インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  漫画家・浅野いにお、初の大規模展が開催 ── サンシャインシティ

ニュース

漫画家・浅野いにお、初の大規模展が開催 ── サンシャインシティ
(掲載日時:2018年12月20日)
漫画家・浅野いにお、初の大規模展が開催 ── サンシャインシティ

2018年12月20日(木)、東京・豊島区のサンシャインシティで、漫画家の浅野いにおさんの画業20周年を記念した展覧会「浅野いにおの世界展~Ctrl+T2~」のプレス向け内覧会が行われた。

浅野いにおさんは、映画化された「ソラニン」をはじめ、累計発行部数270万部を超える「おやすみプンプン」、週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」の作者。

展覧会は浅野いにおさんの世界を大規模に紹介するもので、「ソラニン」のネームや、これまで生み出した話題作の原画のほか、初めて出版社に持ち込んだ原稿などを初公開。

浅野さんのインタビュー映像や、漫画の中でキャラクターたちが身に着けている洋服なども展示される。

展覧会のキービジュアルは、今回のために今までの全作品から総勢50キャラ以上を浅野さんが描き下ろした。

「Ctrl+T」はフォトショップのショートカットキーで「拡大・縮小」の意味。絵をパソコンに取り込んで編集作業をする浅野さんにとって「Ctrl+T」は一番よく使うショートカットキーであり、2010年に出版された画集は「Ctrl+T」と名付けられている。今回の展覧会は、基本は変わらない続編という意味で「Ctrl+T2」のタイトルとなった。

この日の内覧会では、浅野さんによるライブドローイングも実施。ファンの前で1.2m×1.2mのパネルに少女を描き「池袋のメンヘラ」と命名した。

浅野さんは20周年の漫画家生活について「これからは漫画よりも貯蓄と運用に力を入れたい」と冗談めかしつつも、自身初の大規模展について「新人の時と今とでは、かなり絵の描き方が変わっているのが分かると思う。20年かかって、ようやく理想の絵柄に辿り着いた。漫画家になりたい人にも見てもらえれば」とPRした。

「画業20周年記念企画 浅野いにおの世界展~Ctrl+T2~」は、サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4階 展示ホールAで、2018年12月21日(金)~2019年1月14日(月・祝)に開催。観覧料は一般・大学生以上 1,000円、中高生 800円、小学生以下は無料。


 



取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社