《能面「白露」の面衣》 

このキャラの応援メッセージを見る

《能面「白露」の面衣》 

もりおか歴史文化館


-兎の毛皮に守られて。
4代盛岡藩主 南部重信が自ら作ったものとして代々大切にされてきた能面「白露」。9代盛岡藩主 南部利雄の代に制作された「御能面目録」(1753年)には、この能面「白露」の面衣(能面を保護する緩衝材)に関する記述もあり、そこには「花色地・柘榴モヤウ金入・内兎ノ毛」と、内側に兎毛が使われていたことが記されています。幸い能面「白露」は、面衣や面袋とともに現存しており、これが「兎ノ毛」の面衣であると考えられます。


担当者からのコメント

もりおか歴史文化館に収蔵されている能面の中で、面衣まで残っているのは能面「白露」のみです。作られた当初から面衣があったかは分かりませんが、宝暦3年(1753)に制作された「御能面目録」に記されている形状と現存しているものは一致しています。少なくともこの時代から「兎」の毛を用いた面衣によって能面「白露」は守られていたものと考えられ、非常に大切にされていた様子がうかがえます。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)