インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  リニア・鉄道館
企業のmuseum

リニア・鉄道館

外光が降り注ぐ明るい車両展示エリア。在来線と新幹線をV字にレイアウトしています
pickup museum第3弾は「企業のmuseum」。今回は2011年3月にオープンした東海旅客鉄道株式会社の「リニア・鉄道館」をご紹介します。東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでを展示。「高速鉄道技術の進歩」を実感できるミュージアムです。
シンボル展示は世界最速を記録した3両。左から、C62形式 蒸気機関車は129km/h、955形式 新幹線試験電車(300X)は443km/h、超電導リニア MLX01-1は581km/hを達成
日本最大級の鉄道ジオラマ。“鉄道の24時間”を20分間の演出で表現、多彩なフィギュアには隠れキャラも多数
鉄道は中に入って楽しめるものが多数。こちらは復元された木製車体の「モハ1形式電車」
収蔵車両エリア。イベント時にツアーガイドで車両を案内することも
収蔵展示室で始まった、浜松工場の開設100周年を記念した展示
ミュージアムショップで人気のリニア・鉄道館限定グッズたち。一番人気は約50cmの「リニア ロングバームクーヘン」(750円)
高い満足度の秘密

JR名古屋駅からあおなみ線で24分。車内からも目に入る銀色の大きな建物が、リニア・鉄道館です。

明るいエントランスホールを進むと、最初は照明を落とした「シンボル展示」。世界最速を記録した高速鉄道3両がドラマチックに浮かび上がります。その先は、一転して自然光が入る明るい大空間に、実物車両がずらり。思わず歓声をあげるお客様も多いそうです。

「その反応を、狙っていたのです」と笑顔を見せるのは、リニア・鉄道館の天野満宏副館長。「一度に全車両を見せるのではなく、空間をあえて2つに分けました。鉄道で感動してもらうために、何度も検討を重ねた結果です」。

車両をV字にレイアウトしているのは、スピード感を表現するとともに、横からも先頭車両の形の違いがひと目で分かるように。大きな鉄道をバックにした記念撮影のために、車両と空間のバランスも計算しました。

「鉄道の雄姿」と「鉄道の横顔」を魅力的に見せるために細部までこだわった結果は、来館者アンケートで「満足」が約8割強という数字にも表れています。

想いは世代を超えて

ホーム上で見るのと違い、レールの高さから至近距離で見る車両は圧倒的な大きさです。車両に触ったり乗ったりすることで、冬になると鉄の車体の冷たさに驚いたり、復元された木製の車体からは木の匂いが漂ってきたりと、五感で鉄道を楽しめるのも魅力のひとつです。

年齢層はファミリー層が多く、3世代での来館も目立ちます。

祖父母の世代なら、高度成長期の新幹線開業。新幹線で修学旅行に行った親世代。新幹線の玩具は子どもに大人気です。「話題の中心には、青と白の車体。世代を超えて話の輪が広がっていくのは、鉄道ならではと言えるでしょう」(天野副館長)。

何度でも楽しめる施設に

見どころが多いリニア・鉄道館は、お客様の平均滞在時間が3時間を超えていますが、それでも見切れないのか、再来館を望む声も8割近くにのぼります。天野副館長は「これからも何度でも楽しんでもらえるようにすることに力を入れたいと思います」と言います。

イベント広場ではミニコンサートを開いたり、普段は入れない収蔵車両エリアの車内をガイドツアーで案内したりと、定期的にイベントを開催。収蔵展示室では浜松工場の開設100周年を記念した展示も、10月31日から始まりました(2013年2月11日まで)。これからのリニア・鉄道館にも注目が集まります。(取材:2012年11月1日 写真・文:インターネットミュージアム)

「当社固有の先端技術である超電導リニア。高速鉄道を中心とした施設は世界でも例が無く、海外からも多くのお客様が来館されています。もちろん館内での解説は日英併記、音声ガイドは8カ国語対応です」
リニア・鉄道館の
天野満宏副館長

広々とした館内。39両の実物車両を展示しています

鉄道ジオラマは凝った演出も話題。こちらは火災のシーンです
人気の新幹線シミュレータ「N700」

リニア・鉄道館の天野副館長からのメッセージ

館名リニア・鉄道館
所在地 愛知県名古屋市港区金城ふ頭3-2-2
TEL : 050-3772-3910(JR東海)
HP : http://museum.jr-central.co.jp/
開館時間10:00~17:30(最終入館は閉館30分前まで)
入館料大人 1,000円/小中高生 500円/幼児(3歳以上未就学児) 200円
シミュレータご利用料新幹線シミュレータ「N700」 1回 500円/在来線シミュレータ「運転」 1回 100円/在来線シミュレータ「車掌」 1回 500円/いずれも抽選制 ※15:15までの入館者対象
休館日毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
※春休み、ゴールデンウィーク、夏休み等は火曜日も開館します。
※開館日は公式サイトの開館カレンダーにてご確認ください。なお、天候等の理由により臨時休館する場合があります。

取材レポート
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 生誕90周年記念 手塚治虫展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社