インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰

ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰

■大きく変容した、70年の画業
【会期終了】 具体的な物体を描きながら、その背後の記憶や思想を描く「形而上(けいじじょう)絵画」で知られるジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)。70年に及ぶ画業の中で、大きくスタイルを変容させているデ・キリコの大規模展、東京では約10年ぶりの開催です。
デ・キリコはギリシャ生まれ(ただ両親ともイタリア人なので、イタリア人画家です)。ミュンヘンで美術を学び、パリで画家としてデビューしました。

デ・キリコが初期に描いた作品が「形而上絵画」といわれる一群。歪んだ遠近法による空間にマネキンや石膏像などが並び、神秘的で誌的な雰囲気は、後のシュルレアリストにも大きな影響を与えました。


第1章「序章:形而上絵画(メタフィジカ)の発見」

ただ、デ・キリコは一つのスタイルに留まる画家ではありませんでした。

第一次世界大戦の後にヨーロッパで「秩序への回帰」の声が高ると、デ・キリコも古典技法に傾倒。14~15世紀のイタリア絵画を模写するなど、以前とはうってかわった作品を描き出します。

この章では多くの素描も展示。古代的な彫像や人物像、ドラクロワやゴヤの模写など、デ・キリコの関心が多岐にわたっていた事が分かります。


第2章「古典主義への回帰」

1940年代初期、デ・キリコはルネサンス期の詩人やルーベンス作品に影響を受け、ネオ・バロック調の作品を描きました。

妻のイザベッラ・ファーをモデルにした裸婦像や、ルーベンス風の猛々しい馬などの作品が並びます。


第3章「ネオ・バロックの時代 ─ 「最良の画家」としてのデ・キリコ」

この時代以降、キリコは自身の作品を「複製」するようになります。初期の形而上作品を描き直した作品は、「画業の発展」という考え方に反発する行為ともいえますが、批評家の中には創造力の枯渇を指摘する声もありました。

またこの時期のキリコは、彫刻も手掛けています。会場には自らの絵画世界の人物を立体にした作品も紹介されています。


第4章「再生 ─ 新形而上絵画(ネオ・メタフィジカ)」

最終章は、デ・キリコ晩年の作品。60年代末から70年代初めにかけての作品には、太陽と月のモティーフが頻繁に登場。単純な様式と鮮明な色彩で、超現実主義の作風に至りました。

老いてもなお旺盛な創作意欲を持ち続けたデ・キリコですが、1978年、90歳の誕生日を迎えた数か月後に死去。ローマに埋葬されています。


第5章「永劫回帰 ─ アポリネールとジャン・コクトーの思い出」

2011年にパリ市立近代美術館に寄贈された、デ・キリコの未亡人イザベッラの旧蔵品などを紹介する本展。作品の約8割は日本初公開という貴重な機会です。岩手・静岡と巡回して、東京展が最終会場となります。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月24日 ]


 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2014年10月25日(土)~2014年12月26日(金)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社