インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  イメージの力 ─ 国立民族学博物館コレクションにさぐる

イメージの力 ─ 国立民族学博物館コレクションにさぐる

■美術館と博物館、枠を超えて
【会期終了】 世界最大級の民族学コレクションを誇る大阪の国立民族学博物館と日本最大級の展示スペースを持つ国立新美術館のコラボレーション企画。博物館の「資料」を美術館で「作品」として展示する今までにない試みです。
人々が思い描くイメージは、古今東西で様々な姿となって生み出されます。人とイメージの関係に注目した本展では、時間や地域を横断した、下記4つのセクションで構成されます。

 第1章 見えないもののイメージ
 第2章 イメージの力学
 第3章 イメージとたわむれる
 第4章 イメージの翻訳

会場に入ると、世界中の仮面に迎えられます。約100点の個性あふれる仮面たちに一斉に見つめられ、少しドキッとしてしまいます。


プロローグ、第1章会場風景

目を引く釘だらけの人形は、コンゴのヨンベ族の呪術人形「ミンキシ」。呪術とは言っても医療呪術で、呪医がおなかの穴に薬草を入れ釘を打つことで、薬の効果が発揮されることを願います。呪術で釘だらけの姿は一見恐ろしく感じますが、患者の痛みを癒す沢山の祈りが込められた姿です。


呪術人形「ミンキシ」。小さいサイズですが、錆びついた釘が大量に打ちつけられています。

会場で一際大きな柱は、インドネシアのアスマット族の「ビス」。柱の最上部にいるのが死者で、祖先のいる異界へ送るための葬礼で使用されてきました。天の異界へ死者の魂を送る行為、は古今東西変わりないようです。


ビスは大きなものでは6メートル近くあります。

生み出されたイメージは、海を越え、予想外の形で展開することがあります。ベトナムでお土産として売られているおもちゃのボディには、見慣れたロゴが。元々は、ベトナム戦争終結後、廃品を活用して国連軍向けのお土産品として、作られたものが始まりです。現在でも観光客向けに、手の込んだ工芸品として作られています。


鮮やかなロゴが印象的。見慣れた空き缶の再生に感心します

展覧会のエピローグでは、日常生活で用いられてきた大きな網や熊手、銛などを現代美術のインスタレーションの手法で展示。この企画展の最大の見せ場で、おそらく説明されなければ、インドやコンゴで使われてきた日用品だとは気付けないはずです。

今回展示される作品は、いわゆる「プリミティブアート」「エスニックアート」などの枠組みで紹介されがちですが、既成概念は忘れて、古今東西の人々が生み出し続けるイメージの力を感じてみてください。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2014年2月18日 ]

直感こども美術館 プリミティブアートってなぁに? [大型本]

マリー・セリエ (著), 結城 昌子 (監訳)

西村書店
¥ 2,940

料金一般当日:1,000円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立新美術館
開催期間2014年2月19日(水)~6月9日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.facebook.com/the.power.of.images
展覧会詳細へ イメージの力 ─ 国立民族学博物館コレクションにさぐる 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社