【特別展】水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―

    特集展示:日本画に描かれた源平の世界

    山種美術館 | 東京都

    2022年夏、山種美術館では水をテーマとした涼やかな展覧会を開催いたします。 四方を海に囲まれ、湿潤な気候で降水量の多い日本では、水は身近な存在であり、古来、名所絵や山水画、物語絵など、さまざまな主題の中で描かれてきました。近代以降の日本画においても、海や湖、川や滝を題材とした風景画から、水辺の場面を描く歴史画まで、水が主要なモティーフとなった作品は時代やジャンルを問わず幅広く見いだせます。 本展では、海辺を舞台とし江戸時代に描かれた《源平合戦図》から、《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》など雨を描いた名作で知られる歌川広重(1797-1858)の名所絵、高価な岩絵具・群青をふんだんに使って海を表現する川端龍子(1885-1966)の《黒潮》、画家の代名詞にもなっている千住博(1958- )の「滝」シリーズまで、水を印象的に描きだした優品の数々を展示いたします。 暑さ厳しき折、涼感にあふれた美術館の展示室で、日本の画家たちが描き出すさまざまな水のかたちをお楽しみいただき、涼しさとともに、水の恵みと自然の豊かさを感じていただける展覧会です。 [特集展示]日本画に描かれた源平の世界 昨今、大河ドラマやアニメで注目を集めている源平の物語は、日本画でもたびたび取り上げられ、小林古径(1883-1957)や前田青邨(1885-1977)をはじめ、歴史画を得意とする画家たちを中心に描き継がれてきました。 そのなかでは、宇治川や瀬戸内海など、水辺を舞台とした場面が数多く絵画化されています。これらの作品を「水のかたち」展で取り上げるとともに、源義経と藤原秀衡を描く安田靫彦(1884-1978)《平泉の義経》、平清盛の娘・徳子(建礼門院)を描く今村紫紅(1880-1916)《大原の奥》など、源平のヒーロー、ヒロインを題材とした作品をあわせて展示いたします。 ※会期中、一部展示替えあり。  前期7/9(土)~8/14(日)、後期8/16(火)~9/25(日)
    会期
    2022年7月9日(土)〜9月25日(日)
    開催中[あと47日]
    開館時間
    10:00~17:00(入館16:30まで)
    ※今後の状況により会期・開館時間等は変更になることもあります。
    料金
    一般1300円、中学生以下無料(付添者の同伴が必要です)
    ※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)一般 1100円

    [夏の学割] 大学生・高校生500円
    ※本展に限り、特別に入館料が通常1000円のところ半額になります。
    ※きもの特典:きものでご来館された方は、一般200円引きの料金となります。
    ※複数の割引・特典の併用はできません。
    休館日 毎週月曜日(9/19(月)は開館、9/20(火)は休館)
    公式サイト https://www.yamatane-museum.jp/
    会場
    山種美術館
    住所
    〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    【特別展】水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―のご招待券プレゼント
    会期
    2022年7月9日(土)〜9月25日(日)
    所在地
    東京都渋谷区広尾3-12-36
    TEL
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    締切
    2022年8月12日(金)
    山種美術館 | 東京都
    【特別展】水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―
    2022年7月9日(土)〜9月25日(日)
    締切:2022年8月12日(金)
    【特別展】水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―のレポート
    6
    清涼感あふれる“水”をテーマにした絵画に囲まれながら、美術館で納涼!
    千住博の「滝」シリーズや16年ぶりの公開、石田武《鳴門海峡》を堪能
    大河ドラマやアニメでも注目。源平の物語をテーマにした作品を特集
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    東広島市立美術館 学芸員募集中! [東広島市立美術館]
    広島県
    川口市立科学館 サイエンスコミュニケーター急募!【契約社員】 [川口市立科学館]
    埼玉県
    契約職員募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [財団事務局、静岡市民文化会館、静岡音楽館、静岡科学館、静岡市美術館、静岡市歴史博物館、静岡市生涯学習センター各施設等]
    静岡県
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催中[あと19日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと47日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと26日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    4
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと26日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと33日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)