IM
    レポート
    エジプト考古学博物館所蔵 ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~
    上野の森美術館 | 東京都
    世界中で話題の超大型展
    大阪展の入場者数は、なんと93万人以上! 関西での史上2位を記録した大人気展が、いよいよ東京にやってきました。黄金の秘宝が3300年前の古代エジプトのファラオの世界にいざないます。
    《ツタンカーメンの棺形カノポス容器(内臓が保管されていた器)》
    会場冒頭はミニシアターでの映像解説から
    映像が終わると、いよいよスタート
    会場
    動物がかたどられた《台に置かれた4つの模造容器》はユニーク
    《チュウヤの人型棺》
    会場
    ツタンカーメンのミイラが身につけていた飾りなど
    会場
    2004年のスイス・バーゼルからはじまり、ボン、ニューヨーク、ロンドン、メルボルンと世界各都市を巡回しているツタンカーメン展。東京では上野の森美術館 での開催となりました。

    展覧会はちょっと珍しい構成で、冒頭はミニシアターでの映像説明から。テーマパークのアトラクションのような演出は、いかにも話題の大型展といった雰囲気です。3分ほどの解説の後に扉が開くと、いよいよ本編のスタートです。


    ミニシアターでの映像説明

    展覧会は6章構成です。

     第1章 ツタンカーメンの世界:新王国時代とは
     第2章 古代エジプト人 スピリチュアル・ワールド
     第3章 ツタンカーメンのミステリー
     第4章 世紀の発見ツタンカーメン王墓
     第5章 ツタンカーメンの真実
     第6章 黄金のファラオたち

    上野の森美術館の1階から2階へと進む動線。後半に行くにしたがって、煌びやかな世界が広がっていきます。


    《アメンヘテプ2世の船の模型》

    1階の目玉は《チュウヤの人型棺》。94cm×68.2cm×218.5cmという大型の棺で、ツタンカーメンの曾祖母、チュウヤのミイラが入っていました。

    木製の棺ですが全面に金が張られており、眩いばかり。周囲には数々の神の姿が刻まれています。


    《チュウヤの人型棺》

    2階に上がると、さらに豪華な展示物が続々と登場します。

    第4章では胸飾りや3体の神像と並んで、冠が違う2体のツタンカーメンの像が。冠は上エジプト(南部)と下エジプト(北部)の王冠で、当時の両地域は統一されていたものの、何世紀にもわたってそれぞれのシンボルは使われていました。


    第4章の展示

    本展の最大の目玉が、下の動画でご紹介する《ツタンカーメンの棺形カノポス容器(内臓が保管されていた器)》。

    高さ39.5cmのこの容器には、防腐処理されたツタンカーメンの肝臓が納められていました。頭部のブルーと金の縞模様はお馴染みのイメージですが、黄金に輝く身体も極彩色の彩色が施されています。


    《ツタンカーメンの棺形カノポス容器(内臓が保管されていた器)》

    出口近くにはツタンカーメンのミイラが身につけていた飾りや短剣も紹介。ツタンカーメンのX線写真や、頭蓋骨のレプリカも展示されていました。


    ツタンカーメンのミイラが身につけていた品々

    なお、公式サイトでも説明されているように、本展には1965年に来日した「黄金のマスク」は展示されていません。ただ、ツタンカーメン=黄金のマスクという捉え方が、むしろ不健全。初来日の秘宝を含む全122点は、3300年前の古代エジプトのファラオの世界を充分に堪能することができます。

    世界各都市で1000万人以上を動員している話題展。会期は長めですが、見逃すわけにはいきません。(取材:2012年8月3日)

    黄金王ツタンカーメンの素顔―世界初のCTスキャン調査

    ザヒ ハワス (著), 吉村 作治 (監修), 西坂 朗子 (翻訳)

    アケト
     

    料金一般当日:平日2,700円、土日祝3,000円
     → 前売券のお求めはこちら(当日券は会場他で販売)icon

     
    会場
    会期
    2012年8月4日(土)~2013年1月20日(日)
    開館時間
    10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
    (ただし展示によって異なる)
    休館日
    不定休(ただし展示により異なる)
    住所
    東京都台東区上野公園1-2
    電話 03-3833-4191(代表)
    公式サイト http://kingtut.jp/
    料金
    【前売チケット】
    《平日》
    一般¥2,500 / 高校生¥1,600 / 小・中学生¥1,200
    《土日祝》
    一般¥2,800 / 高校生¥1,900 / 小・中学生¥1,500

    【当日チケット】
    《平日》
    一般¥2,700 / 高校生¥1,800 / 小・中学生¥1,400
    《土日祝》
    一般¥3,000 / 高校生¥2,100 / 小・中学生¥1,700
    ※未就学児童は無料。
    ※身障者手帳をお持ちの方は有料、お付き添い1名は無料。
    ※チケットの詳細はホームページ(東京会場)をご覧ください。
    展覧会詳細 エジプト考古学博物館所蔵 ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~ 詳細情報
    展覧会ランキング
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと6日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと26日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと69日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと27日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと27日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    発掘された日本列島2020
    IM レポート
    IM レポート
    読者 レポート
    あべのハルカス美術館 | 大阪府
    ムーミン展 THE ART AND THE STORY
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県