《青花黄彩 雲龍文 盤》

この作品の応援メッセージを見る

《青花黄彩 雲龍文 盤》 中国・景徳鎮窯 清時代康熙年間(1662~1722) 口径25.2㎝ 戸栗美術館所蔵

戸栗美術館


中国・景徳鎮官窯製の盤。見込に1匹、内外側面に2匹ずつ、雲間に火焔宝珠を追う龍を描いています。青花で地文様を描いて焼成し、さらに白く残しておいた部分に黄彩を加えて再び焼成することで、黄色の龍が一層映える作品です。


担当者からのコメント

龍は鱗蟲の長であり、 四霊に数えられる霊獣。雲を起こして雨を呼ぶとされ、威厳のある形姿も相俟って吉祥とされています。中国では爪の数によって龍のランクが定められていました。本作に登場する龍は皇帝専用の五爪二角をもつ最高位の龍です。威厳のある表情もさることながら、皇帝の色とされた黄色を使用する格調高い逸品です。
新年には、『花鳥風月-古伊万里の文様-』(2024年1月7日(日)~3月21日(木))と同時開催の『干支セレクション 龍』にて本作をはじめ、戸栗美術館収蔵の龍文様の優品を多数出展いたします。是非、ご覧ください。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
愛知県
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
東京都
国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
東京都
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと83日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催中[あと71日]
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
3
国立新美術館 | 東京都
CLAMP展
開催中[あと71日]
2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
4
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
もうすぐ終了[あと14日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
5
お札と切手の博物館 | 東京都
お札を創る工芸官の伝統技
もうすぐ終了[あと1日]
2024年6月11日(火)〜7月15日(月)