《双鶏》

このキャラの応援メッセージを見る

《双鶏》川村清雄 明治末年頃

奈良県立美術館

板地に白と黒の雌雄の鶏を流麗な筆致で描いています。
油彩画の持つ写実性や質感を生かしながらも、日本画の主題や素材を採用して、季節感や情感漂う雅趣豊かな作品となっています。
作者の川村清雄(1852~1934)は、幕末開成所画学局で西洋画法を学び、明治5年に官費留学生として渡米。その後イタリアへ渡り、高度な油彩技法を身につけました。
帰国後は明治美術会創立などに参加し、明治後半期以降、紙や板、絹などの日本画で用いられる基底材に油絵の具を用いて日本の歴史や風物などを描きました。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
【アルバイト募集】株式会社ブレーントラストではアルバイトを募集しています。 [東京都港区白金4-7-19]
東京都
【正社員募集】株式会社ブレーントラストでは、ただいま美術展組織および一般事務にかかわる正社員を募集しています。 [東京都港区白金4-7-19]
東京都
杉並区立郷土博物館 学芸員募集中! [杉並区立郷土博物館]
東京都
【セゾン現代美術館】アートショップ店長候補募集! [セゾンアートショップ (横浜・みなとみらい)]
神奈川県
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと113日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと64日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
3
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
もうすぐ終了[あと8日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
4
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと15日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
5
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと1日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)