ニュース
    知られざる印象派作品が多数来日 ― 「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」が2024年1月に開催
    (掲載日時:2023年11月1日)

    「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」オフィシャルサポーター 鈴鹿央士さん
    「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」オフィシャルサポーター 鈴鹿央士さん

    来春、東京都美術館など4会場で、印象派がヨーロッパやアメリカへもたらした衝撃と影響をたどる展覧会「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」が開催されることとなり、都内で記者発表が行われた。

    アメリカ・ボストン近郊に位置するウスター美術館は、1898年に開館。開館当初から同時代の美術として印象派の作品を積極的に収集し、1910年にはモネの《睡蓮》を美術館として世界で初めて購入している。

    展覧会では、ほとんどが初来日となる同館の印象派コレクションを中心に、モネ、ルノワールなどフランスの印象派の作品にくわえ、ドイツや北欧の作家、国際的に活動したサージェント、さらにはアメリカの印象派を代表するハッサムらの作品が一堂に会する。

    展覧会は「伝統への挑戦」「パリと印象派の画家たち」「国際的な広がり」「アメリカの印象派」「まだ見ぬ景色を求めて」の5章構成。これまで日本で紹介される機会の少なかった、知られざるアメリカ印象派を紹介する貴重な機会となる。

    展覧会のオフィシャルサポーターには、鈴鹿央士さんが就任。展覧会について「美術に詳しくなかった僕も、印象派にのめり込んでいった展覧会。コラボグッズのウスターソースもおすすめ」とPRした。鈴鹿さんは音声ガイドのスペシャルトラックも務める。

    「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」は、東京都美術館で2024年1月27日(土)~4月7日(日)に開催。

    観覧料は一般 2,200円など。土日・祝日及び4/2以降は日時指定予約制。

    東京展の後の巡回は、郡山市立美術館(4/20〜6/23)、東京富士美術館(7/6〜9/29)、あべのハルカス美術館(10/12~2025年 1/5)。

     → 「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」のチケットはこちら



    「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」
    「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」

    このニュースに関連するミュージアム
    153
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【古代オリエント博物館】受付・ミュージアムショップ スタッフ募集! [公益財団法人 古代オリエント博物館]
    東京都
    つくばエキスポセンタースタッフ募集 [つくばエキスポセンター]
    茨城県
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    もうすぐ終了[あと2日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと113日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと9日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    4
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    超・日本刀入門 revive
    開催まであと8日
    2024年6月22日(土)〜8月25日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと44日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)