《鶏図》

このキャラの応援メッセージを見る

《牡丹に鶏》伊澤文谷

伊那市立高遠町歴史博物館

伊澤文谷(いさわぶんこく、生没年1818~1878年)
高遠藩士で画家。通称、勝三郎。文谷は号。高遠城下に生まれる。若い頃、佐藤薫谷(高遠藩士)の門で画を学び山水風物を得意とする。藩の祐筆ともなる。学問好きで、武よりもむしろ詩文や絵を好んだという。長男・修二は教育家・教育学者、四男・多喜男は政治家として知られる(『高遠町誌』人物篇、他)。
紅白の牡丹とひと番いの鶏(チャボ)を描いた図。《花鳥之図》と称する双幅の一つ(《鶴に日の出》の対)。
大小二本程の牡丹の木が画面下部から上部へと流れるように描かれた逆S字型の構図である。牡丹の花は白が六つで赤が二つ。画面中央の隆々とした幹の上には雄鶏がとまり、地面には雌鶏が佇んでいる。雄鶏は「赤笹」と称する羽色のチャボに見える。雄鶏の頭部と牡丹の赤が鮮やかで、白い牡丹とのコントラストが美しい。
本作品は正月に飾ったものと伝えられるが、画面下部から上部へと描かれた牡丹からは生命力の流れが、番いの鶏からは子孫繁栄への願いが感じられる。掛軸の箱に「伊澤文谷写」とあり、写生したものか。
紙本彩色。本紙の寸法は縦1305×横588ミリ。当館資料番号396番。

担当者からのコメント:高遠町歴史博物館では本作品も含め、伊澤文谷の絵を11点程所蔵しております。文谷にはおめでたい題材を描いた図や俳画が多いようです。
※なお、本作品は現在展示しておりません。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。

干支 コレクション アワード

展覧会ランキング
1
福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
開催中[あと26日]
2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
2
三井記念美術館 | 東京都
特別展 小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
開催中[あと47日]
2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
3
茨城県近代美術館 | 茨城県
ムーミン コミックス展
もうすぐ終了[あと12日]
2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
4
三菱一号館美術館 | 東京都
テート美術館所蔵 コンスタブル展
開催中[あと89日]
2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
5
東京都美術館 | 東京都
没後70年 吉田博展
開催中[あと26日]
2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 スタッフ募集 [海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館]
広島県
小金井市立はけの森美術館学芸員(会計年度任用職員)募集 [小金井市立はけの森美術館]
東京都
高岡市立博物館 契約職員(学芸補助)募集 [高岡市立博物館]
富山県
高知県立牧野植物園 展示担当職員の募集 [高知県立牧野植物園]
高知県
京都産業大学神山天文台 嘱託事務職員募集 [京都産業大学 神山天文台]
京都府

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード