インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」

■サムライもポロ(?)で鍛錬
【会期終了】 日本に「スポーツ」が来たのは、明治時代になってから。お抱え外国人教師たちがヨーロッパの競技を教えたのが端緒ですが、江戸時代にも当時の「スポーツ」と呼べるような競技や運動がありました。日本におけるスポーツとオリンピックの歴史を紐解く展覧会が、東京都江戸東京博物館で開催中です。
2020年7月24日の東京オリンピック開幕まで、あと1年。前売りチケットも大人気と、早くも大きな盛り上がりを見せています。

東京2020大会に向けて企画された本展。会場構成は年代順で、冒頭が江戸時代です。当時おこなわれていた行事や競技から、現在のスポーツにつながるものを見出しているのが、本展最大の特徴です。

「スポーツのような武芸」なら、すぐに思いつくのが剣術。江戸時代には現在の剣道につながる防具も完成し、修練の方法も、形稽古から竹刀打ち込み稽古に変化しました。

弓術は、京都で行われる「三十三間堂通し矢」が、17世紀に流行しました。現在でも成人式の後に行われ、振袖姿の新成人が弓を引く姿は、しばしばニュースで紹介されます。

ただ、現在は的までの距離が60メートルですが、当時の「大矢数」は、本堂の端から端まで121メートルを、一昼夜かけて射続けるという過酷な競技。最高記録は、13,053本を射て8,133本命中という、とてつもないものです。



あまり知られていないと思われる球技が、打毬(だきゅう)。馬に乗って、先端に網が付いた杖を使って、地面に置かれた毬をゴールに投げ入れるもの。現在のポロとイメージは近そうです。

もとは神事だったものが、江戸時代に興行となり、庶民の人気を集めたのが相撲です。史上最強の呼び声が高いのが、雷電為右衛門。身長197センチ、体重170キロ、勝率9割6分2厘。ちなみに白鵬は192センチ、158キロ、8割4分6厘です。

明治になると近代スポーツが普及。従来の武芸も近代的に整備され、スポーツとして受け継がれていきました。

柔術は嘉納治五郎によって柔道に。国際的な視野を持っていた嘉納は、柔道を海外に広めるとともに、日本のオリンピック参加、そして招致にも尽力します。

嘉納の努力は実を結び、 1940年大会の東京開催が決定。ただ、日中戦争の拡大から開催は返上され、幻の大会となりました。

終戦後の復興が進む中で、再びオリンピック招致の気運は高まり、1964年大会の招致に成功します。日本はこの大会で9つの種目でメダルを獲得、東洋の魔女(女子バレーボール)、円谷幸吉(男子マラソン)らの活躍は、国民を熱狂させました。来年は、56年ぶりにその興奮が東京にやってくる事になります。

日本オリンピック委員会によると、2020年東京五輪の金メダル獲得目標数は30個との事。かなり野心的な数字ですが、柔道、レスリング、バドミントンなどでの量産に期待しましょう。私は前売りチケットのセカンドチャンスに望みをかけたいと思います。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年7月5日 ]

るるぶ にっぽんの博物館るるぶ にっぽんの博物館

るるぶ(編)

ジェイティビィパブリッシング
¥ 1,000

 
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年7月6日(土)~8月25日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社