インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る
pickup museum

静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る

多くの人で賑わう3階の「こどもバザール」。こどもたちが働いて、タウンマネーのお給料をもらいます
ハローワークで仕事を探し、働いてお給料をもらい、もらったお金はまちで使ったり、銀行に預けたり…。一般的な社会のようですが、この「まち」の主役はこどもたち。楽しみながら経済の仕組みを体感できるのが「静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る」です。
明るい入り口は「市役所」。ここで市民登録して「お仕事ノート」をもらいます
仕事探しはハローワークで。となりは銀行です
お菓子屋さんで売っているのは、紙粘土で作ったスイーツ
仕事の後は、売り上げの集計
未就学児が遊べる「ひだまりパーク」
しごと・ものづくり体験は4階で。デジタル工房ではコマ撮りアニメづくりなどに挑戦
小さなまちで動く経済

2013年1月にオープンしたま・あ・る。JR清水駅西口のすぐ前、高層ビルの3~4階にあります。

施設の3階にあるのが、冒頭でご紹介したこどものまち「こどもバザール」です。こどもに職業を体験させる取り組みはよく見られますが、まち全体の運営までこどもたちが主体で行うのは、珍しい試みです。

ここで楽しむには、まず「市役所」で市民登録して「お仕事ノート」をもらうことから。まちには文房具店、名刺屋、お菓子屋など多くの店があり、ハローワークで仕事を探します。商品を作ったり、売り場に立ったりと、仕事の内容はさまざま。仕事を教えてくれる店長も、もちろんこどもです。仕事をしたら、店長がお仕事ノートにチェック。これを銀行に持っていくと、お給料(タウンマネー)が支払われ、そのお金で店で売っている商品などを買うことができる、という流れです。

仕事を探す、働く、お給料をもらう、お金を使う。小さなまちですが、ここには経済の流れが集約されているのです。

何でも自分たちで

こどもバザールの運営は、基本的にこどもが主体。館のスタッフやボラティアの大人もいますが、あくまでもサポート役に徹しています。

現在出ている店は、開館前に集められたこどもたち「開館準備リーダーズ」が、自分たちでどんな店を作ればいいか、話し合って決めたものです。中には商品やサービスに人気が無く、経営が行き詰まる店も出ていますが「そういう経験が踏めるのも、この施設ならではと思っています」と話す、中川孝浩館長。何が良くなかったのか、どういう店なら支持されるのか。こどもたちなりに考えて欲しい、という狙いです。

当のこどもたちは、実にアグレッシブです。店のキャラクターを決めたり、割引券やタイムセールで商品をアピールしたりと、自分たちの提案を次々に実践していきます。結果が‘売り上げ’という目に見えるかたちになることもあって、自ら進んで場に関わっていこうとする姿は頼もしく思えます。

'ま'なび、'あ'そび、つく'る'

また4階には「こどもファクトリー」があり、しごとやものづくり体験が可能。ここには「デジタル工房」「わくわくアトリエ」「クッキングスタジオ」「なんでもホール」を備え、土・日・祝日を中心に工作、お菓子作り、講演など、さまざまなプログラムを開催しています。地元企業や商店街、大学や地域のプロの方々と連携したプログラムは、すぐに予約が埋まってしまうものもあるそうです。

ちなみに、印象的な名前の「ま・あ・る」は、「こどもが'ま'なび、'あ'そび、つく'る'まち」から。18歳未満は無料で楽しめるのも、魅力のひとつとして特筆しておきたいと思います。(取材:2013年2月11日 写真・文:インターネットミュージアム)

仕事ごっこやものづくり体験で、こどもたちは自主的に楽しんでいます。
大きくなって仕事に就く時に、『昔‘ま・あ・る’で仕事を探したことがあったよね』と思い出してくれれば嬉しいですね

静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るの
中川孝浩 館長

こどもたち自身がつくるまち「こどもバザール」

地元企業(IAI)の協力によるサッカーロボット体験
自分たちでつくった商品

中川館長からのメッセージ

館名静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る
所在地 静岡県静岡市清水区辻1-2-1 えじりあ3・4階(受付3階)
TEL : 054-367-4320
HP : http://maaru-ct.jp/
開館時間9:30~17:30(最終入館は閉館30分前まで)
入館料こども 無料[市民登録をして、市民証を発行します]/おとな(18歳以上) 300円/年間パスポート 1,500円
休館日水曜日(夏休みを除く)、年末年始

取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社