《染付 竹虎文 捻花皿》

このキャラの応援メッセージを見る

《染付 竹虎文 捻花皿》 伊万里 江戸時代(17世紀中期) 口径20.8㎝ 戸栗美術館所蔵

戸栗美術館


江戸時代初頭に日本初の国産磁器として誕生した伊万里焼では、虎の文様は17世紀中期からよく見られるようになり、幕末に至るまで定番のモチーフのひとつでした。竹林に棲むとされることから竹虎文としてあらわされるのが定番ですが、本作では虎の右方に竹の葉のみならず、筍を組み合わせています。同時代の竹虎文には低く身構えたポーズの表現も多いのですが、本作では尻尾をS字状に立て、後ろ足も跳ね上げるなど、溌溂とした様子を感じさせます。


担当者からのコメント

当館創設者 戸栗亨(1926~2007)は、寅年生まれ。そのため、虎が描かれたやきものを好み、すすんで蒐集しました。開館の際には、本作の虎文様を美術館のシンボルマークに選んでいます。 新年には、『古伊万里幻獣大全展』(2022年1月7日(金)~3月21日(月・祝)開催予定)にて本作をはじめ、虎の描かれた作品を多数出展いたします。是非、ご覧ください。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
東京都
【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
東京都
資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
東京都
北海道斜里町 学芸員募集 [斜里町立 知床博物館]
北海道
府中市美術館学芸員募集 [府中市美術館]
東京都
展覧会ランキング
1
市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
ヨシタケシンスケ展かもしれない
開催中[あと17日]
2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
2
三菱一号館美術館 | 東京都
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
開催中[あと45日]
2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
3
佐賀県立美術館 | 佐賀県
どがんなっとっと展
開催中[あと24日]
2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
4
駿府博物館 | 静岡県
柴田ケイコ「パンどろぼう」展
開催中[あと24日]
2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
自然と人のダイアローグ
開催中[あと31日]
2022年6月4日(土)〜9月11日(日)