インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  鈴木其一 江戸琳派の旗手

鈴木其一 江戸琳派の旗手

■圧巻の《朝顔図屏風》
【会期終了】 京都で琳派が生まれて400年。大きく分けると、前半200年は京都、後半は江戸が創作の中心地でした。酒井抱一が江戸で再興した琳派を、類まれなるセンスとデザイン力で大きく昇華させたのが鈴木其一(すずききいつ 1796-1858)。初の大回顧展がサントリー美術館で開催中です。
1796年、紫染め職人の家に生まれた鈴木其一(1795年説も有り)。1つ年下が歌川広重、2つ下は歌川国芳と浮世絵界にもスターが揃っていますが酒井抱一が再興して洗練度を高めた江戸琳派も、大きく花開いていきました。

酒井抱一の最も優れた弟子だったのが、鈴木其一です。華麗な琳派のスタイルを継承しつつも、その枠に留まらない自由な作風で独特の世界を築いていきました。

会場は最初のフロアが序章~2章まで。師である抱一の作品から始まり、抱一門下時代の作品、抱一が没した後の作品へと進みます。

高いデザイン性はどの作品からも感じる事ができますが、中でも「描表装(かきびょうそう)」はユニーク。掛け軸において、本絵ではない表装部分にも描いたもので、節句絵や草花図、物語絵などさまざまなジャンルで展開されました。


序章~2章

次のフロアは3章と4章(会場構成の関係で4章が先です)。家督を長男に譲ってからの晩年の作品と、酒井抱一門下で同門だった兄弟弟子や、其一の門下生として江戸琳派を後世に伝えた弟子たちの作品が紹介されています。

本展最大の見ものが、メトロポリタン美術館が所蔵する《朝顔図屏風》。明らかに尾形光琳の《燕子花図屏風》(根津美術館蔵)を意識した作品で、光琳は直線的にカキツバタを配したのに対し、其一はうねるような曲線で朝顔をレイアウト。大小の葉を用いる事で、ダイナミックな奥行きも感じられます。

其一が50歳を前に号したのが「菁々(せいせい)」。花が盛んな様子を表す「菁」に相応しく、晩年に入ってからも精力的に創作を続けましたが、1857年に突然死去。この年に大流行したコレラが原因でした。

箱書で「画狂其一」と自称していた其一。もうひとりの画狂、葛飾北斎は90歳(数え)没でしたが、其一は63歳没。あと27年生きたら、日本の美術史は変わっていたかもしれません。


3章~4章

サントリー美術館での展覧会は10月いっぱい。会期中に何度か展示替えがあり、ご紹介している作品の中には展示されていないものもありますのでご注意ください(《朝顔図屏風》は東京展のみ、全期間展示されます)。

東京展の後は兵庫と京都に巡回。会期と会場はこちらでご紹介しています。[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年9月9日 ]

鈴木其一 ─ 琳派を超えた異才鈴木其一 ─ 琳派を超えた異才

河野 元昭 (著)

東京美術
¥ 3,024


■鈴木其一 江戸琳派の旗手 に関するツイート


 
会場サントリー美術館
開催期間2016年9月10日(土)~10月30日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 鈴木其一 江戸琳派の旗手 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社