《鶏の土人形》

この作品の応援メッセージを見る

《鶏の土人形》

中野区立歴史民俗資料館

名古屋土人形という郷土玩具です。創始者は明治初年に熱田神宮祭祀用土器の窯場である御器所(ごきそ)にいた伊藤友松といい、士族の野田重成が明治15,6年ごろに伏見人形の技法を習い覚え自分のアイデアを加えて家業としました。名古屋で土人形を制作したのは十数軒ありましたが、唯一戦後まで作り続けたのは重成の息子・野田末吉という人物です。節句物、歌舞伎物、天神、花魁(おいらん)、鳩笛、豆人形など種々の土人形をつくり、その種類の多さは全国一といわれました。野田末吉さんは平成元年に他界されため、名古屋土人形は今では作られなくなってしまい、貴重な郷土玩具のひとつといえます。この鶏一家(?)も野田末吉さんの手によるものと考えられます。

担当者からのコメント:6羽一括なので「鶏ファミリー」と見立ててみました。
後列中央:黒目が上向きなすっとぼけた表情の父親。ふだんは妻の尻に敷かれているタイプか。
後列左:覇気はないがおっとりした性格の長男。鳴き声もおそらく優しめ。
後列右:夢見るお嬢様風の長女。のんびりしたマイペースだが意外と頑固。
前列左:一番鳴き声も気性も猛々しいしっかりものの母親。おきまりの台詞は「私についていらっしゃい!」
前列右:独立心旺盛な次女。男の子っぽい振る舞い(羽ばたき?)も多いが、尾羽や胸元をピンク色に染めてみるおしゃれにも敏感なお年頃。
前列中央:きかん気でいたずらな末っ子。いつも何かをしてやろう、見てやろうという好奇心のかたまり。将来は大物に大化けするような何か漂わせる。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
大阪府
東京国立近代美術館企画課 研究補佐員(企画展)公募 [東京国立近代美術館 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
東京都
清水三年坂美術館 学芸員募集 [清水三年坂美術館]
京都府
奥州市牛の博物館 学芸調査員(会計年度任用職員) [奥州市牛の博物館]
岩手県
独立行政法人国立美術館東京国立近代美術館 企画課特定研究員(企画情報発信室)公募  [東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都美術館 | 東京都
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催中[あと41日]
2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
2
MOA美術館 | 静岡県
ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
開催まであと131日
2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
3
パナソニック汐留美術館 | 東京都
フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
もうすぐ終了[あと13日]
2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
4
名古屋市美術館 | 愛知県
ガウディとサグラダ・ファミリア展
もうすぐ終了[あと13日]
2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
5
国立国際美術館 | 大阪府
特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」
開催中[あと70日]
2024年2月6日(火)〜5月6日(月)