インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

■基礎トレーニングは、狩野派で
【会期終了】 幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎(1831~89)。まさに「描けぬものは無い」ほど、多彩なジャンルの作品を残しましたが、そのベースは狩野派で学び、古画と向き合ったからこそ。改めて暁斎の歩みを検証する展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
高い人気を誇り、何度も開かれている暁斎展。この項でも2015年「画鬼・暁斎 ─ KYOSAI」(三菱一号館美術館)、2017年「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!」(Bunkamura ザ・ミュージアム)、2018年「暁斎・暁翠伝」(東京富士美術館)と、ほぼ毎年ご紹介しています。

今回は7章で、暁斎の画業を網羅的に展示。中でも狩野派絵師としての暁斎の位置づけと、古画からの学習を中心的に取り上げます。

第1章「暁斎、ここにあり!」は、暁斎を代表する名品から。暁斎は明治14年(1881)に第二回内国勧業博覧会で妙技二等賞牌(事実上の最高賞)を受賞。受賞作の《枯木寒鴉図》はカラスの水墨画ですが、同時に出品した《花鳥図》は鮮やかな着色画と、会場冒頭から画域の広さが伺えます。

第2章は「狩野派絵師として」。暁斎が狩野派の門弟になったのは10歳の時。異例の早さで修行を終えた後も、狩野家との関係は晩年まで続きました。狩野派での鍛錬は、暁斎を支える土台といえます。



第3章は「古画に学ぶ」。古画を自らの作品に昇華させていった暁斎。暁斎自身が挿絵を描いた伝記『暁斎画談』には雪舟、狩野派、土佐派、円山派、そして春信や歌麿などの浮世絵まで、多くの模写が掲載されています。

第4章は「戯れを描く、戯れに描く」。最初の師である歌川国芳も戯画を得意にしていた事から、暁斎の戯画は「師匠譲りの…」という文脈で紹介されがちでしたが、本展では戯画も狩野派に着目。暁斎は狩野探幽が描いた戯画も所持していました。

第5章は「聖俗/美醜の境界線」。修行時代に生首を写生した一件もあり、死者や幽霊は暁斎を代表する画題のひとつです。ただ、暁斎が描く‘死’は、‘生’の隣にあるもの。美と醜、聖と俗も同様で、ひとつの画面で双方を意識させます。

第6章「珠玉の名品」は画帖を特集。画面が小さいため、大作に比べるとどうしてもパンチ不足ですが、特定の注文主のために作られた画帖は、細部まで入念に描かれており、とても高品質です。本来は手元で見るものなので、近寄ってお楽しみください。

最後の第7章は「暁斎をめぐるネットワーク」。暁斎の周辺には多くの人が集いました。お雇い外国人の建築家、ジョサイア・コンドルは暁斎の弟子になり、暁英を名乗るほど。暁斎没後には研究書を出版し、暁斎の名は世界に広がりました。

天性の技を支えているのは、絶え間ない修練。どのジャンルでも同じですね。会期中に細かな展示替えが何度かありますので、ご注意ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年2月5日 ]

「画鬼」河鍋暁斎「画鬼」河鍋暁斎

河鍋 楠美 (監修)

宝島社
¥ 2,290

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場サントリー美術館
開催期間2019年2月6日(水)~3月31日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 河鍋暁斎 その手に描けぬものなし 詳細情報
取材レポート
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 メスキータ展 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社