インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  2014年NHK大河ドラマ特別展 軍師官兵衛

2014年NHK大河ドラマ特別展 軍師官兵衛

■恒例の大河展、東京でいよいよ開幕
【会期終了】 今年のNHK大河ドラマは、岡田准一さんによる「軍師官兵衛」。ドラマで描かれる時代の歴史的資料を紹介する恒例の特別展が、江戸東京博物館で開幕しました。
近年は1月~3月頃から始まる事が多かった、NHK大河ドラマ特別展。本年は兵庫会場(兵庫県立歴史博物館)が先行したため東京展は5月からとなり、関東の大河ファンにとってはお待ちかねの開幕となりました。

会場冒頭は「プロローグ」から第一章「播磨に生まれ」。1546(天文15)年、姫路に生まれた黒田官兵衛。織田信長と毛利のどちらに付くか難しい判断を迫られますが、信長の将来性を見込んだ官兵衛は仕えていた小寺政職を説得して岐阜に赴き、信長の配下に入ります。

黒田官兵衛といえば、甲冑ファンにとってはユニークな形の兜も有名。身と蓋からなる容器である合子(ごうす)をモチーフにした官兵衛の赤い兜は、「赤合子」として戦場で敵に恐れられました。


奥の《朱漆塗合子形兜・黒糸威五枚胴具足 小具足付》は、兜は官兵衛の曾孫が模して作ったもの。胴は官兵衛所用と伝えられます。

第二章は「有岡城幽閉」。ちょうど現在放映中のドラマはこのあたりです。

秀吉から「弟同然」という信頼を得た官兵衛。秀吉の軍陣を立て直すため、寝返った荒木村重を説得するために単身乗り込んだ有岡城で囚われの身となってしまいます。

絶体絶命の危機に陥った官兵衛ですが、織田方として一致団結することを妻の光(てる)に誓った家臣たち。彼らの活躍により、官兵衛は一年後に奇跡的に救出されました。会場には家臣の結束を物語る文書も紹介されています。


ドラマ前半のハイライトともいえる《黒田氏家臣連署起請文》

第三章は「秀吉を天下人に」。本能寺の変で時代が大きく動く中、毛利と和睦して明智光秀を討つ事を秀吉に勧めたのは官兵衛でした。

秀吉は、清州会議を経て柴田勝家と賤ヶ岳で激突。近年発見された文書では、賤ヶ岳の戦いにも官兵衛は参戦していた事が明らかになりました。

家督を嫡子の長政に譲った後も、秀吉とともに戦い続けた官兵衛。小田原攻めを終結させた手腕は、秀吉のみならず、敗軍の北条氏直からも感謝の品が贈られています。


第三章「秀吉を天下人に」

第四章は「如水となりて」。天下を統一した秀吉は朝鮮に出兵。官兵衛は肥前名護屋城と朝鮮半島を往き来しましたが、無断で帰国した事が秀吉の逆鱗に触れ、死を覚悟するまでに追い込まれました。会場にはその際に長政に宛てた直筆の遺言状も展示されています。

官兵衛はこれを機に出家して如水に。秀吉亡き後の関ヶ原では親子ともども東軍として戦い、家康の勝利に大きく貢献。激動の戦国時代において「生涯無敗」を成し遂げました。


第四章「如水となりて」 子の長政が愛用した兜は、変わり兜と典型としても有名。ウルトラ怪獣「ゴモラ」のモデルです

第五章の「文雅のたしなみ」では、茶の湯や和歌にも関心を寄せていた官兵衛の一面も紹介。そしてドラマチックな演出のエピローグでは、晩年の肖像とともに、辞世の句が展示されています。

官兵衛の辞世は「思いおく言の葉なくてついに行く 道は迷わじ なるにまかせて」。59歳の生涯に思い残すことは何も無い、と達観した心情をしたためています。


第五章「文雅のたしなみ」~エピローグ

大河ドラマをご覧いただいている方は、さらに深く楽しめる展覧会。見てない方は、ドラマを見たくなる事うけあいです。東京展の後は、福岡市博物館(2014年7月26日~9月21日)に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年5月26日 ]

※会期中に展示品の入れ替えがあります


料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場江戸東京博物館
開催期間2014年5月27日(火)~7月13日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 2014年NHK大河ドラマ特別展 軍師官兵衛 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社