《画像鏡》

このキャラの応援メッセージを見る

《画像鏡》 中国 後漢時代(2世紀) 径21.6㎝ 重さ1415g

兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」


4つの乳で分けられた各区画に白虎(びゃっこ)、西王母(せいおうぼ)、青龍(せいりゅう) ・獣像(じゅうぞう)が鋳出(いだ)されている鏡です。青龍と白虎は、悪霊などをしりぞけると考えられました。白虎は少しひょうきんな表情をしています。
この鏡では、四神(ししん)のうち陰陽の調和をあらわす朱雀(すざく)と玄武(げんぶ)の代わりに西王母と獣像が描かれています。西王母は東王公(とうおうこう)と対になることが多く、西王母単独の珍しい例です。


担当者からのコメント

古代鏡展示館(兵庫県立考古博物館加西分館)では、例年1月から3月、その年の十二支が描かれた中国古代鏡1面を展示しています。
今回の「干支 寅」展では、「寅」が描かれた鏡1面を展示し、十二支と干支についてご紹介します。展覧会の会期は令和4年1月2日(日)から3月13日(日)。
詳しくは、古代鏡展示館ホームページ(https://www.hyogo-koukohaku.jp/kodaikyou/)をご覧ください。
当館は、令和3年春に新展示室を増築し、展示面積が倍増しました。今回の「干支 寅」展は増築後初めての干支の展示です。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
東京都
【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
東京都
資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
東京都
北海道斜里町 学芸員募集 [斜里町立 知床博物館]
北海道
府中市美術館学芸員募集 [府中市美術館]
東京都
展覧会ランキング
1
市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
ヨシタケシンスケ展かもしれない
開催中[あと17日]
2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
2
三菱一号館美術館 | 東京都
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
開催中[あと45日]
2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
3
佐賀県立美術館 | 佐賀県
どがんなっとっと展
開催中[あと24日]
2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
4
駿府博物館 | 静岡県
柴田ケイコ「パンどろぼう」展
開催中[あと24日]
2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
自然と人のダイアローグ
開催中[あと31日]
2022年6月4日(土)〜9月11日(日)