インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る
pickup museum

静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る

多くの人で賑わう3階の「こどもバザール」。こどもたちが働いて、タウンマネーのお給料をもらいます
ハローワークで仕事を探し、働いてお給料をもらい、もらったお金はまちで使ったり、銀行に預けたり…。一般的な社会のようですが、この「まち」の主役はこどもたち。楽しみながら経済の仕組みを体感できるのが「静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る」です。
明るい入り口は「市役所」。ここで市民登録して「お仕事ノート」をもらいます
仕事探しはハローワークで。となりは銀行です
お菓子屋さんで売っているのは、紙粘土で作ったスイーツ
仕事の後は、売り上げの集計
未就学児が遊べる「ひだまりパーク」
しごと・ものづくり体験は4階で。デジタル工房ではコマ撮りアニメづくりなどに挑戦
小さなまちで動く経済

2013年1月にオープンしたま・あ・る。JR清水駅西口のすぐ前、高層ビルの3~4階にあります。

施設の3階にあるのが、冒頭でご紹介したこどものまち「こどもバザール」です。こどもに職業を体験させる取り組みはよく見られますが、まち全体の運営までこどもたちが主体で行うのは、珍しい試みです。

ここで楽しむには、まず「市役所」で市民登録して「お仕事ノート」をもらうことから。まちには文房具店、名刺屋、お菓子屋など多くの店があり、ハローワークで仕事を探します。商品を作ったり、売り場に立ったりと、仕事の内容はさまざま。仕事を教えてくれる店長も、もちろんこどもです。仕事をしたら、店長がお仕事ノートにチェック。これを銀行に持っていくと、お給料(タウンマネー)が支払われ、そのお金で店で売っている商品などを買うことができる、という流れです。

仕事を探す、働く、お給料をもらう、お金を使う。小さなまちですが、ここには経済の流れが集約されているのです。

何でも自分たちで

こどもバザールの運営は、基本的にこどもが主体。館のスタッフやボラティアの大人もいますが、あくまでもサポート役に徹しています。

現在出ている店は、開館前に集められたこどもたち「開館準備リーダーズ」が、自分たちでどんな店を作ればいいか、話し合って決めたものです。中には商品やサービスに人気が無く、経営が行き詰まる店も出ていますが「そういう経験が踏めるのも、この施設ならではと思っています」と話す、中川孝浩館長。何が良くなかったのか、どういう店なら支持されるのか。こどもたちなりに考えて欲しい、という狙いです。

当のこどもたちは、実にアグレッシブです。店のキャラクターを決めたり、割引券やタイムセールで商品をアピールしたりと、自分たちの提案を次々に実践していきます。結果が‘売り上げ’という目に見えるかたちになることもあって、自ら進んで場に関わっていこうとする姿は頼もしく思えます。

'ま'なび、'あ'そび、つく'る'

また4階には「こどもファクトリー」があり、しごとやものづくり体験が可能。ここには「デジタル工房」「わくわくアトリエ」「クッキングスタジオ」「なんでもホール」を備え、土・日・祝日を中心に工作、お菓子作り、講演など、さまざまなプログラムを開催しています。地元企業や商店街、大学や地域のプロの方々と連携したプログラムは、すぐに予約が埋まってしまうものもあるそうです。

ちなみに、印象的な名前の「ま・あ・る」は、「こどもが'ま'なび、'あ'そび、つく'る'まち」から。18歳未満は無料で楽しめるのも、魅力のひとつとして特筆しておきたいと思います。(取材:2013年2月11日 写真・文:インターネットミュージアム)

仕事ごっこやものづくり体験で、こどもたちは自主的に楽しんでいます。
大きくなって仕事に就く時に、『昔‘ま・あ・る’で仕事を探したことがあったよね』と思い出してくれれば嬉しいですね

静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・るの
中川孝浩 館長

こどもたち自身がつくるまち「こどもバザール」

地元企業(IAI)の協力によるサッカーロボット体験
自分たちでつくった商品

中川館長からのメッセージ

館名静岡市こどもクリエイティブタウン ま・あ・る
所在地 静岡県静岡市清水区辻1-2-1 えじりあ3・4階(受付3階)
TEL : 054-367-4320
HP : http://maaru-ct.jp/
開館時間9:30~17:30(最終入館は閉館30分前まで)
入館料こども 無料[市民登録をして、市民証を発行します]/おとな(18歳以上) 300円/年間パスポート 1,500円
休館日水曜日(夏休みを除く)、年末年始

インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
日本画「青・蒼・碧」展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ゴッホ展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社