IM
    レポート
    ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション
    東京都美術館 | 東京都
    ファン・ゴッホも、東洋絵画も
    約50万点の作品を所蔵する世界有数の美の殿堂・ボストン美術館。古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術まで、主要なコレクションから選ばれた80点を紹介する展覧会が、東京都美術館で開催中です。
    (左から)フィンセント・ファン・ゴッホ《郵便配達人ジョゼフ・ルーラン》1888年 / フィンセント・ファン・ゴッホ《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》1889年
    (左奥から)《高官クウエンラーの書記像》エジプト、古王国時代第4王朝、メンカウラー王の治世、前2490-前2472年 / 《メンカウラー王頭部》エジプト、古王国時代第4王朝、メンカウラー王の治世、紀元前2490-2472年
    徽宗《五色鸚鵡図巻》北宋、1110年代頃
    (左奥から)夏珪《風雨舟行図》南宋、淳熙16-紹熙5年(1189-94)年頃 / 馬遠《柳岸遠山図》南宋、12世紀末期
    陳容《九龍図巻》(部分)南宋、淳祐4年(1244)
    曾我蕭白《風仙図屏風》宝暦14年/明和元年(1764)頃
    英一蝶《涅槃図》正徳3年(1713)
    (左から)クロード・モネ《くぼ地のヒナゲシ畑、ジヴェルニー近郊》1885年 / クロード・モネ《ルーアン大聖堂、正面》1894年
    (左から)ジョン・シングルトン・コプリー《ジョン・エイモリー》1768年 / ジョン・シングルトン・コプリー《ジョン・エイモリー夫人(キャサリン・グリーン)》1763年頃
    国や州からの財政的援助を受けず、個人コレクターやスポンサーからの支援でコレクションを拡充してきたボストン美術館。本展ではコレクターやスポンサーの活動にも光を当てながら、ジャンル別で作品を紹介していきます。

    まずは古代エジプト美術から。ボストン美術館の古代エジプト美術コレクションは、収集家から寄贈により、開館時(1876年)にはすでに重要な位置にありました。20世紀に入ってからハーバード大学と共同で発掘調査を進め、現在では4万点超という充実のコレクションを誇ります。


    「古代エジプト美術」

    続いて「中国美術」と「日本美術」。展覧会のチラシはゴッホ推しですが、この東洋美術は見逃せません。

    中国美術では、北宋の第8代皇帝・徽宗による花鳥画、南宋の馬夏(馬遠と夏珪)による山水画も逸品ですが、目を見張るのは陳容《九龍図巻》。雲間に見え隠れする9匹の龍は、水墨画のさまざまな技法を用いてダイナミックに描かれています。

    日本美術では英一蝶の《涅槃図》に注目。画面だけでも約2.9m×約1.7mという巨大仏画で、約170年ぶりの本格的な解体修理を経て、初の里帰りを果たしました。釈迦の回りで皆が悲しんでいますが、悶絶する動物たちはユーモラスにも思えます。


    「中国美術」「日本美術」

    19世紀後半にヨーロッパに出かけるようになったボストニアン(ボストンゆかりの人々)。当地で生まれた新しい美術にいち早く目をつけ、印象派とポスト印象派の作品が次々に収集されました。

    展覧会の目玉が、ファン・ゴッホによるルーラン夫妻の肖像。ファン・ゴッホは、南仏アルルで出会ったルーラン一家の肖像を20点以上制作しています。展示されているのは、夫の肖像はおそらく最初に描かれたもの。逆に妻は、おそらく最後に描かれたものです。

    ここではファン・ゴッホ以外もモネ、ルノワール、ドガ、コロー、セザンヌ、ピサロ、ミレーらの作品も展示されています。


    「フランス絵画」

    アメリカ絵画コレクションも、ボストン美術館の目玉のひとつ。北米・中米・南米におけるあらゆる時代の作品を網羅的に収集しています。肖像画で知られるジョン・シンガー・サージェントらの絵画が展示されています。

    ボストン美術館の版画・素描・写真のコレクションは、1887年に誕生。15世紀から現代までの版画・素描・水彩画・写真・挿画本・ポスターの作品が収められています。展覧会で紹介されているのははエドワード・ホッパーら4人の版画と写真です。


    「アメリカ絵画」「版画・写真」

    展覧会はこの後「現代美術」と続きますが、こちらは会場でお楽しみください。

    ボストン美術館のコレクションによる展覧会は過去に何度も開催されていますが、総合的に紹介する展覧会が日本で開催されるのは約40年ぶり。東京展の後は、神戸市立博物館(10月28日~2018年2月4日)、名古屋ボストン美術館(2月18日~7月1日)に巡回します。
     
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月19日 ]

    東京美術館案内東京美術館案内

     

    昭文社
    ¥ 1,296


    ■ボストン美術館の至宝展 に関するツイート


     
    会場
    東京都美術館
    会期
    2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)
    開館時間
    9:30~17:30(入館は17:00まで)
    ※特別展開催中の金曜日:9:30~20:00
    毎月第1・3月曜日(祝休日の場合は開館し、翌日休館)
    ※特別展・企画展は毎週月曜日。(祝休日の場合は開室し、翌日休室)
    ※年末年始のほか、整備休館など臨時に休館及び開館することがあります。
    住所 東京都台東区上野公園8-36
    電話 03-5777-8600
    公式サイト http://boston2017-18.jp/
    料金
    一般 1,600(1,400)円/大学生・専門学校生 1,300(1,100)円/高校生 800(600)円/65歳以上 1,000(800)円
    ※()内は20名以上の団体料金及び、前売り料金(4/1より発売)
    ※中学生以下は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(要証明)
    ※8月16日(水) 、9月20日(水)は、シルバーデーにつき、65歳以上の方は無料(要証明)
    ※8月19日(土)、20日(日)、9月16日(土)、17日(日)は、家族ふれあいの日により、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住、2名まで)は当日一般料金の半額(要証明)
    展示会詳細 ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと11日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと62日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと130日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと157日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと89日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    熊谷市一般職の任期付職員(遺跡発掘調査員)の募集 [熊谷市江南文化財センター、池上遺跡(熊谷市池上地内)等]
    埼玉県
    (公財)大阪府文化財センター考古学技師正規職員(中途採用)募集案内 [調査事務所等]
    大阪府
    横山美術館 学芸員(正規・1名)募集 [横山美術館]
    愛知県
    【京都国立近代美術館】 2020年度スタッフ募集スタート!! [京都国立近代美術館]
    京都府