水とともに / 民藝と周辺作家たち

    三木美術館 | 兵庫県

    絵画では、水を描いた作品をご紹介します。杉山寧の描く波紋は生きているかのようなうねりを見せています。上村淳之の描く鳥がたたずむ静かな風景は直接的には水を描いていませんがそこに水があることが感じられる作品です。メインの主題ではないものでも、水は作品の一部として大きな役割を担っています。近現代の作家たちが描く様々な水の表現をご覧ください。 陶磁器では、民藝陶器の数々をご紹介します。民藝とは、柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司を中心に開花した用の美を求めたやきものです。河井寛次郎、濱田庄司をはじめとした作品の他、縄文象嵌の技法で人間国宝になった島岡達三、民藝の中心であった益子に窯を築き独自の作風を確立した加守田章二、民芸運動に参加し影響を受けた富本憲吉など、名だたる作家たちの見ごたえのある展覧会となっております。
    会期
    2023年6月1日(木)〜8月26日(土)
    会期終了
    開館時間
    午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)
    料金
    一般(高校生以上)500円、中学生以下無料 LINEおともだち料金300円
    休館日 月曜・火曜日〔7月17日(月)は開館〕
    観覧時間の目安 ~60分
    公式サイト http://www.miki-m.jp
    会場
    三木美術館
    住所
    〒670-0012 兵庫県姫路市本町241番地
    079-284-8413
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)