IM
    レポート
    体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春
    角川武蔵野ミュージアム | 埼玉県
    青春時代を王として過ごしたツタンカーメン。最新技術でその人生を追体験
    超複製品(スーパーレプリカ)約130点を展示。黄金のマスクも至近距離で
    実在した人間としてのツタンカーメンにフォーカス。大映像のコンテンツも

    世界で最も有名な王の一人、ツタンカーメン。3000年以上前とはいえ、生身の人間として実在した人物です。

    わずか8〜9歳で即位し、19歳で亡くなったツタンカーメンを中心に、超複製品(スーパーレプリカ)と大映像で古代エジプトを体感する展覧会が、角川武蔵野ミュージアムで開催中です。


    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場入口
    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場入口


    会場はツタンカーメンの王墓を再現した序章を抜けると、広々とした空間に圧巻の展示が待ち受けています。

    大きな金色の箱は、第2~第4厨子。続いて第1~第3の人型棺が並びます。ツタンカーメンは何重にも入れ子になって、埋葬されていました。


    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場より 「中央展示」
    「中央展示」


    本展で展示されているのは、世界に3セットしかない「超複製品(スーパーレプリカ)」。ツタンカーメンの王墓に収められていた副葬品、約130点が並びます。

    第1~第3の人型棺には、近寄って鑑賞する事が可能です。レプリカとはいえ、露出の展示品を目の前で見られる体験は迫力があります。


    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場より 《第2の人型棺》
    《第2の人型棺》


    最奥には、有名な黄金のマスク。実物が来日した1965年は遠い昔の話で、現在では実物がエジプト考古学博物館(カイロ)から出ることは、ほぼ考えられません。

    その奥では、巨大スクリーンで王位を継いだツタンカーメンの人生を紹介。映像と連動した音声ガイドが聞けますので、スマホとイヤホンを持参してお楽しみください。


    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場より 《黄金のマスク》
    《黄金のマスク》


    展覧会の第1章は「ツタンカーメンの青春」。両親が近親婚だったツタンカーメンは、生まれつき左足が内側に曲がった「内反足」でした。王墓からは杖やその一部が130本も発掘されており、日常的に使っていたと考えられています。


    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場より 第1章「ツタンカーメンの青春」
    第1章「ツタンカーメンの青春」


    第2章は「古代エジプトの死生観とミイラ」。古代エジプトでは、死は終わりではなく、地上の生活から来世への移行とみなされていました。每年、氾濫しては肥沃な大地をもたらすナイル川の存在が、その死生観に結びついています。


    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場より 第2章「古代エジプトの死生観とミイラ」
    第2章「古代エジプトの死生観とミイラ」


    第3章は「古代の神聖な文字ヒエログリフ」。古代エジプトの象形文字であるヒエログリフ。壁と床を埋め尽くすヒエログリフの映像空間で、基礎知識や解読方法が紹介されています。


    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場より 第3章「古代の神聖な文字ヒエログリフ」
    第3章「古代の神聖な文字ヒエログリフ」


    第4章は「古代エジプトの信仰」。もともと古代エジプトの宗教は、多くの神々を崇拝する「多神教」でした。ツタンカーメンの父であるアクエンアテンは、太陽円盤の神であるアテンのみを崇める一神教にしましたが、民衆が反発。ツタンカーメンは多神教に戻しています。


    角川武蔵野ミュージアム「体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春」会場より 第4章「古代エジプトの信仰」
    第4章「古代エジプトの信仰」


    考古学者のハワード・カーターがツタンカーメンの王墓を発見してから、昨年でちょうど100年となりました。

    最新テクノロジーを駆使した空間で、これまでの100年で行われてきた展示とは異なる体験をお楽しみください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年6月29日 ]

    第1章「ツタンカーメンの青春」
    第2章「古代エジプトの死生観とミイラ」
    《アヌビス神像付き厨子》
    《花崗岩製のツタンカーメンの彫像》
    会場
    角川武蔵野ミュージアム1階 グランドギャラリー
    会期
    2023年7月1日(土)〜11月20日(月)
    会期終了
    開館時間
    日~木10:00~18:00/金・土 10:00~21:00 
    ※最終入館は閉館の30分前
    休館日
    第1・3・5火曜日
    住所
    〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田 3-31-3 ところざわサクラタウン内
    電話 0570-017-396(受付時間:10:00~17:00)
    公式サイト https://kadcul.com/event/124
    料金
    一般(大学生以上):2,400円/中高生:1,800円/小学生:1,000円/未就学児:無料
    展覧会詳細 体感型古代エジプト展 ツタンカーメンの青春 詳細情報
    このレポートに関連する特集
    東京近郊では、体験型の施設やアートを身近に楽しめる展覧会が盛りだくさん。「海 ―生命のみなもと―」や「エルマーのぼうけん展」、「魔法の美術館」など、夏休み期間に子どもも大人も楽しめる展覧会10選をご紹介。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    福岡市職員【文化学芸職・係長級】(歴史~日本近世史~) 募集! [福岡市博物館]
    福岡県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと108日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと39日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと67日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと4日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催まであと3日
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)