ヴァロットン ― 黒と白

    三菱一号館美術館 | 東京都

    フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)は、スイス・ローザンヌに生まれ、19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活動しました。前衛的な芸術家グループ「ナビ派」の画家の一人としても知られる一方、フランスのみならずヨ ーロッバ全体に衝撃を与えたのは、黒一色で刷られた木版画によってでした。 「とても奇妙なヴァロットン」と呼ばれ、スイスとフランスという二つの異なる文化を跨いで活動した「異邦人」ヴァロットンは、絵画と版画、男と女、理想と現実一様々な葛藤や矛盾のはざまで揺れ動きながら、木版画において独自の作風を確立しました。 辛辣な風刺と独特のユーモアに富んだその視点や、黒と白のコントラストを巧みに操るデザイン性は、今日でもなお新鮮さを失うことがありません。世紀の転換期、かつてないほど彩あふれる時代を迎えたパリにおいて、その情景を黒と白の世界に昇華させた版画作品には、ヴァロットンの革新性が発輝されているのです。 三菱一号館美術館では、約180点におよぷ世界有数のヴァロットン版画コレクションを有しています。本展では、〈アンティミテ〉や〈これが戦争だ!〉等、貴重な連作の揃いを含むこれらの作品群を一挙公開し、ヴァロットンの版画芸術の魅力をあますことなく紹介します。また、ナビ派やロートレックの版画も併せて展覧し、同時代パリの芸術状況を示すとともに、ヴァロットンの独自性を浮き彫りにします。 (プレスリリースより)
    会期
    2022年10月29日(土)〜2023年1月29日(日)
    開催中[あと57日]
    開館時間
    10時~18時(金曜と会期最終週平日、 第2水曜日は21峙まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
    料金
    一般:1,900 円 高校・大学生:1,000 円 小・中学生:無料
    休館日 月曜日、12/31、1/1 ※但し、11/28、12/26、1/2、1/9、1/23は開館
    公式サイト https://mimt.jp/vallotton2/
    会場
    三菱一号館美術館
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
    050-5541-8600
    ヴァロットン ― 黒と白のレポート
    3
    19世紀末パリで活躍したナビ派の画家、黒と白だけの革新的な木版画の世界
    謎めいた画面に漂う男女関係の不協和音。不安と不吉を突き付てくる作品群
    世界有数のヴァロットン版画コレクション、三菱一号館美術館の名品を公開
    おすすめレポート
    学芸員募集
    虎屋グループの会社が運営する文化施設で管理職募集! [御殿場市東山旧岸邸]
    静岡県
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    石神井公園ふるさと文化館 契約職員《事務(学芸員)》募集 [石神井公園ふるさと文化館]
    東京都
    愛知・名古屋 戦争に関する資料館 学芸員募集中! [愛知・名古屋 戦争に関する資料館]
    愛知県
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと8日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと78日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと15日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと64日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと50日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)