インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  カルティエ、時の結晶

カルティエ、時の結晶

■空間構成も見どころです
【会期終了】 日本では1995年(東京都庭園美術館)、2004年(京都・醍醐寺)、2009年(東京国立博物館・表慶館)に次いで4回目となるカルティエ展。今回は初めて、1970年代以降の現代作品に焦点を当てました。新素材研究所 / 杉本博司+榊田倫之による構成も見もの、会場は国立新美術館です。
フランスのジュエリーメゾン、カルティエ。ルイ=フランソワ・カルティエが1847年に創業し、孫の代に急成長。世界各国の王侯貴族を顧客とし「Jeweller of kings , king of jewellers 王の宝石商、宝石商の王」と称されます。

これまで開催されたカルティエ展は、いわゆる「カルティエ コレクション」の歴史的な作品が中心となっていましたが、今回は初めて現代作品に注目。1970年代以降の創作から、カルティエならではの革新性・独自性を探っていきます。

会場構成は、新素材研究所 / 杉本博司+榊田倫之。IZU PHOTO MUSEUM、MOA美術館、江之浦測候所など、さまざまなミュージアムを手掛けていますが、展覧会の会場構成は今回が初めてです。

展覧会タイトルは、「カルティエ、時の結晶」。長い時間をかけて生成される宝石に思いを馳せて、「時間」をテーマに構成しています。



会場は、時間が逆行する時計塔から。続く序章「時の間」では12本の光の柱に、カルティエを代表するミステリークロック、プリズムクロックが並びます。

不思議に思えるのが、ミステリークロックのライン。ムーブメントが台座などに隠れているため、時針が宙に浮かんでいるように見えます。

第1章は「色と素材のトランスフォーメーション」。素材や色彩の観点から、カルティエの作品を解説します。

石の技法「グリプティック」は、硬い石に直接彫刻を施す高度な技。職人の優れた技術を次世代に継承するのも、カルティエの使命です。

「マルケトリ」は象嵌の技法。石だけでなく、麦わら(!)やバラの花びらなど、オーガニックな素材を用いた新たな展開も見られます。

第2章「フォルムとデザイン」は、石の洞窟を思わせるしつらえ。井桁状に組み上げられたのは、火山噴出物が凝結した凝灰岩。無骨で素朴な岩に、洗練された宝石の輝きが光ります。

この章では、視覚的な新しさをいくつかのキーワードで紹介。「アクシデント」で展示されている歪んだ時計は、自動車に踏みつぶされた腕時計を顧客が工房に持ちこんだ事から生まれました。

第3章「ユニヴァーサルな好奇心」は、世界各国の文明文化から影響を受けたカルティエのクリエイティビティについて。

私たちが文化の違いを超えて、ひとつの地球に共存している事を示すように、楕円状に輪になったケースを用いた展示です。

もちろん、日本もカルティエのモチーフに。梅や桜の他、印籠などの工芸品もカルティエのデザインに取り込まれています。

展覧会には、ちょっと珍しい展覧会のガイドとなる端末も。番号を押すのではなく、解説が用意されている場所に近づくと、自動的に聞けるようになります。貸し出し無料というのも嬉しいポイントです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月1日 ]

新素材研究所 © N.M.R.L. / Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida

カルティエ現代美術財団コレクション展カルティエ現代美術財団コレクション展

吉田 紀子 (翻訳), フォイル カルティエ現代美術財団 東京都現代美術館

フォイル
¥ 3,027

 
会場国立新美術館 企画展示室2E
開催期間2019年10月2日(水)~12月16日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://Cartier2019.exhn.jp
展覧会詳細へ カルティエ、時の結晶 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社