インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  開館20周年記念 MOTコレクション特別企画 クロニクル1995-

開館20周年記念 MOTコレクション特別企画 クロニクル1995-

■テーマは「1995年」
【会期終了】 来年3月に開館20周年を迎える東京都現代美術館。開館年である「1995年」をテーマにした企画展が開催中です。
阪神淡路大震災やオウム真理教事件など、社会的に大きな事件が起こった1995年。また戦後50年であり、インターネット元年でもあるため、日本の社会的・文化的にも節目といえる年でした。

展覧会は2部構成です。1部は「about 1995」と題し、いくつかのキーワードの元で1995年前後に生み出された作品を展観していきます。

最初のキーワードは「1995年の風景 郊外」。この年に幕張ニュータウンの開発が始まるなど郊外の風景が急速に変化すると同時に、郊外化にまつわるさまざまな問題にも目が向けられはじめました。ここではホンマタカシの代表作のひとつ《TOKYO SUBURBIA(東京郊外)》が展示されています。


ホンマタカシ《TOKYO SUBURBIA(東京郊外)》シリーズ 1995‐1998年

キーワード「あいまいな日本の私 バッドテイスト」には、大竹伸朗による日本をテーマにした作品や、都筑響一による写真など。

「戦後50年」のキーワードには、昭和末期に日本を離れた後に帰国し、この時期に絵画制作をはじめたO JUNや、まさに戦後50年を契機に作られた会田誠の《戦争画RETURNS》シリーズなどが紹介されています。


順に、大竹伸朗《ぬりどき日本列島 シリーズ》1995-2000年 / 都築響一《「珍日本紀行」より》1993-1996年 / O JUN《光景画 ─ 宮城と一輪車》1998年 / 会田誠《たまゆら(戦争画RETURNS)》1999年

1995年前後は、具象絵画も再び注目を集めはじめました。キーワードは「具象絵画の隆盛 パーソナルな日常」です。

アトリエと自宅のあいだで毎日出会う犬や風景など、目についたものをそのまま描きはじめた小林孝亘。

奈良美智は、この年に東京では初めての本格的な個展を開催。特徴的な表情の子どもの絵画は、多くの人々を魅了していく事となります。


「クロニクル 1995‐」展示風景

1995年は阪神淡路大震災に端を発する「ボランティア元年」であるとともに、Windows95が発売され「インターネット元年」にもなりました。キーワードは「新しいネットワーク」です。

八谷和彦の《メガ日記》プロジェクトは、阪神淡路大震災直後のネット掲示板での投稿にインスピレーションを受けた作品。展覧会では、このメガ日記で集められたデータをもとに制作された《見ることは信じること》が出品されます。現在のTwitterやFacebookにも通じる試みです。

宮島達男の《それは変化し続ける それはあるゆるものと関係を結ぶ それは永遠に続く》は、東京都現代美術館の開館初期にも紹介された作品。本展で久しぶりの展示となります。


順に、八谷和彦 《見ることは信じること》 1996年 /宮島達男《それは変化し続ける それはあらゆるものと関係を結ぶ それは永遠に続く》 1998年

第2部は「after 1995」と題して、この時期以降に活動をはじめた作家に焦点をあてて、館蔵の作品を展示します。

マクドナルドの紙袋を切り抜いて木を作る照屋勇賢、2011年夏に東京都現代美術館で開催された大規模個展も記憶に新しい名和晃平、人形を作って写真に撮り、それを絵画にするという複雑な手法をとる加藤美佳などなど。近年注目を集めている作家の作品が並びます。


「クロニクル 1995‐」展示風景

世の中の出来事でいえば、1995年は村山富市首相の時代。野茂が米大リーグに移籍して活躍し、PHSサービスが始まり、ゆりかもめが開業し、街にはアムラーが闊歩していました。会場最後には1995年前後の出来事が書かれた年表もあり、それぞれの視点でこの時代を感じていただけると思います。実はインターネットミュージアムも同世代。翌年の1996年から始まっています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年6月6日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026


■MOTコレクション に関するツイート


 
会場東京都現代美術館
開催期間2014年6月7日(土)~8月31日(日)
所在地 東京都江東区三好4-1-1
TEL : 03-5245-4111(代)
HP : http://www.mot-art-museum.jp/
展覧会詳細へ 開館20周年記念 MOTコレクション特別企画 クロニクル1995- 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社