インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  作家と万年筆展

作家と万年筆展

■作家の商売道具、27本がずらり
【会期終了】 作家の商売道具といえば、筆記具。なかでも近代以降の作家に愛好されていたのが万年筆です。明治・大正の文豪から現在活躍している作家まで、27人の万年筆を集めた企画展が、県立神奈川近代文学館で開催中です。
池波正太郎は「男の武器」といい、開高健は「手の指の一本になってしまっている」という万年筆。キーボード派が主流になった現在でも、万年筆での執筆にこだわる作家は少なくありません。

会場は、故人の作家を紹介する「名作を生んだ万年筆たち」と、現在活躍中の作家を紹介する「手書きの魔力」の二部構成。夏目漱石から角田光代まで、愛用の一品が並びます。


会場

メーカーを確認すると、やはり多いのはモンブラン。大佛次郎、井上靖から北方謙三、浅田次郎まで、幅広い世代の作家に使われています。

ペン先を細かくチェックすると、万年筆をかなり立てて書いていたことがわかる井伏鱒二のペン、細めの線が引けるように調整された早乙女貢のペンなど、作家によって様々。

なかでも井上靖の万年筆は、インク窓部に絆創膏が貼られていて、キャップも閉まらないという珍しい仕様。滑り止めだったのでしょうか。


万年筆

逸話がある万年筆も少なくありません。柴田錬三郎が愛用していた万年筆を入手し、それで書いた作品が柴田錬三郎賞を受賞した北方謙三。日本ペンクラブ会長就任のお祝いで贈られた万年筆は、井上ひさし。作家仲間の碁敵との対局で得た“戦利金”で買った万年筆は、中野孝次です。

会場にはそれぞれの作家の自筆原稿もあり、作品イメージのピッタリの文字の人もいれば、意外な書体の方も。文豪の息遣いが聞こえてくるような、楽しい企画展です。


直筆原稿

 

港の見える丘公園に1984年に開館した神奈川近代文学館。展示館では神奈川にゆかりがある文学者や作品を集めた常設展も開催。本館には閲覧室もあり、開架書架では文学全集なども備え、図書、雑誌を閲覧することができます(館外への貸出は行っていません)。

文学館のすぐ隣は、大佛次郎記念館。同じく港の見える丘公園にある横浜市イギリス館、山手111番館の二つの洋館は見学無料です。時間に余裕をもってお出かけください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2012年2月1日 ]
 
会場県立神奈川近代文学館
開催期間2012年1月14日(土)~2月26日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区山手町110
TEL : 045-622-6666
HP : http://www.kanabun.or.jp/te0529.html
展覧会詳細へ 作家と万年筆展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社