ほとけのドレスコード

    佛教大学宗教文化ミュージアム | 京都府

    如来が着装する袈裟には、両肩を覆う「通肩」、左肩のみを覆って右肩を露わにする「偏袒右肩」などの着法が知られる。さらに仏尊/仏像を広く見わたせば、衣の種類や着法は実にヴァリエーションに富んでいる。しかしながら、どのような「衣」を着けているのか、どのように「衣」を纏っているのか、何枚の「衣」を重ねているのか、明瞭に判別し難いことも多い。 それは、例えばインナーにあたる衣が彫刻や絵画では見えない(見えにくい/造形されない)ことに一因するだろう。また、同種の尊格であっても、図像的に定められた服制がある一方、TPOに応じて装いを変えることがある。 煌びやかに彩られた衣、美しいドレープ、優雅ともいうべき着こなしなど、表現上の個性が重なり、仏像を拝観する際には見どころのひとつともなる。 そのような思想的な意義と表現上の魅力を複眼的に捉えながら、「ほとけのドレスコード」を読み解き、宗教文化に親しむための展覧会。は、いかが?
    会期
    2022年10月29日(土)〜12月10日(土)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:30
    料金
    無料
    休館日 月曜日
    観覧時間の目安 ~60分
    公式サイト https://www.bukkyo-u.ac.jp/news/museum/20220928-25410.html
    会場
    佛教大学宗教文化ミュージアム
    住所
    〒616-8306 京都府京都市右京区嵯峨広沢西裏町5-26
    075-873-3115
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
    岐阜県
    【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
    東京都
    プラネタリウム解説員募集(堺市教育文化センター ソフィア・堺) [堺市教育文化センターソフィア・堺]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと121日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    開催中[あと16日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと72日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと9日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと23日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)