《玉兎》

この作品の応援メッセージを見る

三春張子人形《玉兎》(たまうさぎ) 

三春町歴史民俗資料館


三春張子人形の里、高柴デコ屋敷(江戸時代は三春藩領でしたが、現在は郡山市です)で、長年作られ続けてきた人形で、うさぎが草むらの中でちんまりと丸まっているような姿から、玉兎と呼ばれています。派手な模様は、菊や牡丹の花を表すと言われています。丸い目に丸い尻尾が愛らしく、昔から人気があります。本資料は、昭和30年代に作られたものと思われます。白いものは、胡粉だけを塗った絵付け前のもの、向って右手の着色されているものが完成品です。作者不明です。


担当者からのコメント

こんなに愛らしい張り子の動物はなかなかいないのでは、と思います。

親ばかですみません。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
愛知県
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
福岡市職員【文化学芸職】(資料保存)募集! [福岡市博物館]
福岡県
福岡市職員〈文化学芸職〉【古文書】採用選考ご案内のご案内 [福岡市総合図書館]
福岡県
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと77日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催中[あと65日]
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
3
国立新美術館 | 東京都
CLAMP展
開催中[あと65日]
2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
4
日本科学未来館 | 東京都
刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
開催中[あと86日]
2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
5
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
もうすぐ終了[あと8日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)