学芸員が選ぶ おすすめミュージアム

    第14回 山内宏泰(リアス・アーク美術館 館長・学芸員)

    山内宏泰(リアス・アーク美術館 館長・学芸員)

    宮城県気仙沼市に所在するリアス・アーク美術館は1994年の開館時より、美術館でありながら気仙沼とその周辺地域の歴史、民俗、生活文化資料を常設展示する変則的な施設です。東北・北海道を研究対象エリアとし、約20年間、東北北海道在住若手作家紹介シリーズ「N.E.blood 21」展を継続開催しています。また本年度で第7回目の公募となる「東北北海道の風景」公募展は隔年で開催しており、優秀な作品を館のコレクションとしています。

    2011年に発生した東日本大震災では約1年半の休館、部分開館を経て2013年4月より「東日本大震災の記録と津波の災害史」常設展示を新設公開するとともに全事業を再開、現在に至ります。

    1994年に同館の教育普及担当学芸員となった私は、その後展覧会企画事業、常設展示管理運営など、完全体の学芸業務を総括する立場となり、令和3年度からは館長に就任し、現在は館長職を執りつつ学芸員としての業務もこれまで同様に行っています。


    リアス・アーク美術館 企画展:2022.4.9~5.15食と地域の暮らし展Vol.7「水揚げから食卓まで」会場の様子
    リアス・アーク美術館 企画展:2022.4.9~5.15食と地域の暮らし展Vol.7「水揚げから食卓まで」会場の様子




    私のおすすめミュージアム

    苫小牧市美術博物館

    道央地方に位置する苫小牧市は道内でも比較的温和な地域です。1963年の苫小牧港開港以来、同市は北海道を代表する港湾都市として発展してきました。また樽前山のふもとに広がる豊かな山林と豊富な水に恵まれた同地域では明治末期から製紙業が盛んに行われており、目の前の海からは漁獲量日本一を誇るホッキ貝が漁獲されるなど、資源豊かな地域です。

    苫小牧市美術博物館の前身である「苫小牧市博物館」は郷土の自然や考古、歴史、アイヌ文化などに関する資料を収集・保存、展示する博物館として1985年に開館しました。美術部門の設置は2013年のことで、これを機に同館は館名を「苫小牧市美術博物館」とし、美術・人文・自然史部門を備えた総合博物館として各種事業を展開しています。

    昨今、博物館は専門分野独立型の施設が主流であり、一地域を俯瞰できる総合博物館は貴重です。同館では地域の歴史・文化を学術的に紹介するとともに、同地域の総称である「日胆(にったん)」ゆかりの若手現代作家や同地に着想を得た美術作品を紹介するシリーズ企画「NITTAN ART FILE」を継続開催するなど、過去と現在の文化的交差点として非常に興味深い美術館活動を行っています。


    苫小牧市美術博物館 外観
    苫小牧市美術博物館 外観

    苫小牧市美術博物館 企画展「NITTAN ART FILE 4:土地の記憶~結晶化する表彰」(2022年)是恒さくら作品展示風景(撮影=佐藤祐治)
    苫小牧市美術博物館 企画展「NITTAN ART FILE 4:土地の記憶~結晶化する表彰」(2022年)是恒さくら作品展示風景(撮影=佐藤祐治)


    [ 第13回 ] 鎌倉市鏑木清方記念美術館
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    【急募】ながのこども館ながノビ! オープニングスタッフ募集 [ながのこども館 ながノビ!]
    長野県
    石川県教育委員会事務局職員(近世史料編さん専門職員)募集(R7.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所など]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと75日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと63日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと63日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    東京都 | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと102日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)