インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  子どものための建築と空間展

子どものための建築と空間展

■子どもの時、こういう場所で学び、遊べたら
【会期終了】 子どもの頃、帰りのチャイムが鳴るまで友達と遊んだ、校庭や近所の公園。その時目にした風景は、大人になっても心に残っていると思います。子どもの生活の中心である、学校や公園などの建築空間を紹介する展覧会が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
タイトルに「子どものための」とありますが、展覧会そのものは大人向け。子どもにとってふさわしい建築空間を考える展覧会です。

日本の近代教育が幕を開けた明治時代。政府は国民の知的水準の向上のため、小学校の設立・普及に努めました。1872(明治5)年、日本で初めて近代的学校制度を定めた基本法令「学制」が発布。さらに7年後の1879(明治12)年、改正教育令により、すべての子どもが小学校に通うことが定められました。

建築の展覧会は「専門知識を知らないから」と、敬遠してしまう方がいるかもしれません。しかし本展では、教材や学校家具、子ども向け雑誌などを総合的に展示。当時の子どもたちが受けていた教育がわかる構成となっています。じっくり読み込むため、女性はヒールではなく、かかとの低い靴での観覧をオススメします。

会場は5章構成。1章で近代教育の幕開けとなった明治時代を、続く2章では「子ども中心」の自由度の高い教育思想を掲げた大正時代を紹介。インターミッションとして、戦前・戦中の学校教育が展示されています。



3章から5章では、戦後から現代までの学校建築の変遷を紹介。戦火により壊滅的な被害を受けた日本の各都市の学校の復興から、アメリカから導入されたオープンスクールの思想、そして生活の場としての学校建築が展示されています。

筆者は、5章「今、そしてこれからの子どもたちへ 1987-」で取り上げられている時代に、小学校へ通っていました。さらに、自分が遊んでいた公園も紹介されていて、驚きました。もしかしたら、あなたの思い出の校舎、あるいは遊び場に関する展示があるかもしれません。

今回、紹介されていた遊び場に行ってみたい! と思ったのですが…実際の建築物は「子ども向け」。残念なことに大人になったら遊べない空間も多くあります。小さな子どもがいるお父さん・お母さん、ぜひ展覧会で見た遊び場へ連れて行ってあげてください。

本展終了後、青森県立美術館へ巡回します。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年1月11日 ]

子どものための建築と空間展子どものための建築と空間展

長澤 悟(監修),パナソニック 汐留ミュージアム(編集),青森県立美術館(編集)

鹿島出版会
¥ 2,376

 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2019年1月12日(土)~3月24日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ 子どものための建築と空間展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社