インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  メカニックデザイナー 大河原邦男展

メカニックデザイナー 大河原邦男展

■世代を超えた大河原ワールド「すごい・・・親父が熱中するわけだ。」
【会期終了】 「機動戦士ガンダム」などで知られる日本初のメカニックデザイナー、大河原邦男(おおかわらくにお 1947-)。40年余に及ぶ創作活動から生まれた資料、約500点を紹介する大規模な展覧会が、上野の森美術館で開催中です。
大河原さんは1947年、東京生まれ。東京造形大を卒業後、アパレルメーカーを経て1972年に竜の子プロダクション(現:タツノコプロ)に入社。新入社員の時から見込まれ「科学忍者隊ガッチャマン」で敵メカを担当。メカニックデザイナーとしての歩みはここから始まりました。

続く「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」では、一転してギャグテイストのビックリドッキリメカを多数考案。「ガッチャマンとヤッターマンを経験した事で怖いものはなくなった」そうです。

ちなみに英語表記としての正解は「メカニカルデザイン」。ただ大河原さんは、ガッチャマンで最初にクレジットされた「メカニックデザイン」の肩書きを死ぬまで大切にしたいと語っています。


第1章「1972~1977年」

1978年からフリーのデザイナーとして活躍を始めた大河原さん。70年代後半から80年代にかけてのアニメーションはロボットものが中心で、大河原さんは毎年4作から5作のテレビシリーズに関わるなど、多忙な日々を送りました。

大河原さんの名前を世に知らしめた「機動戦士ガンダム」も、この時期の作品(テレビ放映は1979~80年)。特にモビルスーツ・ザクのどっしりとした重量感は、80年代のロボットものの様相を一変させるインパクトを与えました。

「装甲騎兵ボトムズ」もファンが多い作品。鉄の質感をここまで感じさせる兵器ロボットは、おそらくこの後も生まれる事は無いでしょう。


第2章「1978~1989年」

時代が平成に変わると、大河原さんの仕事を見て育った世代もアニメーションの現場に入ってくるようになります。

ただ、ロボットヒーロー=大河原さん、という図式は健在。「勇者エクスカイザー」「太陽の勇者ファイバード」などの「勇者シリーズ」、「機動戦士Vガンダム」「新機動戦士ガンダムW」などの「ガンダムシリーズ」を中心に、以前と同様に多くの作品に関わっていきます。


第3章「1990~2000年」

21世紀に入っても、旺盛に活動を続ける大河原さん。2008年には「ヤッターマン」がリメイクされて、31年ぶりにテレビに復活。再びメインメカを担当しました。

「機動戦士ガンダムSEED」シリーズはガンダム史上に残る大ヒットをマーク。ちなみに大河原さんの地元の稲城市では、JR南武線の稲城長沼駅の高架下にガンダムとザクのモニュメントを設置する計画も進んでいます(モニュメント完成は2016年4月頃の予定)。

また、近年はアニメだけでなく様々なコラボ企画にも参画。稲城市の公式キャラクター「稲城なしのすけ」のデザインや、新潟県の(株)エクスマキナとは変形可能なモビリティ「EXM-002-00」も開発。現実の世界にも大河原さんの世界は拡大しています。


第4章「2001~2015年」

デザインもスタッフも決定、制作スタートが確実な状況だったにも関わらず、当時の国際情勢の影響で制作が中止になった「鉄の惑星 ランディフォース」のデザイン画なども含め、ファンには垂涎の作品がずらり。公式ショップのグッズも充実していますので、お財布には余裕をもってお越しください。

本展と同じ9月27日(日)まで東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されている「機動戦士ガンダム展」とは、相互割引を実施(チケット提示で200円引き)。さらに両展のチケットを揃えてお台場「ガンダムフロント東京」に提示すると、スペシャルグッズが当たる抽選にも参加できます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月8日 ]

大河原邦男Walker大河原邦男Walker

五十嵐浩司 (著)

KADOKAWA/角川マガジンズ
¥ 3,132

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場上野の森美術館
開催期間2015年8月8日(土)~9月27日(日)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-3833-4191
HP : http://okawara-ten.com
展覧会詳細へ メカニックデザイナー 大河原邦男展 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社