インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物

─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物

■現代に残る明治からの贈り物
【会期終了】 今年は明治元年(1868)から満150年の記念の年。全国各地で、明治150年関連の展覧会やイベントが催されています。静嘉堂文庫美術館でも、岩﨑彌之助とその息子・小彌太が蒐集した明治の美術館を紹介する展覧会が開催中です。
来場者を迎えるのは、菅原直之助《羽衣図 刺繍額》と《鞍馬天狗図 刺繍額》。こちらの作品は遠くから見ると絵画のようですが、近づいてみると…なんと刺繍。

写真ではお伝え出来ないほどの精緻さは、まさに「超絶技巧」。糸に光が反射するので、見る角度によって印象が変わるのも見どころのひとつです。

会場内で目を惹く鮮やかな水色は、七宝家・濤川惣助の作品です。

濤川惣助は東京を中心に活躍した七宝家で、色釉(いろぐすり)の境界となる植線(輪郭線)を、最終段階の焼き上げで取り外す「無線七宝(省線七宝)」の技術を開発した人物でもあります。

展示されている《七宝式花卉図瓶 一対》は、水彩画のようなぼかしが特徴。こちらも近くで見ると、ため息が出るほど美しい作品です。あまり近づきすぎて、ガラスケースぶつからないようにご注意ください。


1章「岩﨑家高輪本邸を飾った明治美術」、2章「幕末明治の美術」、3章「岩﨑家と近代美術~第4回内国勧業博覧会と名品~」

ジョサイア・コンドルが設計した岩﨑家高輪本邸(現・関東閣)のビリヤード・ルームに飾られていた、黒田清輝《裸体婦人像》も紹介されています。

《裸体婦人像》は「腰巻事件」を引き起こした問題作です。1900年、フランスから帰国した黒田が第6回白馬会展に出品しましたが、当時の日本では裸体画は公序良俗に反するとされ、下半身が布で覆われて展示される事態に。これが「腰巻事件」の由来です。

残念ながら、ビリヤード・ルームは戦火に焼かれ、残っていません。会場では作品ともに、ビリヤード・ルームの写真パネルも展示され、当時の様子を紹介しています。


4章「明治の彫刻・工芸の粋 Part.1」、5章「セントルイス万国博覧会とゆかりの美術」、6章「明治の彫刻・工芸の粋 Part.2」

"画鬼"河鍋暁斎の傑作「地獄極楽めぐり図」は、本展で修復後初の大公開となります。

全40図からなるこの画帖は、暁斎の大の贔屓だった日本橋大伝馬町の大店、小間物問屋の勝田五兵衛が、わずか14歳でこの世を去った娘・田鶴(たづ)を一周忌で供養したいと、暁斎に依頼したものです。

「地獄極楽」と聞くと「怖い絵」と思われますが、暁斎の丁寧で優雅な筆致による地獄極楽道中記は、とてもユーモラス。こちらの作品は、会期中場面の展示替えがあります。詳しくは公式サイトをご覧ください。

インターネットミュージアムでは、全国の「明治150年」関連の展覧会をご紹介しています。ぜひこちらもご覧ください。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年7月18日 ]

Discover Japan_CULTURE TOKYO美術館2018-2019Discover Japan_CULTURE TOKYO美術館2018-2019

ディスカバージャパン編集部 (編集)

エイ出版社
¥ 1,296


 
会場静嘉堂文庫美術館
開催期間2018年7月16日(月・祝)~9月2日(日)
所在地 東京都世田谷区岡本2-23-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.seikado.or.jp/
展覧会詳細へ ─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社