インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢

テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢

■アカデミズムに挑戦したアヴァンギャルドたち
【会期終了】 1848年、ロンドンのロイヤル・アカデミー美術学校の学生3人を中心に発足した「ラファエル前派兄弟団」(以下PRB)。世界を巡回した話題展が、森アーツセンターギャラリーにやってきました。
ラファエルを規範とし、形式と慣例に縛られていたアカデミズムに真っ向から反旗を翻したRPB。展覧会ではグループの結成から1890年代までを通し、RPBの急進性を幅広く紹介していきます。

テート美術館から出展されたのは、計72点。ここではRPBの中心的な存在だったジョン・エヴァレット・ミレイ、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントの3名の作品を、複雑な人間関係も含めてご紹介いたします。


会場入口から

会場に入ると、早くもこの作品。報道内覧会でも多くの人で賑わっていました。

PRBで最も有名な1枚である、ジョン・エヴァレット・ミレイ《オフィーリア》。シェイクスピアの戯曲「ハムレット」に登場する悲劇の美女を描いた作品です。

モデルは、後にロセッティの妻になったエリザベス・シダル。水を張ったバスタブでポーズを取ったため、肺炎になりかけたというエピソードも伝わります。

小川や草原を精密に描いた背景と、硬直して横たわるヒロイン。PRB随一の実力者であるミレイが、物語の世界観を真実味あふれるタッチで描いた傑作です。


ジョン・エヴァレット・ミレイ《オフィーリア》

初期のPRBで最も議論の的になったのが、同じくミレイによる《両親の家のキリスト(「大工の仕事場」)》です。

父のヨセフの仕事場で、手を傷つけてしまった少年イエス。心配そうな母のマリアを案じ、イエスがマリアの頬に口づけしています。

イエスの将来を予見したドラマ性のある作品ですが、足の爪が汚れたイエスは労働者階級そのもの。当時の常識から大きく逸脱したその表現は、批評家たちの非難の的になりました。


ジョン・エヴァレット・ミレイ《両親の家のキリスト(「大工の仕事場」)》

ハントの代表作《良心の目覚め》は、後半に登場します。裕福な男性に囲われている愛人が、自分の生き方の間違いに気が付いて立ち上がる瞬間を描きました。

モデルは労働者階級出身のアニー・ミラーで、ハントの婚約者。ハントは文盲の彼女をレディにするため教育しましたが、彼女はロセッティと密通。結局、二人の婚約は破棄となってしまいました。


ウィリアム・ホルマン・ハント《良心の目覚め》

ロセッティ《プロセルピナ》は、会場の最終盤です。プロセルピナはローマ神話に登場する女神で、石榴(ザクロ)の実を食べたために、地上と冥府の両方で生きねばならなくなりました。

モデルのジェイン・モリスは、ウィリアム・モリスの妻。ロセッティとモリスは盟友でしたが、ジェインはロセッティにとってファム・ファタール(運命の女)、平たく言えば愛人でした。「冥府に囚われたプロセルピナ」は、ジェインの境遇も重ね合わせています。


ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《プロセルピナ》

1853年頃までには分裂してしまったPRB。ただ、その歩みは唯美主義やアーツ・アンド・クラフツ運動につながっており、後の英国近代美術を大きく発展させました。

メディアの扱いも大きく多くのファンを集めそうな注目展。会期中は無休、20:00まで観覧可能ですので、会社帰りでも楽しめそうです(1、2月の火曜日は17:00まで。いずれも入館は閉館の30分前まで)。

巡回せずに東京だけでの開催ですので、お見逃しなく。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月24日 ]

※作品は全て ©Tate,London2014


料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2014年1月25日(土)~4月6日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://prb2014.jp/
展覧会詳細へ テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
国立新美術館「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」'
DOMANI
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
奇蹟の芸術都市バルセロナ デザインあ展 in SHIGA 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社