インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート
取材レポート画像一覧

月岡芳年 血と妖艶

■時代が求めた「血みどろ絵」

幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、月岡芳年(1839〜92)。メリハリのある線描、一瞬の動きを切り取った構図は、多くのファンを魅了し続けています。今回は、3つの妖しいキーワードを設定。あらためてその魅力を掘り下げる展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場太田記念美術館
開催期間前期 4月1日(水)~4月26日(日) 後期 5月1日(金)~5月27日(水)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 月岡芳年 血と妖艶 詳細情報

SF・冒険・レトロフューチャー ~ぼくたちの夢とあこがれ~

■「船のカバシマ」と「ボックスアートの小松崎」

【開幕日未定】誰もがバラ色の未来を信じていた頃。子どもたちは少年雑誌に描かれたSFや冒険の未来図に心を躍らせていました。昭和の夢とあこがれを描いた挿絵画家たちの画業を紹介する展覧会が、昭和館で開催中です。
取材レポートを見る
会場昭和館
開催期間開幕日未定~2020年5月10日(日)
所在地 東京都千代田区九段南1-6-1
TEL : 03-3222-2577
HP : https://www.showakan.go.jp/
展覧会詳細へ SF・冒険・レトロフューチャー ~ぼくたちの夢とあこがれ~ 詳細情報

足立美術館に「魯山人館」がオープン

■新たな50年へ

近代日本画の名品と、美しい日本庭園で知られる足立美術館(島根・安来市)。開館50周年を記念し、北大路魯山人の作品を展示する「魯山人館」が新設されました。国内屈指の魯山人コレクションから、厳選した120点が公開されています。
取材レポートを見る
会場足立美術館
開催期間2020年4月1日(水)開館
所在地 島根県安来市古川町320
TEL : 0854-28-7111
HP : http://www.adachi-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 足立美術館に「魯山人館」がオープン 詳細情報

泰巖歴史美術館がオープン

■充実の戦国史料は、期待値以上

信長、秀吉、家康など、戦国時代に活躍した武将達の歴史史料を展示する新しい美術館が東京・町田市にオープン。館内に安土城の天主閣を原寸大で再現、信長ゆかりの貴重な古文書も数多く展示している泰巖歴史美術館をご紹介します。
取材レポートを見る
会場泰巖歴史美術館
開催期間2020年3月22日(日)オープン
所在地 東京都町田市中町1-4-10
TEL : 042-726-1177
HP : https://www.taiyo-collection.or.jp/
展覧会詳細へ 泰巖歴史美術館がオープン 詳細情報

「ふつうの系譜」京の絵画と敦賀コレクション

■奇想は「ふつう」があるからこそ

伊藤若冲、曽我蕭白と、いまや日本美術といえば「奇想」が大流行。ただ、本来は奇想は傍流で、中心には別の軸があったはずです。誰もが美しいと思えた絵画、すなわち「ふつう」の絵画に着目した展覧会が、府中市美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場府中市美術館
開催期間2020年3月14日(土)~5月10日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html
展覧会詳細へ 「ふつうの系譜」京の絵画と敦賀コレクション 詳細情報

特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」

■模写が伝える、いにしえの威容

【当面の間、臨時休館】世界最古の木造建築、法隆寺金堂。東洋仏教絵画の白眉と称された壁画は、失火のため焼損してしまいましたが、焼損前に描かれた模写により、その威容が現代に伝わります。改めて文化財の保存・継承を考える展覧会が、東京国立博物館で始まります。
取材レポートを見る
会場東京国立博物館 特別4室・特別5室
開催期間開幕日未定~5月10日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://horyujikondo2020.jp/
展覧会詳細へ 特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 詳細情報

バンクシー展 天才か反逆者か

■100万人超を動員した世界巡回展

【当面の間、休館】英国を拠点に活動する匿名の芸術家、バンクシー(BANKSY)。ストリートを舞台に、ゲリラ的に社会問題を風刺する作品を制作し、美術ファン以外にも広く知られるところとなりました。世界中で計100万人以上を動員した大規模なバンクシー展がついに日本上陸。横浜のアソビル 2Fで開催中です。
取材レポートを見る
会場アソビル
開催期間2020年3月15日(日)~9月27日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9 アソビル
TEL :  
HP : https://banksyexhibition.jp/
展覧会詳細へ バンクシー展 天才か反逆者か 詳細情報

生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和

■時代に対峙しつづけて

【会期は4/12まで】 【4/12までの土日は臨時休館】文豪・夏目漱石に絵を教え、二科会を創設し、図案や文筆活動、良寛和尚の研究でも知られる津田青楓(つだせいふう:1880-1978)。多彩な分野で活躍しましたが、これまでまとまった回顧展は開かれませんでした。生誕140年を記念し、初の大型展が練馬区立美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場練馬区立美術館
開催期間2020年2月21日(金)~4月12日(日)
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821
HP : https://www.neribun.or.jp/museum/
展覧会詳細へ 生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和 詳細情報

石田智子展

■15万本の紙撚(こより)

遠くから見ると、ぼんやりとした巨大な白い造形。なんとこれらは、膨大な数の紙撚(こより)を組み合わせて作ったものです。国内外の展覧会で高く評価されている石田智子(1958-)の壮大な世界が広がる展覧会が、郡山市立美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場郡山市立美術館
開催期間2020年3月1日(日)~4月19日(日)
所在地 福島県郡山市安原町大谷地130-2
TEL : 024-956-2200
HP : https://www.city.koriyama.lg.jp/bijutsukan/index.html
展覧会詳細へ 石田智子展 詳細情報

シュルレアリスムと絵画 ― ダリ、 エルンストと日本の「シュール」

■似て非なる、ふたつの関係

【会期は4/5まで】 フランス発祥の「シュルレアリスム」は、日本だと「シュール」。本来は同義のはずですが、言葉が広まって定着する間に、似て非なるものになりました。シュルレアリスム誕生から100年、その変遷と拡大をたどる展覧会が、ポーラ美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場ポーラ美術館
開催期間2019年12月15日(日)~2020年4月5日(日)
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL : 0460-84-2111(代表)
HP : http://www.polamuseum.or.jp/
展覧会詳細へ シュルレアリスムと絵画 ― ダリ、 エルンストと日本の「シュール」 詳細情報

古代中国・オリエントの美術 ― 国宝「細川ミラー」 ―

■逸品に一目ぼれ

細川家16代の細川護立(もりたつ)が設立した、永青文庫。いつもは考古学者・梅原末治などのアドバイスを受けて中国美術を蒐集していた護立が、一目惚れで即購入したのが「細川ミラー」でした。館蔵の中国・オリエント美術を紹介する展覧会が、永青文庫で開催中です。
取材レポートを見る
会場永青文庫
開催期間2020年2月15日(土)~4月15日(水)
所在地 東京都文京区目白台1-1-1
TEL : 03-3941-0850
HP : http://www.eiseibunko.com/
展覧会詳細へ 古代中国・オリエントの美術 ― 国宝「細川ミラー」 ― 詳細情報

ピーター・ドイグ展

■現代の「画家の中の画家」

【当面の間、臨時休館】英国出身の画家、ピーター・ドイグ(1959-)。どこかで見たことのあるようなイメージを用いながら、独自の世界を描いた作品は、オークションで高額で落札されるなど、現在のアートシーンの最前線を走っています。日本初となる大規模展が、東京国立近代美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京国立近代美術館
開催期間2020年2月26日(水)~6月14日(日) *当面の間、臨時休館
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://peterdoig-2020.jp/
展覧会詳細へ ピーター・ドイグ展 詳細情報

澄川喜一 そりとむくり

■素材の本質を生かすかたち

【当面の間、臨時休館】戦後日本の抽象彫刻を牽引してきた澄川喜一(1931-)。初期の具象彫刻から抽象彫刻へ、さらに東京スカイツリー®のデザイン監修など公共の大規模プロジェクトも含め、60年以上にわたって第一線で活動を続けています。首都圏の公立美術館では初めての大規模展が、横浜美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場横浜美術館
開催期間2020年2月15日(土)~5月24日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : https://yokohama.art.museum/special/2020/sumikawakiichi/
展覧会詳細へ 澄川喜一 そりとむくり 詳細情報

クラシックホテル展 ― 開かれ進化する伝統とその先 ―

■おもてなしの原点

【当面の間、臨時休館】訪日外国人の数はこの10年で4.7倍になり、ホテル建設ラッシュですが、日本には長い歴史を誇るホテルもたくさんあります。現在、12のクラシックホテルを紹介する企画展が、建築倉庫ミュージアムで開催中です。
取材レポートを見る
会場建築倉庫ミュージアム 展示室A
開催期間2020年2月8日(土)~5月31日(日)
所在地 東京都品川区東品川2-6-10 建築倉庫ミュージアム
TEL :  
HP : https://archi-depot.com/
展覧会詳細へ クラシックホテル展 ― 開かれ進化する伝統とその先 ― 詳細情報

画家が見たこども展

■こどもに戻ろう

【当面の間、臨時休館】19世紀末、パリで起きた芸術運動の一つである「ナビ派」。公園や庭などの自然の光景と生き生きとした人々を主題として描いた画家たち。その中でも、「こども」に焦点をあてた展覧会が三菱一号館美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場三菱一号館美術館
開催期間2020年2月15日(土)~6月7日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://mimt.jp/kodomo/
展覧会詳細へ 画家が見たこども展 詳細情報

㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画

■極秘資料を大公開!

【4/12(日)まで臨時休館】「良いデザイン」を社会に広めることを目的に有志のデザイナーたちが集い、非営利の団体として活動を続けている日本デザインコミッティー。ジャンルを超えたメンバー26名全員のスケッチや模型など「㊙中の㊙」といえる資料を大公開する太っ腹な展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTで開催中です。
取材レポートを見る
会場21_21 DESIGN SIGHT
開催期間2019年11月22日(金)~2020年5月10日(日)※会期延長
所在地 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
TEL : 03-3475-2121
HP : http://www.2121designsight.jp
展覧会詳細へ ㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画 詳細情報

特別展 虎屋のおひなさま

■扉の裏の意匠まで

【会期終了】 和菓子の老舗、虎屋十四代店主黒川光景(くろかわみつかげ)が、長女・算子(かずこ)のために揃えた雛人形と雛道具。いっさい手を抜かずに細部までつくりこまれた驚愕の世界は、時間を忘れて見とれてしまいます。8年ぶりとなる虎屋のおひなさま、根津美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場根津美術館
開催期間2020年2月22日(土)~3月29日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 特別展 虎屋のおひなさま 詳細情報

鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ― 朝日智雄コレクション

■美しき‘木版口絵’の世界

【会期終了】 昨年、幻の作品が公開され話題になった鏑木清方。日本画の美人画で知られますが、木版口絵(もくはんくちえ)で清方と並ぶ人気を誇っていたのが鰭崎英朋でした。両名を中心に、明治〜大正期に同じ分野で活躍した絵師を紹介する展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場太田記念美術館
開催期間2020年2月15日(土)~3月22日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ― 朝日智雄コレクション 詳細情報

越境者たち-BEYOND THE BORDERS

■「諏訪直樹 没後30年 連鎖企画」も

【会期終了】 1987年に開館した目黒区美術館。近代から現代にいたる日本の美術の流れを体系的に理解できるようなコレクションを目指し、収集活動を進めてきました。今年のコレクション展では「境界を越え」て活躍した画家の作品が展示されています。
取材レポートを見る
会場目黒区美術館
開催期間2020年2月15日(土)~3月22日(日)
所在地 東京都目黒区目黒2-4-36
TEL : 03-3714-1201
HP : https://mmat.jp/
展覧会詳細へ 越境者たち-BEYOND THE BORDERS 詳細情報

特別展「江戸ものづくり列伝 ー ニッポンの美は職人の技と心に宿る ー」

■職人の技と心が宿るニッポンの美

【会期終了】 日本人の暮らしには、四季折々に、遊び心のある繊細な伝統美術がありました。その日本の美意識を作り上げた「ものづくり」に生きた職人たち。東京都江戸東京博物館では、そんな蒔絵師や陶工、金工師、ミニチュア工芸家ら特色のある名工たちの作品を紹介する展覧会が開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2020年2月8日(土)~2020年4月5日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp
展覧会詳細へ 特別展「江戸ものづくり列伝 ー ニッポンの美は職人の技と心に宿る ー」 詳細情報

ハマスホイとデンマーク絵画

■“ヒュゲ”を愛するデンマークの美

【会期終了】 19世期末デンマークを代表する画家、ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。美術の流行に与せず、独自の道を追及したストイックな作品は、再び注目を集めています。12年ぶりとなる大規模なハマスホイ展が、東京都美術館で開催中です。
取材レポートを見る
会場東京都美術館
開催期間2020年1月21日(火)~3月26日(木)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://artexhibition.jp/denmark2020/
展覧会詳細へ ハマスホイとデンマーク絵画 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社