IM
    レポート
    junaida展「IMAGINARIUM」
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    個性的な絵本で知られる画家、junaida(ジュナイダ)。初の大規模展が開催
    ヨーロッパを感じさせる世界に人物や背景を細密に描写。明るさと闇が共存
    宮殿を思わせる会場構成に、作品はなんと416点。浴びるように絵を体感!

    『Michi』『の』『怪物園』(すべて福音館書店)など、個性的な絵本で知られる画家のjunaida(ジュナイダ、1978-)。ヨーロッパを感じさせる世界に人物や背景を細密に描き込んだ作品は、明るさと闇が共存し、junaidaならではの独特の世界観を生み出しています。

    国内外で絵本の賞を立て続けに受賞するなど、華々しく活躍するjunaidaの、初めての大規模な展覧会が、PLAY! MUSEUMで開催中です。



    PLAY! MUSEUM junaida展「IMAGINARIUM」会場入口


    展覧会は、会場入口の「輪郭の扉」からスタート。上部の布の内側には、今回の展覧会のために描かれた三連画の新作「IMAGINARIUM」の下絵データがあしらわれています。奥の扉を開けて進みます。



    「輪郭の扉」


    第1章「交錯の回廊」では、初期作品の『TRAINとRAINとRAINBOW』(Hedgehog Books、2011)、三越のクリスマスディスプレイの作品『HOME』(サンリード、2013)などが、円弧上の壁面に並びます。



    第1章「交錯の回廊」


    さらに進むと、絵本『怪物園』の怪物たちが、巨大なアニメーションになって行進。映像作家の新井風愉が監督を務めました。



    怪物たちが進む、巨大なアニメーション


    展覧会のメインといえるのが、第2章「浮遊の宮殿」。宮殿の大広間のようなしつらえに、約100点の絵本原画が並びます。

    展示されているのは、絵本デビュー作となった文字のない絵本『Michi』、すべての文が「の」で連なる絵本『の』、近作『怪物園』と『街どろぼう』。奥の3点が、新作「IMAGINARIUM」です。



    第2章「浮遊の宮殿」


    第2章「浮遊の宮殿」 絵本『の』原画


    第3章「残像の画廊」は、白い展示室。宮沢賢治へのオマージュ作品「IHATOVO」シリーズや、広告のイラストレーションのほか、伊坂幸太郎、有栖川有栖、川上弘美らによる小説の装画など、多彩な仕事が並びます。



    第3章「残像の画廊」


    最後の第4章「潜在の間」は、一転して真紅の空間。ミヒャエル・エンデ『鏡のなかの鏡』をオマージュした最新作『EDNE』や、画集『UNDARKNESS』 (Hedgehog Books、2021)など4作品の原画です。

    明るい表現だけでなく、美しい闇の世界も得意とする、junaidaならではの作品群です。



    第4章「潜在の間」


    ミュージアムショップではオリジナルのミュージアムグッズを多数用意。ぬいぐるみやポーチをはじめ、ウォーターボトル、「KUTANI SEAL」の九谷焼カップ。ファッションブランド「Kiwanda」とコラボレーションしたソックスなど、さまざまなアイテムが揃いました。



    PLAY! SHOP


    カフェでは、いつもと同じように展覧会コラボメニューが登場。「怪物ギョロギョロプレート」「『の』の子の帽子のハンバーグのセット」「王様のビーフストロガノフ」など。どれも可愛いデザインで、食べるのがもったいなくなりそうです。



    CAFEのコラボレーションメニュー


    絵の中から、物語が溢れてきそうなjunaidaの作品。ひとつひとつの絵も密度が濃いのに加えて、なんと展示作品は全416点。まさに、絵を浴びるように体感できる展覧会です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年10月6日 ]

    junaidaの絵本『の』の主人公「わたし」の赤いコートと帽子を貸し出し中。「わたし」になって、IMAGINARIUM展が鑑賞できます(コートは子どもサイズ。大人は帽子のみ利用OKです)
    第2章「浮遊の宮殿」
    第2章「浮遊の宮殿」
    第3章「残像の画廊」
    会場最後で絵本を読む事ができます
    (左から)企画:BlueSheep 草刈大介(PLAY! プロデューサー) / 展示作家:junaida(画家) / 空間デザイン:Harikae 張替那麻(建築家) / グラフィックデザイン:コズフィッシュ 祖父江慎+藤井瑶(アートディレクター) / アニメーション:新井風愉(映像作家)
    会場
    PLAY! MUSEUM
    会期
    2022年10月8日(土)〜2023年1月15日(日)
    会期終了
    開館時間
    【平日】10:00-17:00(入場は16:30まで)
    【土日祝】10:00-18:00 (入場は17:30まで)
    休館日
    無休(年末年始、2022年12月31日、2023年1月1日、2日を除く)
    住所
    東京都立川市緑町3−1 GREEN SPRINGS内 W3棟 2F
    電話 042-518-9625
    公式サイト https://play2020.jp/article/junaida/
    料金
    一般1,800円、大学生1,200円、高校生1,000円、中・小学生600円
    [立川割]一般1,200円、大学生700円、高校生600円、中・小学生400円
    展覧会詳細 junaida展「IMAGINARIUM」 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館の学芸員を募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    東京国立博物館 有期雇用職員(事務補佐員)の公募について [東京国立博物館]
    東京都
    令和5年度 名古屋市職員(学芸:考古/美術工芸)の採用選考試験案内 [名古屋市教育委員会]
    愛知県
    石川県立美術館 学芸員募集 [石川県立美術館]
    石川県
    名古屋市港防災センター 運営スタッフ(広報担当)募集! [名古屋市港区港町1-12-20(名古屋市港防災センター)]
    愛知県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    マティス展
    開催中[あと77日]
    2023年4月27日(木)〜8月20日(日)
    2
    東京国立近代美術館 | 東京都
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    開催まであと9日
    2023年6月13日(火)〜9月10日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    憧憬の地 ブルターニュ ― モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷
    もうすぐ終了[あと7日]
    2023年3月18日(土)〜6月11日(日)
    4
    国立新美術館 | 東京都
    ルーヴル美術館展 愛を描く
    もうすぐ終了[あと8日]
    2023年3月1日(水)〜6月12日(月)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン
    開催まであと12日
    2023年6月16日(金)〜9月3日(日)