インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  クマのプーさん展

クマのプーさん展

■世界一有名なクマ、その原点
【会期終了】 数多くの児童文学の中で、最も愛されて成功したキャラクターのひとつ「クマのプーさん」。誕生から90年以上も経った現在でも、世界中の人々を魅了し続けています。鉛筆で描かれたプーさんの原画など、貴重な作品・資料を紹介する展覧会が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
アラン・アレクサンダー・ミルン(1882-1956)が物語を書き、アーネスト・ハワード・シェパード(1879-1976)が挿絵を描いた『クマのプーさん』。

E.H.シェパードはプーさんの原画や資料をロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(略称V&A)に寄贈しており、展覧会はこのコレクションを中心にした構成です。

クマのプーさんは、A.A.ミルンの息子、クリストファー・ロビン・ミルンと、クリストファーのお気に入りだったぬいぐるみのクマがモデル。子ども部屋にいたプーの仲間が、イーヨー、コブタ(石井桃子による翻訳、原著ではピグレット。以下同じ)、カンガとルー、トラー(ティガー)です。

物語の舞台である百町森(100エーカーの森)のモデルは、ミルン一家が週末を過ごしていた場所に近い、ロンドン郊外のアッシュダウンの森。ミルンとシェパードは協力して百町森の地図を作り、プーや仲間たちの場所を設定しました。



シェパードは、父が建築家、母方の祖父が画家という家に生まれました。幼い頃から絵の才能に恵まれ、風刺雑誌「パンチ」の主席イラストレーターに。その挿絵はミルンの文章と見事に調和し、「クマのプーさん」の世界観を作り上げました。

展示されている原画を見ると、人物の配置などに何度も修正を加えた跡が見てとれます。クリストファー・ロビンがプーを引きずりながら階段をおりてくる冒頭のシーンも、プーの足の角度などに気を配っている事が分かります。

1930年には、アメリカの起業家スティーヴン・スレジンジャーがプーとその仲間たちの商品開発をスタート。1961年にはディズニーがキャラクター関係の権利を獲得し、プーは世界中で愛されるキャラクターになりました。今では物語は50以上の言語に翻訳されています。

ミュージアムショップではV&Aが企画制作した展覧会公式グッズをはじめ、さまざまな会場限定アイテムが販売中です。数量限定のため、お目当てがある方はお早目にどうぞ。

展覧会は英国(ロンドン)と米国(アトランタ、ボストン)で開催されてきた国際巡回展です。東京展の後は、大阪・あべのハルカス美術館に巡回します(4/27~6/30)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年2月8日 ]

クマのプーさん 原作と原画の世界クマのプーさん 原作と原画の世界

アンマリー・ビルクロウ エマ・ロウズ (著), (公財)東京子ども図書館 阿部公子 (監修), 富原まさ江 (翻訳)

玄光社
¥ 2,916

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2019年2月9日(土)~4月14日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://wp2019.jp
展覧会詳細へ クマのプーさん展 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社