虫めづる日本の人々

    サントリー美術館 | 東京都

    虫は古くから、和歌、物語、美術作品に登場し、季節の移り変わりや、人の心情を表わすものとして大事な役割を果たしています。また、中国から伝来し日本で珍重された草虫図の中にも、多くの虫たちが描かれています。特に江戸時代には、博物学などの様々な影響を受け、多彩な草虫図が生み出されました。本展では大勢の人々が虫に親しんだ江戸時代を中心に、古くから育まれ現代へと受け継がれた日本の虫めづる文化をご紹介いたします。 (公式サイトより)
    会期
    2023年7月22日(土)〜9月18日(月)
    会期終了
    開館時間
    10時~18時
    ※金・土および8月10日(木)、9月17日(日)は20時まで開館 ※いずれも入館は閉館の30分前まで
    料金
    当日券:一般1,500円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
    休館日 火曜日(ただし9月12日は18時まで開館)
    会場
    サントリー美術館
    住所
    〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4  東京ミッドタウン ガレリア3F
    03-3479-8600
    評価
    虫めづる日本の人々のレポート
    3
    草木花鳥と同様に、日本美術において大切にされてきたモチーフのひとつ
    蛍や鈴虫、蝶や蜘蛛など。江戸時代を中心に人々に愛された「虫」を紹介
    生み出されている新たな表現。現代にも受け継がれている「虫めづる精神」
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    青森県立美術館では学芸員を募集しています。 [青森県立美術館]
    青森県
    府中市郷土の森博物館 アルバイト募集中!(プラネタリウム・天体観望会等の運営補助) [府中市郷土の森博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    もうすぐ終了[あと3日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと114日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    4
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    超・日本刀入門 revive
    開催まであと9日
    2024年6月22日(土)〜8月25日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと45日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)