インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ルーベンス展 ─ バロックの誕生

ルーベンス展 ─ バロックの誕生

■西美にピッタリ、壮大なバロックの世界
【会期終了】 17世紀ヨーロッパを代表するバロックの巨匠、ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)。イタリアで古代美術と同時代の美術を吸収し、大工房を構えて壮麗な絵画を量産しました。イタリアとの関連に焦点を当てて、ルーベンスの世界を紐解く展覧会が、国立西洋美術館で開催中です。
豊満な女性像が日本人の感性とはズレがあるのか、残念ながら日本では「絶大な人気」とは言い難いルーベンス。西洋では抜群の知名度を誇り、西洋絵画史に燦然と輝く存在です。

今回はルーベンスの作品が約40点揃うなど、近年では最大規模となるルーベンス展。古代美術の宝庫であるとともに、同時代の美術においても最先端だったイタリアとの関わりに焦点を当てた展覧会です。

会場は7章構成(公式サイトとは少し違います)で、1章「ルーベンスの世界」から。ルーベンスはドイツで生まれ、11歳で両親の出身地であるアントウェルペンに。イタリア滞在の後、この地に工房を構えました。

2章は「過去の伝統」。1600年、憧れのイタリアに旅立ったルーベンス。古代美術と同時代の美術、双方を吸収して、自らのスタイルを確立させていきます。《セネカの死》では、ローマで目にした有名な古代彫刻(現在はルーブル美術館蔵、本展未出品)を、ほぼそのまま画中に引用しています

3章は「英雄としての聖人たち ─ 宗教画とバロック」。カトリックとプロテスタントが真っ向から対立していた、この時代。カトリックでは分かりやすい宗教画が求められた結果、ダイナミックなバロックが成立しました。逞しい聖人と気品に満ちた聖女。表情やポーズで感情をあらわにします。



4章「神話の力① ─ ヘラクレスと男性ヌード」。豊かな想像力で神話画を描いたルーベンス。ヘラクレスを男性ヌードの模範としました。《ヘスペリデスの園のヘラクレス》は、著名な古代彫刻《ファルネーゼのヘラクレス》(本展には未出品)を絵画化した作品です。

5章「神話の力② ─ ヴィーナスと女性ヌード」。男性美がヘラクレスなら、女性美はヴィーナス。女性を描く際には、古代彫刻のヴィーナスを研究しています。ただ、時代が下るとルーベンスの女性像は理想美を離れ、より自然で肉感的な表現に変化していきました。

6章の「絵筆の熱狂」とは、17世紀の美術理論家ベッローリが、ルーベンスの絵画を評した言葉です。細部を省略しながらも、素早く熱狂的な筆遣いで、画面に統一感を与えているルーベンス。その特徴は《サウロの改修》などの群集図によく現れています。

7章「寓意と寓意的説話」。外交官を務めるほど、知識人だったルーベンス。象徴を組み合わせた寓意的な作品は、知識階級だけが理解できます。メインビジュアルの《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》は、神話の一場面でありつつ豊穣の寓意で、西洋文明のはじまりをも意味しています。

会場動線は、いつものように上階(地下2階)から入り、地下3階に降りて、また地下2階に上るルート。西美の地下3階の展示室は雰囲気が良く、ここに大型の宗教画が来るとバッチリはまりますが、本展がまさにそのパターンです。ごゆっくりお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月15日 ]


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立西洋美術館
開催期間2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tbs.co.jp/rubens2018/
展覧会詳細へ ルーベンス展 ─ バロックの誕生 詳細情報
インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
日本画「青・蒼・碧」展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ゴッホ展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社