インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  ハイジ、じゃりン子チエ、火垂るの墓、アニメーションの革新者 ── 東京国立近代美術館で「高畑勲展」

ニュース

ハイジ、じゃりン子チエ、火垂るの墓、アニメーションの革新者 ── 東京国立近代美術館で「高畑勲展」
(掲載日時:2019年07月01日)
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」

2019年7月1日(月)、東京・千代田区の東京国立近代美術館で「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」のプレス向け内覧会が開催された。

1960年代から半世紀にわたって日本のアニメーションを牽引したアニメーション映画監督、高畑勲(1935-2018)の歩みを振り返る回顧展。

高畑勲は三重県生まれ、岡山県育ち。東京大学仏文学科卒業後、東映映画(現・東映アニメーション)に入社。

長編初監督となった「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968)で、大人の鑑賞にたえる壮大なスケールの作品を作り、その後もアニメーションにおける新しい表現をつぎつぎに開拓。

70年代には「アルプスの少女ハイジ」(1974)や「赤毛のアン」(1979)などのTV名作シリーズ、80年代には「じゃりン子チエ」(1981)や「火垂るの墓」(1988)などで日本の風土や庶民生活のリアリティーを表現していった。

遺作となった「かぐや姫の物語」(2013)ではデジタル技術を駆使。手描きの線を活かした水彩画風の描法で、従来のセル様式とは一線を画した表現上の革新を達成した。

高畑自身は絵を描かないが、展覧会では高畑の演出術に注目。制作ノートや絵コンテなど、展覧会を準備する過程で見つかった資料も公開しながら、その作品世界の魅力に迫る。

「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」は東京国立近代美術館で、2019年7月2日(火)~10月6日(日)に開催。観覧料は一般 1,500円、大学生 1,100円、高校生 600円。前売りはそれぞれ、200円引で2019年7月1日(月)23:59まで発売。

「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」のチケットはこちらiconicon

 



新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社