桑原甲子雄の写真 トーキョー・スケッチ60年

    世田谷美術館 | 東京都

    わが国の写真史に、忘れがたい足跡を残した桑原甲子雄(1913-2007)。戦前期、生まれ育った東京の下町をアマチュア写真家として撮り歩いた桑原は、戦後になると『カメラ』、『サンケイカメラ』、『写真批評』などの編集長を歴任し、活躍しました。1960年代半ば以降は再び撮影に力を注ぎ、また戦前の作品を再評価され、1973年、還暦で初個展を開催します。以後、『東京昭和十一年』、『東京長日』など、新旧の作品による写真集の出版や展覧会が相次ぎ、桑原は写真家として改めて脚光を浴びました。  「ごく私的な記念写真」と自ら語ったとおり、彼の写真はいわば日々のメモやスケッチでした。そこには、移りゆく時代と街の空気もさりげなく写し込まれています。二・二六事件発生の1930年代半ばから、バブル景気に沸く1990年代初頭まで―桑原の写真はこの間の東京の変貌を伝えつつも、不思議に変わらぬみずみずしさを湛え、現在も見る者を惹きつけてやみません。 当館では、1993年の「ラヴ・ユー・トーキョー 桑原甲子雄・荒木経惟写真展」開催を機に、桑原の作品を数多く収集してきました。本展は、その豊富なコレクションからモノクロおよびカラープリント約200点を紹介する回顧展です。約60年にわたる歩みの全貌を把握するために、東京を見つめ直すきっかけを得たパリ滞在時の作品にも注目するほか、他所蔵機関のご協力により、戦中期の満州での作品、コンタクトプリントを貼ったスクラップブックなどの貴重な資料もあわせて展示します。東京を中心に据えながら、満州やパリを含めた桑原の仕事全体を見渡すのは、本展が初めてとなります。
    会期
    2014年4月19日(土)〜6月8日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(入場は閉館30分前まで)
    料金
    一般1000(800)円、65歳以上800(600)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円 
    *( )内は20名以上の団体料金
    *障害者の方は500円(介助の方1名までは無料)、大高中小生の障害者の方は無料
    休館日 月曜日休館 ただし5月5日は(月祝)は開館し、5月7日(水)は休館
    公式サイト http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
    会場
    世田谷美術館
    住所
    〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
    03-5777-8600(ハローダイヤル)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    科学館・館外イベント運営担当者募集!(大阪市西区の科学館) [大阪市西区の科学館]
    大阪府
    広島県教育委員会職員(学芸員)採用選考試験 [歴史民俗資料館,歴史博物館等]
    広島県
    国立工芸館任期付研究員(教育普及担当) 公募 [国立工芸館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと41日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと13日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと20日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと20日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと27日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)