インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ウルトラマン・アート! 時代と創造

ウルトラマン・アート! 時代と創造

■ようやく関東に巡回、美術館でウルトラマンを
【会期終了】 北海道立旭川美術館で2010年秋に開催されて好評を博した「ウルトラマン・アート!」展。岩手、鹿児島、福井とまわり、ようやく茨城県近代美術館までやってきました。ウルトラマンとウルトラセブンを芸術作品として見つめ直します。
1966年7月にTBSで放送が始まった「空想特撮シリーズ ウルトラマン」。テレビ時代の到来とともにM78星雲からやってきたヒーローに、子どもたちは釘付けとなりました。続いて67年4月には「ウルトラセブン」がスタート。こちらも大きな人気を呼び、現在まで続く「ウルトラシリーズ」の礎になっています。

会場。ウルトラマンが並ぶ

本展では、ヒーローや怪獣たちの造形を手がけた人々を大きく取り上げています。ウルトラマンとウルトラセブンをデザインした成田亨、成田のもとで粘土原型を作った佐々木明、ウルトラセブンで怪獣や宇宙人を手がけた池谷仙克、怪獣の着ぐるみを作った高山良策。それぞれが手がけたデザイン画や、造形を作るために使った石膏の型など、リアルな制作現場が語られます。

こちらはウルトラセブン。中央はウルトラ警備隊極東基地の模型

放送当時も玩具などで立体化されていたウルトラマンですが、80年代初頭から改めてガレージキットで表現されるようになり、今日のフィギュアの世界でもウルトラマンは数多く見られます。

会場の最後のエリアには、海洋堂などによるウルトラマン・ウルトラセブンや宇宙人・怪獣らのフィギュアがずらりと並びました。

フィギュアになったウルトラマンや怪獣たち

暗室では、現代美術館家の伊藤隆介氏によるウルトラマンのミニチュアを使ったインスタレーション作品も紹介されています。いずれも、ウルトラマンが現代文化にもたらした影響を考察する試みです。

伊藤隆介氏のインスタレーション「Realistic Virtuality」

茨城県近代美術館でサブカルチャーを扱うのは初めての試みですが、批判的な声は聞かれなかったとのこと。会場冒頭に設けられた写真撮影可能エリアが親子連れで賑わっていたように、美術館にあまり縁がなかった客層にもアピールできているようです。幼少時に(再放送ですが)放送を見て熱狂していたウルトラマン世代としては、公立美術館にウルトラセブンのマスクが並ぶさまは、誇らしいような少し恥ずかしいような気もします。

同時期には近くの水戸芸術館現代美術ギャラリーで、美人タレントやAKB48とのコラボ作品で話題の「清川あさみ|美女採集」展も開催中。「美女と野獣」ならぬ「美女と怪獣」でお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年11月4日 ]

©円谷プロ

 
会場茨城県近代美術館
開催期間2011年11月3日(木)~2012年1月15日(日)
所在地 茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL : 029-243-5111
HP : http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
展覧会詳細へ ウルトラマン・アート! 時代と創造 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社