旧:東京国立近代美術館フィルムセンター)。以前にも増して、映画文化の振興をはかる拠点としての積極的な活動が期待されています。新体制になって初めての企画展は、世界を席巻した黒澤明の映画ポスター展です。
取材レポートを見る
会場国立映画アーカイブ
開催期間2018年4月17日(火)~9月23日(日)
所在地 東京都中央区京橋3-7-6
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.nfaj.go.jp
展覧会詳細へ 没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより 詳細情報

「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館

■東京の新名所、決定です

森ビルとチームラボによるデジタルアートミュージアムがついに完成、6月21日(木)に一般オープンを迎えました。巨大な空間に広がる、圧倒的な映像美。東京の新名所になる事、間違いなしです。
取材レポートを見る
会場MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless
開催期間2018年6月21日(木)オープン
所在地 東京都江東区青海1-3-15 パレットタウン
TEL : 03-6406-3949
HP : http://borderless.teamlab.art/jp

「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン

■生まれ変わって、空宙博(そらはく)発進!

国内有数の航空産業集積地である岐阜県に、航空と宇宙の専門博物館としては日本唯一となる博物館がリニューアルオープン。展示面積9400㎡に43機が揃った施設は、まさに圧巻です。
取材レポートを見る
会場岐阜かかみがはら航空宇宙博物館
開催期間2018年3月24日(土)オープン
所在地 岐阜県各務原市下切町5-1
TEL : 058-386-8500
HP : http://www.sorahaku.net/

JRA競馬博物館がリニューアルオープン

■開館以来の大規模改修

JRA東京競馬場内にあるJRA競馬博物館が、開館以来の大規模リニューアル。臨場感あふれる劇場型アトラクション、ジョッキー気分を味わえる体験型コンテンツなどが新たに登場し、小さなこどもからベテラン競馬ファンまで幅広くお楽しみいただけます。
取材レポートを見る
会場JRA競馬博物館
開催期間2018年4月21日(土)リニューアルオープン
所在地 東京都府中市日吉町1-1 JRA東京競馬場内
TEL : 042-314-5800
HP : http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/keiba/
展覧会詳細へ JRA競馬博物館がリニューアルオープン 詳細情報

「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン

■螺旋スロープで、富士登山を疑似体験

世界にも広く知られる日本のシンボル、富士山。2013年6月には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。富士山の大自然や歴史・文化を紹介する拠点施設が、静岡県富士宮市に完成、2017年12月23日(土・祝)にオープンしました。
取材レポートを見る
会場静岡県富士山世界遺産センター
開催期間2017年12月23日開館
所在地 富士宮市宮町5-12
TEL : 0544-21-3776
HP : https://mtfuji-whc.jp
展覧会詳細へ 「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン 詳細情報

落合芳幾

■忘れられた、芳年のライバル

【会期終了】 落合芳幾(おちあいよしいく:1833-1904)。この名前を聞いてすぐわかる方は、かなりの浮世絵通でしょう。近年、同世代の浮世絵師に注目が集まる中、月岡芳年のライバルだった芳幾は、やや影が薄くなってしまいました。その全容を100点超で振り返る展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場太田記念美術館
開催期間2018年8月3日(金)~8月26日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 落合芳幾 詳細情報

「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ

■2000人の賑わい

【会期終了】 出光美術館が所蔵する《江戸名所図屏風》。「明暦の大火」以前の江戸の姿を今に伝える貴重な作品で、2015年に重要文化財の指定を受けました。2,000人以上の人々を生き生きと描いた《江戸名所図屏風》を中心に、都市を描いた絵画を紹介する展覧会が、出光美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場出光美術館
開催期間2018年7月28日(土)~9月9日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://idemitsu-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ 詳細情報

琉球 美の宝庫

■災禍を免れた、王家ゆかりの品々

【会期終了】 1879年に沖縄県が成立するまで、400年以上にわたって“万国津梁(世界の架け橋)”として繁栄した琉球王国。中国や日本など東アジア各地の影響を受け、独自の美術が発達しました。琉球美術の染織・絵画・漆芸に焦点を当てた展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場サントリー美術館
開催期間2018年7月18日(水)~9月2日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 琉球 美の宝庫 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」
藤田嗣治
森アーツセンターギャラリー「週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」
ジャンプ展VOL.3
国立新美術館「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」
「JOJO」展
国立科学博物館「特別展「昆虫」」
特別展「昆虫」
泉屋博古館分館「特別展 狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─」
狩野芳崖と四天王
国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」
ミケランジェロ
太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」
歌川広重
根津美術館「禅僧の交流―墨蹟と水墨画を楽しむ―」
禅僧の交流
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
横浜美術館「モネ それからの100年」
「モネ」展
マジック・ランタン 光と影の映像史
マジック・ランタン
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
東京富士美術館「長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」
ピッピの世界展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
大阪文化館・天保山(海遊館となり)「画業50年‟突破”記念 永井GO展」
[エリアレポート]
永井GO展
「東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」」
[エリアレポート]
藤田嗣治
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~ 特別展「王立宇宙軍 オネアミスの翼展 SFアニメができるまで」 生誕110年 東山魁夷展
フェルメール展 アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然 鴻池朋子「ハンターギャザラー」 入江明日香展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社