インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  インターネットミュージアムからのお知らせ  >  過去のニュース

インターネットミュージアムからのお知らせ

2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月31日)
赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで
図らずも"回顧展"になってしまった赤瀬川原平さんの作品展。幅広い活動を554点の作品・資料で振り返ります。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月30日)
ヒカリ展
宇宙・地球・人をキーワードに、光の不思議な世界を紹介する展覧会。「光る花」は世界初公開です!
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月29日)
ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰
「形而上(けいじじょう)絵画」で知られるデ・キリコですが、その作風は大きく変容しています
「MUSEUM ACTION」を更新しました
(掲載日時:2014年10月28日)
新治汲古館(にいはりきゅうこかん)
茨城県筑西市にあった私設博物館。茨城史料ネットの尽力で資料は救出され、隣接する桜川市に一括して保管されています
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月27日)
モダン都市 銀座の記憶 ─ 写真家・師岡宏次の写した50年 ─
東京を代表する繁華街・銀座の半世紀の歩みを、師岡のレンズを通して紹介します。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月22日)
フェルディナント・ホドラー展
スイスで最も人気がある国民画家はこの人。「パラレリズム」(平行主義)を唱え、紙幣の図案もデザインしました。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月20日)
ボストン美術館 ミレー展
世界で最も包括的なミレー・コレクションと称される米・ボストン美術館。《種をまく人》は30年ぶりに東京に登場です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月20日)
ウフィツィ美術館展
ボッティチェリをはじめとした75点で、豊かなフィレンツェ・ルネサンスを総覧します
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月17日)
日本国宝展
「祈り、信じる力」をテーマに、濃密な信仰から結実した日本文化の到達点を展観。この秋最大の注目展です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月16日)
ヨシモトコレクションの世界
ハワイ生まれの日系二世、ワトソン T.ヨシモト氏から寄贈された、大型哺乳類の剥製たち。ホールの展示は大迫力です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月15日)
高野山開創1200年記念 高野山の名宝
運慶の《八大童子》、快慶の《四天王立像》。「山の正倉院」と称される文化財の宝庫から、密教美術の至宝が東京へ
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月14日)
タカニ・アートワークス ~ 鋼の超絶技巧画報 ~ 髙荷義之展
「戦車画」を描かせたら並ぶものがいない第一人者、髙荷義之(たかによしゆき 1935~)さん。美術館レベルでは初めての大規模展です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月10日)
御法(みのり)に守られし 醍醐寺
国宝《過去現在絵因果経》は、1200年以上前に作られた日本最古の絵巻。達筆な経文とは裏腹に、絵は素朴な脱力系です
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月09日)
リー・ミンウェイとその関係展:参加するアート
この展覧会では花を一輪もらえるのですが…その代わりに課されるミッション、あなたはできますか?
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月08日)
輝ける金と銀 ― 琳派から加山又造まで ―
山種美術館の看板のひとつ、重要文化財の速水御舟《名樹散椿》。背景の金色が見事なまでに均一になっている理由は…
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月07日)
チューリヒ美術館展 ─ 印象派からシュルレアリスムまで
チューリヒ美術館の近代美術コレクションから74点が来日。モネ晩年の大作《睡蓮の池、夕暮れ》は、ぜひ近くで体験的な鑑賞を。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月07日)
東山御物の美 ─ 足利将軍家の至宝 ─
東山御物(ひがしやまごもつ)は、足利将軍家が所蔵した美術工芸品。後の時代でも絵画や工芸を鑑賞するための基準になりました
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月03日)
菱田春草展
巨匠・横山大観に「天才」と言わせしめた菱田春草の大回顧展。黒猫が有名ですが、猫だけではありません。
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月02日)
名画を切り、名器を継ぐ -美術にみる愛蔵のかたち-
所有した人や時代の好みによって、人為的に手が加えられた美術品。茶碗を十文字に切ってから継ぎ直すという離れ業も
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月01日)
没後150年記念 歌川国貞
同じ歌川一門の国芳や広重と"並ぶ"人気絵師、という失礼な紹介は止めてください。当時は文句なしのワントップでした
トピックス(展覧会レポート)を更新しました
(掲載日時:2014年10月01日)
東京オリンピックと新幹線
日本の復興を印象づけた2つの大事業。半世紀経った今、あらためて振り返ります

2014年10月は計 21 件のニュース記事があります
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社