インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  動物礼讃 大英博物館から双羊尊がやってきた!

動物礼讃 大英博物館から双羊尊がやってきた!

■ふたつの双羊尊、初顔合わせ
【会期終了】 両脇に羊の半身を象った古代中国の青銅器「双羊尊(そうようそん)」。大英博物館が所蔵する双羊尊が来日し、世界にふたつしかない双羊尊が初めて顔をあわせました。
その姿はチケットにも使われ、根津美術館のアイドルともいえる重要文化財《双羊尊》。いつもは2階の展示室4で紹介されていますが、未年の今年最初の展覧会、堂々と特別展に登場です。

会場は4テーマで構成、テーマ1は「古代中国の動物」です。

中国の青銅器は、動物の宝庫。殷時代(紀元前16~11世紀)にはじまる彜器(いき:祭祀に用いる青銅器)には、虎、ミミズク、そして饕餮(とうてつ)とよばれる怪獣など、さまざまの動物が表現されました。


テーマ1「古代中国の動物」

お目当ての双羊尊は、ここで紹介されています。

世界にふたつしか無いという事も含めて、今までは「類似する作品」として紹介される事が多かった両・双羊尊ですが、じっくり観察すると首の形状をはじめ、髭の有無、表情、角の巻き方など、異なる部分がかなり多い事にも気が付きます。


根津美術館と大英博物館の《双羊尊》

双羊尊以外も、動物モチーフを扱った絵画・工芸品をご紹介。テーマ2は「仏教絵画に描かれた動物」です。

仏教絵画で描かれる動物は、それぞれ役割を持っています。《春日鹿曼荼羅》の白鹿は、春日明神の使者。室町時代、15世紀の作品です。


テーマ2「仏教絵画に描かれた動物」 《春日鹿曼荼羅》

テーマ3は「画題となった動物」。動物が絵の主題になるのは、14~15世紀に中国からの作品がもたらされて以降の事です。動物の表現は形を表すだけでなく、神秘性や権威、吉祥などの意も込められています。

室町時代の《牡丹猫図》も、根津美術館の人気作のひとつ。猫の目線の先には蝶がいて、「猫」「蝶」は、中国で老人を意味する「耄(ほう)」「耊(てつ)」と音が同じ事から、長寿の意味が込められています。


テーマ3「画題となった動物」 《牡丹猫図》

テーマ4は「生活を彩る動物」。動物を取り入れた茶の湯の動画や、生活を彩る工芸品が紹介されます。

金属の細かいパーツを組み合わせて、関節を動かす事ができる「自在置物」。伊勢海老は武士の甲冑を思わせる縁起物です。

ポーズがユーモラスな猿は、江戸時代(18~19世紀)の備前の焼き物。16世紀以降の工芸品には、動物の猛々しさよりも、愛らしさやユーモラスさを表現した作品が数多く見られます。


テーマ4「生活を彩る動物」 順に《伊勢海老置物》《色絵備前猿置物》

銘文も発掘記録が無い事もあり、分かっていない事が多い双羊尊。制作場所についても、従来は殷王朝が栄えた黄河流域とされていましたが、近年の研究で揚子江流域の湖南省が有力視されるようになりました。今後の研究にも期待したいと思います。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年1月9日 ]

古代中国 天命と青銅器―諸文明の起源古代中国 天命と青銅器―諸文明の起源

小南 一郎 (著)

京都大学学術出版会
¥ 1,944

 
会場根津美術館
開催期間2015年1月10日(土)~2015年2月22日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 動物礼讃 大英博物館から双羊尊がやってきた! 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社