インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アール・ヌーヴォーのガラス展

アール・ヌーヴォーのガラス展

■百花繚乱のガラスデザイン
【会期終了】 アール・ヌーヴォーのガラス作家といえばエミール・ガレと、ドーム兄弟。ただ、それだけではありません。この時期のガラス作品では第一級のコレクションとされるゲルダ・ケプフ・コレクションが、日本で初めてまとめて公開されています。
ドイツの実業家であるゲルダ・ケプフ夫人が1998年にデュッセルドルフ美術館に寄贈したゲルダ・ケプフ・コレクション。夫人は室内装飾を目的に、1960年代からガラス作品を収集。自身の趣味を反映したものですが、評価の定まっていない時期からドーム兄弟に注目するなど、審美眼の高さは折り紙付きです。

アール・ヌーヴォーの二大拠点は、パリとアルザス=ロレーヌ地方。本展もふたつの拠点をそれぞれの章で紹介する構成です。

まずは第1章「パリ」。アールヌーヴォー期のパリでは、東アジアの美術を意識したガラス作品が数多く作られました。中でもウジェーヌ・ルソーがデザインした《台付蓋付花器》は、北斎からの影響が顕著。波模様と跳ね上がる鯉をあしらった豪華な花器で、一品制作、または少数限定の作品と考えられています。


第1章「パリ」

第2章は「アルザス=ロレーヌ地方」。フランス北東部のナンシーを中心とするこの地方は、古くから手工業が発達。森林や鉱物に恵まれた土地はガラス制作に最適で、多くの名品がこの地で生まれました。

お馴染みのエミール・ガレはナンシー生まれ。高い芸術性を求めたガレは、新たな技法を次々に開発しながらガラスの可能性を追求していきました。

ガレもまた、東洋美術に魅せられたひとり。この地の豊かな自然を発想の源とし、生命感あふれる作品を数多く残しています。


第2章「アルザス=ロレーヌ地方」から、エミール・ガレの作品

兄オーギュストと弟アントナンによるドーム兄弟も、ロレーヌ地方の出身。ガレの影響を受けながらも独自の作風を模索し、自然をモチーフにした作品を、色鮮やかに表現しました。

中でも展覧会のメインビジュアルになっている《花器(ブドウとカタツムリ)》は、いかにも目をひく逸品。さまざまの色のガラスを部分的に溶着し、側面には二匹のエスカルゴ。表面にも彫刻が施された高級品で、おそらく1905年のリエージュ万国博覧会のために作られたと思われる作品です。


第2章「アルザス=ロレーヌ地方」から、ドーム兄弟の作品

会場にはこのほかにも凝ったデザインの器がずらり。「アール・ヌーヴォー=新しい芸術」の名に相応しい豊かな発想から生まれた作品は、いずれも眩いばかりです。

北海道から巡回してきた本展は、東京展で2会場目。この後は名古屋(松坂屋美術館:9/12~10/18)、福岡(福岡市博物館:2016年 2/11~3/27)、山口(山口県立萩美術館・浦上記念館:2016年 4/23~6/19)、高知(高知県立美術館:2016年 6/20~8/28)に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年7月3日 ]



■アール・ヌーヴォーのガラス に関するツイート


 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2015年7月4日(土)~9月6日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ アール・ヌーヴォーのガラス展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社