インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  歴博の総合展示第1展示室「先史・古代」がリニューアルオープン

歴博の総合展示第1展示室「先史・古代」がリニューアルオープン

■細部までこだわって、大規模リニューアル
日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する、国立歴史民俗博物館(歴博)。6つの総合展示室の中で、最も古い時代を扱う総合展示第1展示室「先史・古代」が、1983年の開館以来はじめて大きく見直され、3月19日にリニューアルオープンをしました。
第1展示室の展示対象は、文字通り日本最古の時代。日本列島に人類が出現した3万7千年前の旧石器時代から、中世への扉が開き始める10世紀までの約3万6千年間までになります。

歴博では、土器に着いていたススや煮焦げ、樹木年輪など約5000点を対象に、高精度の炭素14年代測定を実施。その結果、従来の説よりも、縄文時代は約3500年、弥生時代は約500年早く始まっていたことが、明らかになりました。

こうした研究成果は、2007年の「弥生はいつから!?」や、2018年の「世界の眼でみる古墳文化」などの企画展示の中で発表されてきました。


総合第1展示室「テーマⅠ~テーマⅢ」

年代観が大きく変わった縄文・弥生時代を中心に、リニューアルされた第1展示室。民衆生活史、環境史、国際交流の基調テーマと、多様性、現代的視点という二つの視点をもとに、中国・朝鮮半島や北海道・沖縄との関係を重視した新しい展示になりました。

これまで⼀部分としてしか紹介されていなかった、旧石器時代もテーマⅠ「最終氷期に生きた人々」を設けて大きく取り上げ、時代区分にとらわれない6つの大テーマと、2つのテーマ、全8テーマという構成になりました。


総合第1展⽰室「テーマⅣ~テーマⅥ、沖ノ島」

考古学の展示でしばしば目にするのが、錆びた青銅器や割れた土器など。もちろん重要な史料ですが、そのままの展示では当時の生活の姿が分かりません。歴博では、史料の展示とともに、使われていた当時の道具も忠実に再現。ジオラマで展示しています。

東大寺正倉院に伝えられた、正倉院文書を紹介するコーナーも。戸籍や計帳、正税帳などに分類される公文書(オモテ)と、写経ができる過程で使用された文書群などの写経所文書(ウラ)を展示。下級役人の典型例として、正倉院文書に掲載された写経生の日常が紹介されています。

テーマⅣ「倭の登場」では、羅城門の背景が朝から夜へ変化。「沖ノ島」のコーナーでは、耳を澄ませると波の音が聞こえてくるなど、細部までこだわった今回のリニューアル。ここだけでもかなりのボリュームですが、総合展示は6室まであります。くれぐれも、履き慣れた靴での鑑賞がおすすめです。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年3月14日 ]

大人も楽しい 博物館に行こう大人も楽しい 博物館に行こう

昭文社 旅行ガイドブック 編集部(編集)

昭文社
¥ 1,296

 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2019年3月19日リニューアルオープン
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp
取材レポート
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社